どこが安いの…?実は最安値で単身引越しをするのに業者は関係ない!

引越しは色々とお金かかるし、とにかく安い業者にお願いしたい! 引越しではなるべく安い見積もり金額を提示する業者に依頼したいものです。しかし、実は引越しの料金を決める要素に業者はあまり関係がないのです。おすすめは、一括見積りサイトで相見積もりをして単身パックを利用するといった方法です。では、このお得な方法を詳しくご紹介します。

引越し料金を最安値にするなら複数業者で相見積もりをとるべし

引越し料金を最安値にするには相見積もりをするのがおすすめです。

業者ごとひとつずつ料金を比べるのは、手間や時間がかかるので、一括見積りで楽に見積もりをしましょう。

 一括見積りのメリット

  • ネットだけで見積もりを依頼できる
  • 5分ほどで見積りできるので手間が圧倒的に少ない。
  • 料金比較をして安い業者を探すことができる。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

単身の引越し料金を最安値にするのにどこの業者選ぶかは関係ない

引越し料金を安くしたいと思った方は、一番最初に安い引越し業者を探されますよね。

でも実はそれあまり意味が無いんです。

「え、でも引越し業者によって引越し料金が違うみたいだけど…」

確かに引越し業者が発表している単身パックの料金は業者ごとに若干違います。

      
日通引越し単身パックS 15,000
クロネコヤマト単身引越しmini 11,000
ハトのマークの引越社 22,000
アーク引越センター 18,000
アリさんマークの引越社 16,900
アート引っ越しセンター 19,600
赤帽 13,500

これはあくまでも単身引越しの平均費用見積もり料金相場です。実際の金額は引越しの条件によって大きく変わってきてしまいますので、正直あてにすることは出来ません。

引越し費用は業者でなく荷物量、移動距離、時期で決まる

では、どこで引越しの料金は決まるのか。それはあなたの、荷物量、移動距離、人件費です。
なぜなら、引越し料金は業者関係なく、3つの要素で決まるからです。

  • 荷物を運ぶトラックの大きさ
  • 移動距離で加算される基礎運賃
  • 引っ越し業者の人件費

人件費は荷物量が多ければ多いほど作業員が増え、通常期より繁忙期のほうが一人当たりの値段が高くなります。

この3つの中で唯一自分でコントロールできるものが荷物量です。荷物量を減らして単身パックを利用することで引越し料金を安くすることができます。

荷物量を減らして単身パックを利用すると引越し料金を節約できる。

単身パックとは、一人暮らし分の量の荷物を専用のコンテナに詰めて運ぶ単身者専用の格安プランです。
ひとつのトラックを複数の方と利用する運送方法なので、運送費用が1台のトラックをチャーターするよりも安くなります。
そのため、普通の引っ越しよりも料金設定が安くなっているのです。

単身パックの引越しで運べる荷物量は意外と多い!1人暮らしの方には十分!

運べる荷物量は業者にもよりますが、折りたためないベッド以外の大型家電3つと段ボール10個と衣装ケース3つほどです。単身パックには積載量が多い人向けと少ない人向けでコンテナボックスのサイズが違うプランで分かれています。
今回はクロネコヤマトの引っ越しサービスを例に運べる荷物量をご紹介します。

  • 冷蔵庫(2ドア)
  • 全自動洗濯機(4kg)
  • 電子レンジ
  • ダンボール 10個
  • 布団袋 1袋
  • スーツケース 1個 

単身引越サービスmini(荷物少ない)

  • ダンボール 約15箱
  • 衣装ケース 3個
  • 布団袋 1袋

単身パックは荷物が少ない方と、荷物が多い方で異なるプランが用意されていることがほとんどです。
もちろん荷物が多い方と少ない方では引越し料金は異なります。以下の引越し見積もりシミュレーションで自分の大体の引越し料金を調べてみましょう。

都内の引越し費用相場と最安値はいくら?

