母子家庭が引越し費用を用意できない時は?お金に困った時の対処法を紹介

引越しの前に市町村の窓口で相談
「母子家庭の収入では毎月の生活費もギリギリ。引越したいけれど費用が…」

転職や進学などが理由で、引越しが必要になることもあるでしょう。
そんな時、母子家庭であれば、引越し費用の工面に困るかもしれません。

本記事では、母子家庭の引越し費用を支援してくれる「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」について説明しています。また、引越し費用を抑えるための、一括見積についても紹介します。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

母子父子寡婦福祉資金貸付金の転宅資金を検討する

住まいを移るためには、引越し費用の他にも出費が必要です。

賃貸契約を結ぶ際には、敷金や礼金、前家賃、火災保険料などを支払わねばなりません。また、不用品の処分代などもかかってしまします。

敷金や礼金といった初期費用は、家賃のおよそ5倍と言われています。家賃5万円の賃貸住宅に引越す場合、単純に25万円が必要になる計算です。

住宅移転によって生じる賃借費用を借り入れるなら、「母子父子寡婦福祉資金貸付金制度」を検討してみてはいかがでしょうか。この制度は、20歳未満の児童を扶養している一人親世帯や寡婦(夫と死別したり、離婚後に再婚していない女性)を対象に、国が貸付けを行うものです。

引越しの際に生じる賃貸契約の初期費用は、「転宅資金」として最大26万円を貸し付けてもらえます。

【転宅資金の貸付け条件等】

  • 貸付対象…母子家庭の母、父子家庭の父、寡婦
  • 使途…住宅を移転するにあたり賃借に必要な資金
  • 限度額…260,000円
  • 据置期間…6ヶ月(利子分の返済のみが可能な期間)
  • 償還期間…3年以内
  • 利率…無利子(保証人有の場合)または年1.0%(保証人無の場合)

細かな要件などは自治体によって異なる場合があるので、まずは地方公共団体の福祉担当窓口に問い合わせてみましょう。「子育て支援課」などが担当しているはずです。

母子家庭のため収入に不安があるなら、引越し費用以外にも相談に乗ってくれますよ。

ただし、申請には戸籍謄本や世帯全員の住民票など、様々な書類をそろえる必要があります。また、実際に貸付けてもらえるまで1ヶ月ほどがかかるようなので、早めに相談するようにしましょう。

母子家庭における引越し費用の内訳は?

母子家庭の引越し費用はいくらかかるでしょうか。引越し費用の基本的な考え方は以下の通りです。

【引越し費用の内訳】

引越し費用=基準運賃+料金+実費+附帯サービス料

基準運賃は、使用車両の最大積載量と台数、荷物を運ぶ距離によって決まります。つまり、荷物が多いほど、また遠距離の引越しであるほど費用負担は大きくなります。

料金には、荷主の要請で車両を留め置く場合の「車両留置料」や、休日や深夜・早朝に引越す場合の「割増料金」があてはまります。料金は作業員や資材の費用などです。

クーラーやアンテナの取り付け・取り外しなどのオプションサービスを頼んだ場合は、附帯サービス料を支払います。基準運賃や実費以外の料金であれば、引越し日時やオプションサービス選択によって抑えることができそうですね。

同じ母子家庭でも、引越し内容によって費用に差があります。

見積もり前に費用感を知りたければ、引越業者のシミュレーションを利用するのも手です。

急いで引越し費用が必要ならカードローンを検討

引越業者によっては、荷物の積み込み時に現金支払いを求められることがあります。

急いで引越ししたい場合、1ヶ月ほどを要する転宅資金の貸付けを待っていられないかもしれません。

そんな時は、金融機関のカードローンを検討するのも一手です。

消費者金融のカードローンなら、審査内容によっては最短即日で借入することも可能です。また、初回契約時には、最大30日間の無利息期間が利用できる点も魅力と言えるでしょう。

銀行のカードローンであれば、ローンカード発行まで数日~1週間、あるいは2週間ほどかかります。ただし、銀行ならではの金利で借入できる点が魅力です。

引越し費用を急いで用意したい場合は、一度申し込んでみるとよいでしょう。

カードローン一覧

カードローン 特徴 詳細
楽天銀行スーパーローン 入会で楽天ポイントをプレゼント 詳細
アコム 初めての利用なら最大30日間無利息 詳細

一括見積もりサービスで引越し費用を抑える

引越し費用を抑える方法の一つとして、一括見積もりサービスの利用も検討してみましょう。

複数の引越業者に見積もりを取れば、料金を比較検討できますよ。一括見積もりサービスから申し込めば、数分のうちに複数者から見積もり結果のメールが届きます。

メールの見積もりをもとにすれば、訪問見積もりで価格交渉も可能です。ネット上では荷物の量を正確に伝えられないと思ったら、気になった引越業者を2社ほど呼んで比較検討することもおすすめです。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

生活保護受給者は引越し費用をどうしてる?住宅扶助の支給について

「生活保護を受給していても引越しできる?」 「

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に料金を安く抑える方法

「二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの?」 …

【結婚と引越し】費用負担の減らし方と新婚に必要な家具家電をご紹介

「結婚と同時に引越しが決定!」 「結婚にもお金がかかるし引越し費用の負…

レオパレスを退去|高額な引越し費用を抑える1つの簡単な方法

「レオパレスを退去するときにかかる費用ってどれくらい…?」 レ…

一軒家に引越しする費用相場はいくら?知らないと損する注意点まとめ

「新築を購入したばかりで出費がきつい…引越しにはいくらお金がかかるの?」

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事