3月の引越し代は閑散期の相場の2倍!少しでも安く引越す方法4つ

3月の引越しって高いらしいけど、いったいいくらするんだろう…

引越しには「繁忙期」と「閑散期」があります。 そして繁忙期は通常期の2倍以上の費用が掛かることを知っていますか?

しかも繁忙期の引越しは業者は仕事の依頼で溢れかえっているため、値引き交渉がしにくい上に人員が足りず、サービスの品質が落ちてしまうこともあるようです。 そこで今回は春先の繁忙期における引越しを少しでも安くするための方法をご紹介いたします。

3月でも引越し代を安くする方法

  • 複数社に見積もり依頼して最安値を見つける
  • なるべく早くに予約をする
  • 大安や週末を避ける
  • 午後便や混載便、フリープランを利用する

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

3月の引越し代は高すぎる…繁忙期は閑散期の相場料金の2倍

引越しの繁忙期とは、転勤や進学などで生活が大きく変わる3月と4月がもっとも忙しい時期です。この時期はどの引越し業者も人員不足になるほど忙しいため、値段相場は通常期よりも高くなります。

繁忙期の引越しにおける値段相場は、通常の引越し時期に比べ約2倍に跳ね上がります。

単身者向けなどの荷物の少ない引越しでは約1.6倍程度の値上がりですが、家族向け引越しなど人数や荷物の量が増えるほど相場は2倍近く高くなります。

またカレンダーが赤字の連休で埋まるゴールデンウィークやシルバーウィークといった間も繁忙期になります。

逆に閑散期と呼ばれるのは1月、5月、6月、11月あたりと、その平日です。この時期の引越し相場は値段交渉を行いやすいため、通常期よりもお得になることが多いです。

しかし早めの見積もりと多数の業者を比較することで、どの引越し業者がお得なのかを比べることはできます。ただ繁忙期はどの引越し業者も儲け時なので、値段を大幅に下げることは難しいでしょう。

特に家族の人数や荷物が多い引越しを考えている方は、繁忙期の時期を多少ずらすなどの工夫をしたほうが良いでしょう。

3月でも安く引越したい…格安で引越すための方法4つ

まずは一括見積もり|比較することで最安値を見つけよう

繁忙期の引越しでできるだけ安く済ませるには一括見積もサイトで複数社から見積もりをもらう事がおすすめです。

繁忙期は価格競争をする必要がないため、引越業者1社のみに見積もりを依頼すると言い値で決まってしまいます。

だからこそ複数社に相見積もりをして交渉することで安く見積もることができます。

複数社の見積もりには、一括見積もりサイトが便利なのでおすすめです。

想像以上に取りにくい!繁忙期には早めの予約を!

繁忙期の引越しは値段が高いだけでなく、予約も取りにくいことが多いです。

見積もりを依頼するにしろ予約が殺到している時期でもあるので、早めに動くことが必要です。最低でも1カ月半前には予約を取るようにしましょう。

3月中旬の引越しを予定しているなら、2月の頭には何件かの業者に見積もりをお願いするようにしましょう。具体的な日にちや引越し先が決まっていないとしても、大体のエリアや何人家族かといった情報だけでも見積もりを取ることはできます。

特に引越しの移動距離が長い場合はトラックに空きがないこともあり、注意が必要です。

繁忙期のやむをえない引越しには絶対にカレンダーチェックを!大安や週末を避けてお得な金額で

基本的に多くの人が、仕事や学校がお休みの週末に引越しをすることが多いです。

そのため繁忙期であっても、平日の引越しなら比較的予約が取りやすかったり、料金が土日よりも安かったりすることがあります。

また縁起が悪いと言われている仏滅や赤口の引越しも、通常の休日よりも料金が安くなることが多いでしょう。また繁忙期とはいっても早めの予約をして値段交渉をしたり、人気の時間帯である午前中を避けて午後からの引越しを希望したりすれば、値段交渉が可能な場合もあります。

午後便や混載便など引越し繁忙期をお得にするサービスを行っている業者をチェック!

引越しの時間帯で人気なのは午前中です。朝のうちに引越しが終わると、午後はゆっくりと荷物の配置を整えたり、ガスの開栓や照明器具を取り付けたりできるからです。

そのため午後の時間の引越しは、午前中よりも料金が安くなっているプランが多いです。また中には何時に作業が始まるか分からない「フリープラン」を設定している業者もあり、こちらの利用によりさらに料金が安くなることもあります。

ただフリープランでは他の引越し作業を何件も行った後に作業員が来るケースが多く、遅い時間からの開始や、作業員が非常に疲れた状態で引越しを行うこともあるのです。

そのためフリープランは、料金は抑えられるものの、暗い中の危険な作業になった、作業員が疲れていて対応が悪いといったデメリットもあるようです。

このように引越しは料金やサービスにおいても忙しい時期を避けた方が良いといえます。しかし繁忙期の引越しを避けられない場合もあるでしょう。

少しでもお得なプランを見つけるためには、複数の引越し業者から見積もりをとることが重要ですが、それにはインターネットの一括見積もりが便利です。早めに予約をし、曜日や時間の選択肢を増やすなどして、お得な引越しを選択できるよう工夫してみましょう。

オフィスの引越し繁忙期は3月じゃない!引越し繁忙期が5月の理由

オフィスの引越しが一番混雑するのは、春先の5月あたりです。

これは新入社員も入社して研修期間も終わり、各部署に人員が配属されるのが5月頃だからという理由があります。

企業のカレンダースケジュールがひと段落するのも5月が多く、春先に心機一転新しいオフィスで事業を始める企業が多いのです。そのため新しいオフィスができるのも、年間を通じ5月が最も多いと言われています。

ちなみにオフィスの引越しは家庭での引越しに対応している業者に委託することもできますが、オフィスのレイアウトや事務機器の専用配線などの作業が必要なため、専門的な知識を持った作業員が引越しに対応するのが一般的です。

この記事のまとめ

  • 3月は繁忙期で料金が高いのでできるだけ避けよう
  • やむを得ない場合は日にちを選んでなるべく安く済ませよう
  • 一括見積りを利用してなるべく安く引越ししよう
最安値で単身引越しがしたい方は、一括見積サイトから複数業者に見積もりを依頼し、相見積もりを必ず取りましょう

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…

引越しをするなら1月がおすすめ!料金相場や注意点のまとめ

「契約終わるし良い物件があれば引越したい!」 「繁忙期の前に引越すと50…

狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」 「12月引越しって…

8月の引越しは損だらけ!?見積もり費用を絶対に安くできる方法

「8月に引越したいけど料金っていくらぐらいなの?」 「8月に引越すって縁…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事