一人暮らしの場合

引越しをすると決まったら、気になるのが料金の相場です。荷物の量や引越しの時期、移動の距離などによっても大幅に引越し料金が変わりますが、都内で一人暮らしの引越しをする場合には、3~5万円程度が多いです。荷物量が少なく、引越しのタイミングが閑散期で、距離が近い場合は2万円程度に抑えられたという事例もあります。

家族の場合

都内の家族暮らしの引越し費用の相場も、家族の人数が変われば荷物量も大きく変動し、グッと跳ね上がることもあります。一般的な都内の家族での引越しは、3人暮らしの都内での引越しの場合、6~17万円ほどです。エアコンの取り外しなしや 移動の距離が近い場合、5万円程度に抑えられることもあります。

  • 【一人暮らし】相場 3~5万円
  • 【一人暮らし】最安値 2万円
  • 【家族】相場 6~17万円
  •  
  • 【家族】最安値 5万円

大阪の引越し費用相場と最安値はいくら?

一人暮らしの場合

対する大阪の一人暮らしの引越し費用の相場はどのくらいなのでしょうか。調べてみると、大阪の場合は3万5000円から6万円程度が一般的です。荷物が少ない人の場合には、3万円以下の引越しを実現する方もいます。東京と比較するとやや高めですが、時期と荷物量によっては大阪の方が安く引越しできます。最安値での引越しを考えているのなら、荷物が少なく、閑散期を狙いましょう。

家族の場合

家族での引越しの場合には8~12万円程度です。荷物が多い場合には東京よりも安く引越しの実現が可能ですが、荷物量が少ない場合には東京よりも高い結果となりました。もちろん、人数や曜日、時期によっても値段は大きく変わりますので、安い時期を見計らって引越しすることで相場より安く引っ越しができます。

【大阪の引越し費用相場と最安値】

  • 【一人暮らし】相場 3.5~6万円
  • 【一人暮らし】最安値 3万円
  • 【家族】相場 8~12万円

単身引越しの料金を最安値にする3つの方法

引越し料金を安くするときによくありがちな勘違いが自力で引越しをすることです。自力で引越しをして安くなるのは、本当に荷物が少なくて超近距離の方のみです。実際にはガソリン代も高速代もレンタカー代もかかりますし、もし破損があった場合は補償も受けられません。絶対に引越し業者に依頼しましょう。

引越し料金を最安値にする方法は3つあります。

  • 時間指定なしの引越しプランを選択する
  • 荷物を整理して減らす
  • 安い時期を選んで引越しをする

時間指定なしの引越しプランを選択する

引越し業者の搬出搬入作業は、「午前」「午後」「フリー」に分けられます。この中で、一番料金が安いのは「フリー便」です。「フリー便」とは引越しの日時だけは決定しており、開始日時だけが業者の判断に任せられるというものです。開始時間の多くは午後からなので、時間がある方は「フリー便」を選択した方が確実に料金が安くなるのでおすすめです。

荷物を整理して減らす

引越し料金を決める要素の一つに「トラックの大きさ」があります。つまり、荷物の量が関わってきます。そのため、引越しをする前に、持っていく荷物と持っていかない荷物を分ける必要があります。また、単身パックを利用する際にも同様に、荷物を減らせばその分コンテナの数も減らせます。

安い時期を選んで引越しをする

引越しは時期によって価格が変動します。繁忙期と閑散期に分かれ、繁忙期は3・4月、閑散期は1・6・7月といわれています。繁忙期は最も引越し料金が高く、閑散期は引越し料金が最安値の時期になります。ですから、引越し時期を選べる方は安い時期に引越すことをおすすめします。

相見積もりをすると引越し料金が安くなる理由

引越しをするとき何社に見積もり依頼をしていますか?

1社だけというあなたは確実に損をしていますよ!

