引越し費用を抑える裏技!絶対押さえたい節約術4選!

引越し後の生活もあるし、引越しで無駄なお金はかけたくないなぁ… 一説では引越しの費用は「家賃の約6倍」とも言われおり、引越しにはお金がかかるものですが、新生活の初めにお金がなくて悲しい気分にならないためにも「引越し費用をいかに安く済ませるか!」は大事なことです。安い引越し業者を探したり、家賃の安い家を選んだりと、出費を抑える方法はたくさんあります。そこで今回は大幅なコストダウンが見込める節約術を厳選してお伝えします!

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

節約術その1 住居費と家電費の見直しで出費を大幅削減!

人が生活をするにあたり、最も費用がかさむのが「住居費用かもしれません。引越しはその住む場所の家賃の約6倍掛かると言われています。単純に計算すると家賃5万円の家なら引越し費用は30万円ですが、家賃10万円の家では60万円も費用が掛かることになります。なぜこのような高い金額になってしまうのか、理由の1つとして引越し後に支払う敷金や礼金を家賃の数か月分支払うことが大きく影響しています。

そこで住居費用を安くするためには、家賃の安い物件を選ぶことはもちろん、敷金や礼金の掛からない物件を選ぶこともおすすめです。都心であり駅に近い物件は生活には便利ですが、家賃やローンなどの住居費の負担は長くのしかかることになります。引越し費用だけでなく今後の生活も見据えて、なるべく住居費用の掛からない住居を選ぶようにしましょう。
また生活におけるランニングコストで費用がかさむのが電気代です。家賃が安いとはいえ全く日当たりが悪い部屋を選んでしまうと、冬の間は暖房の電気代がとても掛かるかもしれません。また床暖房や浴室乾燥などの設備が整っている部屋は便利ですが、使い続けることによりこちらも電気代がかさみます。

使う家電用品は最低限そろっていれば良いとし、最も電気代がかかる冬の暖房器具もなるべく電気代が掛からないものを選びましょう。予めエアコンが設置してある部屋であれば、暖房器具の購入や設置費用も掛からず、引越し代の節約になります。

節約術その2 ネット回線見直しで節約!?注目の「格安SIM」とは?

ここ近年で急速に普及してきたインターネットですが、スマートフォンやパソコンのネット回線の使用料金が毎月1万円以上かかっているという人も少なくありません。ネットはもはや生活に必要不可欠と考える人も多いですが、毎月1万円の費用を考えると年間トータルでは12万円ものネット費用が掛かっていることになります。

ネット回線費用を安くできる方法の1つに、「格安SIM」を使うことがあります。これはスマホやタブレットなどのモバイル端末に必要なICチップカードのことであり、これを利用することで月々のネット代が大変安くなります。ノートパソコンも対応機種が増えているため、スマホやパソコンもSIMカードで賄えば、月々のネット代が5,000円以下で収まることもあるでしょう。

また家族でネット回線を使うため、すでに光配線方式を導入している家庭も多いかと思います。そうした場合もプロバイダだけを乗り換えて月々の料金負担を少し安くしたり、固定電話をなくしスマホのみの電話で対応したりするといった方法もあります。いずれにせよ一人暮らしでネット回線費用が1万円以上掛かっている場合や、家族でのネット回線費用を見直したいといった場合は、少なくとも2年毎に料金プランを見直すことがおすすめです。

節約術その3 引越し料金節約の決め手!荷物量を見直そう!

 引越し業者に支払う金額と言うのは、引越しの距離プラス「荷物の量」で決まります。ファミリー向け引越しに比べると単身者引越しの方が料金が安いのは、圧倒的に荷物の量が少ないからです。そのため引越しの料金を節約するためには、荷物の量を減らすことが大切です。

まずは不用品を処分するようにしましょう。大型家電品や家具といった大きなものは、1つ処分するだけでも引越し料金が下がることもあります。また洋服や日用品も、数を減らすことにより段ボールの数を減らすことになりますから、不用品はまとめて処分することにより引越し代の節約につながります。

そして引越しには欠かせない荷物を詰める「ダンボール」ですが、多くの引越し業者は無料でサービスしてくれます。最初の見積もりに来た時点で段ボールも持ってくることもあり、引越しの準備を早めに始められるでしょう。段ボールの他にも割れ物を包む梱包用品やガムテープなども、引越し業者によってはサービスしてくれるところもあります。

節約術その4 早めのネット見積もりと平日午後の引越しでコストダウン!

引越し業者に支払う金額が高いケースは、3月などの繁忙期に行う引越し、土日休日の引越し、午前中に行われる引越しです。3月は進学や就職などで生活が変わる人が多く、学校や仕事のない土日も引越しを望む人が多いため料金が高めになります。逆に言えば>春先の繁忙期を避け、引越しを平日や空いている時間帯の午後にまわすことで、引越し料金を節約することもできます。このような日時を指定することで繁忙期の午前中に行われる引越しより半額以下で行うこともできます。

また引越し予定の1か月以上前に予約すると「早期割引」が適用されたり、ネットで見積もりを申し込むことにより「ネット活用割引」が使えたりします。多くの引越し業者が独自の割引サービスを行っているので、ホームページなどでチェックしてみましょう。

そしてとても大切なのが、引越し業者は複数の会社の見積もりを取ることです。「引越し一括見積もりサービス」では、ネット上で申し込むだけで簡単に複数の業者の値段を比較することができます。複数の業者の見積もりを取ることで価格競争が生まれ、値引き交渉も行いやすくなるでしょう。まずは一括見積もりサービスに登録し、引越し代を節約できるよう安い業者を探してみましょう。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

引越し費用に助成金助成金が出るって本当?自治体が応援する転居とは

移住や定住を歓迎している自治体は少なくありません。特に、子育て世帯(ファミリー世帯)や…

引越し費用の節約方法について様々な視点からご紹介

目次料金が安い引越し業者を見つける方法自分にあった安いプランの見つけ方引越し料金を安くするための交渉の方法引越しの荷物を減らす方法引越しの梱包資材を節約する方法引越しの不用品を安く処分する方法引越し費 ...

引越し費用の平均額はいくら?単身・家族など4つの状況別相場まとめ

「引越しって平均どのくらいかかるんだろう?相場だけでも把握したい!」…

会社負担で引越しは出来る?ケース別の注意点やポイントまとめ

「転勤が決まったけど、うちはそもそも会社負担が出るのかな?」 「会社負…

単身引越しはどこが最安値?実は業者選びは料金にあまり関係ない!

「引越し料金のことは正直よく分からないけど…とにかく安い業者にお願いしたい!…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事