引越し費用を抑える方法4選~早めの見積もりと平日・午後の引越しでコストダウン

「引越し後の生活もあるし、引越しにあまりお金をかけたくないなぁ…」

引越しを含む新生活に必要な費用は「家賃の約6倍」とも言われています。

安い引越業者を探したり、家賃の安い家を選んだりと、出費を抑える方法はたくさんあります。

今回はコストダウンが期待できる節約術を紹介します。

引っ越しするなら一括見積もりを検討してください。希望日時や引っ越し先を入力するだけで候補の引っ越し会社の一覧が出ます。
あとは条件や金額を比較して選ぶだけなので簡単に決められます。

※2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

節約術その1 住居費と家電費の見直しで出費を削減する

人が生活をするにあたり、費用がかさむのが住居費用です。引越しでは、家賃の約6倍のお金がかかると言われています。単純計算で家賃5万円の家なら引越し費用は30万円。家賃10万円の家になると、60万円も費用がかかることになります。

高額になる理由のひとつは、敷金・礼金です。物件や地域にもよりますが、一般的には家賃の数ヶ月分支払う必要があります。

住居費用を安くするためには、家賃の安い物件を選ぶことはもちろん、敷金や礼金のかからない物件を選ぶこともおすすめです。都心の駅に近い物件は生活には便利ですが、家賃やローンなどの住居費の負担は重たくなります。今後の生活も見据えて、収入に見合う住居を選ぶようにしましょう。

また、生活におけるランニングコストとして費用がかさむのが電気代です。家賃が安いとはいえ、日当たりが悪い部屋を選んでしまうと、暖房の電気代が高くなるかもしれません。床暖房や浴室乾燥などの設備が整っている部屋は便利ですが、頻繁に使うと電気代がかさむでしょう。

使う家電用品は最低限そろっていればよしとして、電気代がかかる冬の暖房器具もなるべく電気代がかからないものを選びましょう。あらかじめエアコンが設置されている部屋であれば、暖房器具の購入や設置費用もかかりません。

節約術その2 ネット回線見直しで節約?注目の「格安SIM」とは

近年急速に普及してきたインターネットですが、スマートフォンやパソコンのネット回線の利用料が毎月1万円以上かかっているという人も少なくありません。毎月1万円の費用を考えると、年間だと12万円もの費用がかかっていることになります。

ネット回線費用を安くする方法のひとつに、「格安SIM」を使うことがあります。これはスマホやタブレットなどのモバイル端末に必要なICチップカードのこと。これを利用すると、月々のネット代を節約できます。ノートパソコンも対応機種が増えているため、スマホやパソコンもSIMカードで賄えば、月々のネット代が5000円以下に収まることもあるでしょう。

また、家族でネット回線を使うため、すでに光回線を導入している家庭もあるでしょう。この場合も、プロバイダだけを乗り換えて月々の料金負担を安くしたり、固定電話をなくしてスマホのみの電話で対応したりする方法もあります。

一人暮らしでネット回線費用が月1万円以上かかっている場合や、家族でネット回線費用を見直したい場合は、少なくとも2年ごとに料金プランを見直すことがおすすめです。

節約術その3 引越し料金を節約するには「荷物量」がポイント

引越業者に支払う金額は、引越しの距離や引越す時期、そして「荷物の量」で決まります。ファミリー向け引越しに比べると単身者引越しのほうが料金が安いのは、荷物の量が少ないからです。そのため、引越しの料金を節約するためには、荷物の量を減らすことが大切です。

まずは不用品を処分しましょう。大型の家電・家具は、ひとつ処分するだけでも引越し料金が下がることもあります。洋服や日用品も、数を減らすことで段ボールの数を減らせるでしょう。不用品はまとめて処分することで、引越し代の節約につながります。

そして引越しに欠かせない荷物を詰める「ダンボール」ですが、多くの引越業者は無料でサービスしてくれます。最初の見積もりに来た時点で段ボールも持ってくることもあり、引越しの準備を早めに始められるでしょう。段ボールの他にも、割れ物を包む梱包用品やガムテープなども、引越業者によってはサービスしてくれるところもあります。

節約術その4 早めのネット見積もりと平日午後の引越しでコストダウン

引越業者に支払う金額が高いケースは、3月などの繁忙期に行う引越し、土曜・日曜・祝日の引越し、午前中に行われる引越しです。3月は進学や就職などで生活が変わる人が多く、学校や仕事のない土日も引越しを望む人が多いため料金が高めになります。

逆に言えば、春先の繁忙期を避け、平日や午後のプランを選ぶと、引越し料金を節約できる可能性があります。

また、引越す予定日の1ヶ月以上前に予約すると「早期割引」が適用されたり、ネットで見積もりを申し込むことで「ネット活用割引」が使えたりする引越業者もあります。多くの引越業者が独自の割引サービスを展開しているので、ホームページなどでチェックしてみましょう。

そして大切なのは、複数の引越業者の見積もりを取ることです。「引越し一括見積もりサービス」では、ネット上で申し込むだけで簡単に複数の業者の値段を比較できます。複数の業者の見積もりを取ることで、値引き交渉も進めやすくなるでしょう。まずは一括見積もりサービスに登録し、引越し代を節約できるような安い引越業者を探してみましょう。

2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年2月現在、クロネコヤマトは家族向け及び法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

引越しの際のエアコン移設の費用相場と費用をおさえる方法

目次エアコン移設の費用相場って?エアコンの移設で追加料金が発生するときエアコンの移設を専門業者に依頼したときの費用エアコンを処分する時の費用エアコンを自分で取り付け・取り外しできる?エアコンの引越しを ...

12月の引越しは穴場?年末年始の前になるべく安く引越す方法

「12月引越しの料金相場っていくらなの?」 「12月引越しって、高いのかな…

10月の引越しは高い?安い?単身・家族の平均相場と引越業者選び

「10月に引越し考えてるけど、費用はどれくらいかな?」 10月は…

3月の引越し代は閑散期の相場の2倍?少しでも安く引越す方法

「3月の引越しって、やっぱり高いの?」 …

12月までに引越したい!11月の引越し料金相場や費用が高くなる日

「11月の引越し料金っていくらくらい?」「12月までに安く引越しできな…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

アイフル

  • 初めてなら最大30日間無利息
  • 最短1時間で融資可能

公式サイトはこちら

おすすめ記事