引越しに伴う児童手当の住所変更手続きについて解説!

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引越しに伴う児童手当の住所変更手続きの方法

児童手当を受給されている方は、引越しをした際には、住所変更の手続きをしなくてはなりません。手続きを忘れたり、遅れることがあると、需給が出来ない月が出来てしまうので注意が必要です。

児童手当は、請求のあった翌月に支給されます。引越しが月末で、手続きが翌月に遅れてしまった場合には、1か月分の児童手当が受給できなくなってしまいます。これを防ぐために「15日特例」という緩和措置があります。

転居予定日の15日以内に住居変更の手続きをすれば、転居予定日から手続きが遅れ、翌月の申請になってしまっても、前月分の児童手当が支給されます。忘れずに申請しましょう。

引越しに伴う児童手当の申請は、おなじ市町村に引越したのか、異なる市町村に引越したのかで手続きが変わります。
■同一市町村での引越しの場合
現在給付してくれている市町村の窓口に、「住所変更届」を提出します。

■他の市町村、県外への引越しの場合
給付を受けていた市町村で「受給事由消滅届」を申請して、現在の需給資格を抹消します。
新しく引越した市町村で「児童手当認定請求書」を提出します。

※他の市町村、県外に引越しをする場合で気を付けなければならないこと
引越し前の市町村で受給できるのは、「受給事由消滅届」に記載された、転出予定日となっている月までです。
引越しの予定日から15日以内に申請しましょう。

引越しに伴う児童手当の住所変更手続きに必要な書類は、以下の7つです。
1 児童手当認定請求書
2 印鑑
3 申請者名義の普通預金手帳※児童手当を受給する親の名義の通帳
4 申請者と受給資格のある子ども全員の健康保険証
5 申請者の「所得証明書」または「課税証明書」
※両親が働いている場合には、2人分の所得証明書が必要です。
6 両親のマイナンバー通知カードまたは個人番号カード
7 本人確認書類(免許証・健康保険証・年金手帳など)
たくさんの手続きの書類が必要になってくるので、面倒になりがちですが、転居予定日から15日以内に確実に手続きを済ませましょう。全ての書類が一気に揃わなくても、受付だけでも済ませておきましょう。

児童手当の変更を忘れてしまった場合

転居日から15日以上過ぎてしまうと、1か月分の児童手当の受け取りが出来なくなってしまいます。
このため、15日以内に申請すれば、前月分の児童手当も受け取れるようになっています。児童手当をもれなく受け取るためにも、引越しをする際には、転居日から15日以内に住所変更手続きをすることを忘れない様にしましょう。

児童手当の住所変更手続きでよくある質問

両親が共働きの場合、所得が多い方の親が児童手当の受給申請者となります。
所得が多い方の親が、単身赴任で引越しをして住所変更をした際には、転出先で児童手当を受け取ることになります。
現在給付を受けている市町村に、「受給事由消滅届」を提出して、新たに転出した住所先の市町村で、新たに新規の児童手当の申請を行います。

児童手当の受給請求者が公務員の場合。住民票のある市町村からの給付ではなく、職場からの給付となります。手続きは、勤務先の職場で行うことになります。逆に、公務員を辞める場合には、住んでいる市町村からの需給の手続きが必要になります。

引越しに伴う児童手当の住所変更については、転居日の翌日より15日以内に申請が必要です。15日以内に申請手続きをすれば、前月分までもれなく児童手当を受け取ることが出来ます。

児童手当は、申請の翌月から支給という原則があるため、うっかり手続きを忘れて、15日を過ぎてしまうと、1か月分児童手当が受け取れない月が出てきてしまうことになります。引越しをする際には、児童手当の住所変更の手続きも忘れずにするようにしましょう。

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

引越し後の電話番号は変更すべき?チェックすべき4つのポイント

「引越し後に電話番号は変わるの?」 「電話番号を変えたくない場合はど…

引越し後の保険証って住所変更手続き必要?注意すべきポイントとは?

「引越し後に保険証って住所変更すべき…?」 「保険証って住所変更したら…

引越しにともなう自動車の手続き、その種類と方法は

引越しをすると、役所関係や公共料金などなど、とにかくさまざまな手続きをしなければなりません。とても…

スムーズに進めたい!引越し時の電気契約はどうやって行うのがいい?

引越しは何かと忙しく、荷物を運ぶ以外にも「電気、ガス、水道」といった生活に関わる契約の手続きも行わ…

意外とたくさん!?引越しのときに必要な書類について

「引越し」というと、多くの人が荷物をまとめてトラックで運搬するというイメージを思い浮かべるでしょ…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事