なんで相見積もりをとっただけで引越し料金が安くなるのかをこれからご紹介していきます。

【相見積もりとは】

相見積もりとは、2社以上の引越し業者に見積もり依頼を出すこと。複数の引越し業者を比較するので、自分に合った引越し業者を選ぶことができる。

複数業者に相見積もりをすると単身引越し料金が最安値になる理由

まず最初に知っていてほしいのは、最初に業者から出される引っ越し見積もり料金は確実に安くすることができるということです。

なぜなら、引越し料金はもとから定価が存在していないので、引越し業者はなるべく高い値段で契約をして利益を得ようとします

そのため、ひとつの引越し業者だけに見積もりを依頼していると、その引越し業者は「なるべく高い価格で引越しをしてもらいたい…!」という風に考えます。

ですが、複数の引越し業者とひとりのお客さんを争っているときはどうですか?「高く契約したいけど、ライバル業者よりなるべく安くして、このお客さんから契約とらないと…!」となりますよね?

こうなると値引き交渉も高い確率で受けてくれます。

ですので、最安値で引越しをしたい方は、必ず2社以上、できれば3社以上に見積もりを取るようにしましょう。

引越し業者に値引き交渉をして単身引越しが半額になった話

私は3歳の息子と妻がいる3人家族なのですが、3社(クロネコヤマト、アリさん引越し、サカイ引越センター)の引越し業者に一括見積サイトで依頼した時にある見積もり方法を使って引越し料金を半額にすることができました。

それは、電話で訪問見積もりを依頼する時に複数の引越し業者を同じ時間に家に呼んだことです。

名刺の裏にそれぞれの引越し見積もり料金を書いてもらい、せーので出させたところ、クロネコヤマトは80,000円だったにも関わらず、サカイは40,000円という結果でした。

確かに複数の業者さんを同時に呼ぶのは若干気が引けましたが、結果、格安で引っ越しをすることができたので、試してみる価値はありますよ。

複数の引越し業者に見積もりするなら5分で終わる一括見積サイトが絶対おすすめ

複数の引越し業者に依頼するとき、どこがいい引越し業者かわかりますか?

一括見積サイトの引越し達人セレクトは約60社以上の引越し業者の中からあなたの条件に最適な引越し業者を紹介してくれます。

ひとつの引越し業者に現住所、引越し先の情報、荷物量、引越し日時などを伝えると結局15~20分ほどの時間になってしまいます。

3社に依頼するとなると1時間ほどかかってしまうことになるので、一括見積サイトで業者に依頼することをおすすめします。

この記事のまとめ

  • 引越し料金は業者ではなく荷物量・移動距離・人件費で決まる。
  • 引越し料金を安くするなら3社以上に見積もりを依頼する。
  • 複数業者に見積もり依頼をするなら「引越し達人セレクト」がおすすめ
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

永遠の問題!引っ越しは自分で?業者に?どちらがお得か専門家に聞く

目次引っ越しを自分でするとかかる費用引っ越しを自分でするメリット自分の都合に合わせやすい自分で引っ越しをするデメリット自分で引っ越しをすると近隣住民が気を遣う?自分で引っ越しをするとトラブルの原因にな ...

引越し費用の平均額はいくら?状況別で平均額まとめてみました!

「引越しの費用ってどのくらいかかるんだろう」「初心者でもわかるようにまとめてあ…

安く引越ししたい!引越しにかかる費用を安く抑えるポイント6選!

「予想以上に引越し費用って高いな…」「どうしたら安く抑えられるかな」 引…

割引料金で引っ越したい!大幅に値下げするための方法まとめ

近頃では何かを買ったり利用したりするにしろ、多くのもので「特典割引」や「サービス付き」といったお得…

引っ越し見積もりで上手く交渉したい!値引き確実の交渉ノウハウ

引っ越し料金は、業者によって値段がとても違うことがあります。引っ越しの料金は荷物の量や移動距離によ…