引越しの初期費用は分割できる?一度に支払えない場合の対処法を紹介

引越しの初期費用が予想以上に高かった…
一度に用意できない場合は、分割払いできる?」 

賃貸契約時に必要な敷金・礼金、前家賃や仲介手数料のことを、引越しの初期費用といいます。契約内容によるので相場は一概にはいえないものの、だいたい家賃の5倍ほど必要となるようです。

ほとんどの場合、初期費用は入居前に支払終える必要があります。まとまった金額が必要ですが、クレジットカードを利用できれば分割払いも可能です。

また、一時的にお金を借り入れることで、初期費用の実質的な支払期日を延ばすこともできます。この記事では、初期費用を分割払いする場合、また、金融機関のカードローンを利用する場合のメリットとデメリットについて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

引越業者に支払う費用も抑えたければ、一括見積もりサービスも検討してみましょう。
引越しの初期費用は分割払いできる?

  1. 敷金や礼金、仲介手数料といった初期費用はクレジットカードで分割払いできる
  2. 現金払いの場合は、基本的に分割払いができない
  3. 金融機関のカードローンで一時的に借り入れする手もある
  4. 引越し費用を抑えたいなら「一括見積もりサイト」で複数の業者に見積もりを依頼する

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

引越しの初期費用はいくら?分割払いはできる?

賃貸契約の場合、以下のような項目が引越しの初期費用となります。

1 敷金・礼金

2 前家賃(入居月分とその翌月分の家賃)

3 火災保険料

4 仲介手数料

相場は一概にいえないものの、だいたい家賃の5倍ほどかかるといわれています。家賃5万円の部屋であれば、初期費用は25万円ほどを予想しておくとよいでしょう。

クレジットカードで支払う場合、分割払いができます。ただし、まれに現金払いを指定される場合もあり、分割払いができないこともあるので注意しましょう。

現金での分割払いは賃主や不動産会社に相談してみる

現金払いの場合、基本的には一括支払いを求められます。

ただし、交渉次第では分割払いも可能になるかもしれません。不動産会社を通じて貸主に交渉してみるのも手です。

どうしても契約したい部屋があれば、分割払い交渉をしてみましょう。

引越しの初期費用を分割にするメリット・デメリット

引越しの初期費用をクレジットカードで支払う場合、分割払いにするメリットは以下のとおりです。

【カードで分割払いするメリット】

  • 一度に支払う額の負担を軽減できる
  • クレジットカード会社のポイントが付く

クレジットカードで分割払いにすると、一度の引き落とし額を減らすことができます

口座の残高が足りずに引き落とせない可能性がある場合は、分割払いにした方が安心です。また、残高が一度に減ることに対する、心理的な負担を減らすこともできます。

では、クレジットカードで分割払いする場合のデメリットはどうでしょうか。

【カードで分割払いするデメリット】

  • 分割払い手数料が発生する
  • 選べる部屋が絞られてしまう可能性がある

分割払いの場合は分割払い手数料が発生します。分割回数が多いほど支払総額が増えるので注意が必要です。

また、初期費用を分割払いできない不動産会社もあるので、部屋選びの条件が絞られてしまう可能性があります。初期費用を分割できるかどうか、不動産会社にしっかりと確認しておきましょう。

初期費用を一時的に借り入れる方法もある

今すぐ引越しの初期費用を用意できないなら、金融機関のカードローンで一時的に借り入れるのも手です。

特に現金で一括払いが必要な場合、契約を検討してみるのもいいでしょう。クレジットカードで支払う場合も、口座の残高に不安がある場合は利用するとよいかもしれません。

大手消費者金融のアコムは銀行のグループであれば、最短30分審査、最短即日融資も可能です。審査内容によっては申し込み当日に借入できるかもしれません。

また、アコムの場合、初回契約時に最大30日間の無利息期間を利用することもできます。

楽天銀行のカードローンであれば、即日融資には対応していないものの、銀行ならではの金利で借り入れできる点が魅力です。契約時に楽天会員になれば、うれしいポイント還元も受けることができますよ。

アコムに申込

一括見積もりサービスで引越し費用を節約してみる

初期費用の出費が大きいと感じた場合は、引越業者に支払う費用も検討してみましょう。

複数社から見積もりを取れば、費用を比較することができます

一括見積もりサイトに旧居と新居の住所、引越し希望日を入力し、運んでほしい荷物を選べば、1分ほどで複数社からメールが届きます。より正確に荷物の量を伝えたい時は、届いたメールの中から業者を選び、訪問見積もりを依頼するといいですよ。

【引越しの初期費用は分割払いできる?】

  1. 敷金や礼金、仲介手数料といった初期費用はクレジットカードで分割払いできる
  2. 現金払いの場合は、基本的に分割払いができない
  3. 金融機関のカードローンで一時的に借り入れする手もある
  4. 引越し費用を抑えたいなら「一括見積もりサイト」で複数の業者に見積もりを依頼する

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

母子家庭が引越し費用を用意できない時は?お金に困った時の対処法…

「母子家庭の収入では毎月の生活費もギリギリ。引越したいけれど費用が…」…

3人以上の家族が引越しをする際の料金相場と安く抑える4つの方法

「3人家族なんだけど安く引越しできる方法が知りたい」

引越し先にエアコンを運びたい!買い替え時期や処分方法・料金を紹介

「引越し先にエアコンを運ぶにはどうすればいいの?」 「

3月の引越し代は閑散期の相場の2倍?少しでも安く引越す方法

「3月の引越しって、やっぱり高いの?」 …

一軒家に引越しする費用相場はいくら?知らないと損する注意点まとめ

「新築を購入したばかりで出費がきつい…引越しにはいくらお金がかかるの?」

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