引越し先の電話番号はどうなる?変えなくても済むものなの?

フリーランサーや自営業の人は特に、引越しをしても前の電話番号を変えたくないという人は多いのではないでしょうか。家族や友人しか電話番号を知らないというのならまだしも、電話がビジネスとつながっている場合は、できるだけ前の番号をそのまま継続して使いたいことでしょう。そこで今回は、引越し前と後で電話番号を変えなくて済む方法があるのかを調べてみました。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

引越しで電話番号を変えたくない!方法はあるの?

引越し先で電話番号を変えないためにはいくつかの条件があり、それぞれの電話サービスによって異なります。電話サービスは主に3つに分けることが可能で、NTT、CATV、電力系となります。

NTTの場合は、NTTが独自に定めたエリアごとの局が変われば、電話番号も変わります。逆にいうと、局が変わらなければ番号は継続して使い続けられます。NTTのサービスのひとつであるIP電話(ひかり電話含む)は、光回線を利用した電話サービスで、インターネットと提携しています。IP電話は通常050から始まりますが、ひかり電話の場合は市外局番がついた一般的な電話番号となります。

ケーブルテレビ(CATV)の電話サービスを利用している場合も、定められた局が同じであれば前の番号をそのまま使い続けることが可能です。ただし、他社のCATVに契約を変えたり、市外局番が変わったりすると、同じものを引き継ぐことはできないので注意しましょう。

電力系のインターネットに付いている電話サービスでは、市外局番を使わずに電話をかけられる範囲では番号が変わりません。また、電力系の場合もNTTの局にも依存していることがあるため、同一市町村内でもNTTの局が違うならば、電話番号も新しいものになります。

IP電話は変わらない?番号によって違うって本当?

IP電話の場合は、プロバイダの変更をしなければ050で始まる電話番号は、基本的に日本全国どこへ行っても番号が変わることはありません。つまり、引越し先でもフレッツ光を契約してIP電話サービスを継続して使用し続ければ、前の番号をそのまま保持できます。

しかし、すべてのIP電話番号がポータブルなわけではなく、IP電話でもひかり電話の場合は、03や06などの市外局番から始まるOABJ番号が使えるため、NTTが定める局が変わると番号も必然的に変わってしまうので注意が必要です。ひかり電話は技術が向上し、従来の電話番号と同じような品質で会話が可能になったため、市外局番をつけることができるようになりました。

その一方で、050番を持つ電話番号はノイズが入るなど、品質はひかり電話に劣ることがあるものの、現在使用している番号を持ち歩けるため、番号を変えたくない人にとってはメリットがあります。変わらない電話番号を持っていたければ、あえて050から始まる番号を取得するのも良いでしょう。

収容局による?同一市区町村内かどうかは関係ないの?

引越し後も前の電話番号を継続して使い続けられる方法はありますが、それは多くの場合同一市町村内での引越しに限られます。つまり、隣の市や県に引っ越せば、電話番号は強制的に変わってしまいます。

また、たとえ同一市町村内であっても、収容局が異なれば電話番号は変わってしまいます。これはNTTなど従来の電話システムだけではなく、インターネットと提携して生み出された技術の電話番号でも同じです。収容局ごとにカバーするエリアは、NTTのウェブサイトから調べることができます。特に東京では、ひとつの区のなかでも収容局が複数に分かれている場合があり、かなり複雑な構成になっています。

電話番号が変わる!過去の電話番号に電話が来た時の対処法は?

引越しの際に、郵便局に転居届を出すと郵便物を新居に転送してもらえますが、電話も同様に手続きをすると、旧居にかかってきた電話を新居の番号に転送してくれるサービスがあります。前の電話番号を持ち続けられればそれに越したことはありませんが、都道府県が変わるくらい長距離の引越しをする場合は、それもなかなか難しい現状があります。郵便局の転送サービスは1年間有効ですが、電話の場合は3カ月なので、その間に家族や知り合い、ビジネス関係の人に新しい電話番号を伝えましょう。電話の転送サービスは、移行手続きのタイミングで行うことができます。今まで構築してきた人間関係を壊さないためにも、この3カ月間の猶予期間を有効利用してください。

引越しには電話番号だけではなく、さまざまな手続きや作業がたくさんあります。引越しはただ荷造りをして、ものを新居に運ぶだけではないので、引越しを甘く見ずにすべての作業をできるだけ早め早めに済ませるようにしておきましょう。 引越し業者に見積りをとり、よりサービスが良くお得な業者を選択するためには、インターネットを介した一括見積もりサービスが便利です。一括見積もりサイトを訪問すれば、一度に複数の業者の料金相場やサービスオプションなどを知ることができます。サイトの見積もりフォームから見積もり依頼を出せば、時間と手間を節約しつつ、お目当ての業者から後日見積もり結果が届くことでしょう。とても便利なのでぜひ利用してみてください。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

関連記事

引越し後の保険証の住所変更手続きが分からない人へ…注意すべき点

「引越した後の保険証って住所変更すべき…?」 「

引越し時の本籍変更は面倒…本籍を変えるべきか3分で知る方法

「引越ししたら本籍って変えるべき?残すべき?」 パスポートな…

引っ越ししたら郵便物はどうなるの?転送届の仕組みと手続き方法ま…

「引越しの時って郵便物はどうなる…?」 引越しの際に転送手続き…

引越し時に転出届と転入届は絶対に出さないといけない

引っ越しをする際には、引っ越し業者に依頼をして、荷物の梱包を行って・・・という作業ももちろん大事…

引越し後に銀行口座は住所変更すべき?手続き方法まとめ

銀行から、ハガキや封書が送られてきた経験がある人は多いことでしょう。その中にはとても重要なお知らせ…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事