母子家庭の引越し費用は〇万円⁉お得な児童扶養手当の手続き方法とは

母子家庭 引越し 児童扶養手当 アイキャッチ

引越したいけど費用がかかってできない…
母子家庭の引越しってどんな手続きが必要なの?

こんなことありませんか?

引越しをするには、思った以上に費用が掛かるものです。例を挙げるならば、敷金、礼金、仲介手数料等があります。

母子家庭で家計的にも苦しい中、できれば国からの補助金を得て引越し資金に充てたいですよね。

実は、母子・父子家庭であれば正当な手続きをすることで、それぞれの自治体から補助金を受け取れる場合があります。

この記事では、母子家庭が引越しの際のポイントを紹介します。

母子家庭、引越しのポイント!


  1. 長距離や繁忙期の引越しだと、8万円以上かかることも…
  2. 無利子・低金利で引越し資金を借りられる『母子・父子福祉資金貸付制度』を活用!
  3. 母子家庭が引越し前にするべき手続き『児童扶養手当』『医療費助成制度』『下水道基本料金減免』
  4. 助成金や手当は引越し前に必ず確認!
  5. 今の半額になるかも⁉引越し資金の再確認は「一括見積もりサイト」を活用!

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

母子家庭の引越し相場は?厳しい家計を助ける自治体の援助制度

母子家庭の引越し相場

今住んでいる物件の家賃が高い場合や、子どもが大きくなってきて手狭になってきた場合、あるいは仕事の都合で、母子家庭が引越しをするときにはまとまったお金が必要になります。具体的な相場と、単身引越しとの金額差を見てみましょう。

単身引越し 2人家族での引越し
通常期(5月∼1月) 4万3000円 6万8000円
繁忙期(2月∼4月) 5万8000円 8万2000円

決して安くはありませんよね。
そんな時、荷物の少ない母子家庭におすすめな軽トラを利用した引越しがあります
軽トラでの自力引越しは業者に頼むよりずっと安く、繁忙期と通常期の値段の差がありません。具体的な金額でいうと、遠距離ならば2万円前後、近距離ならば1万~1万5000円で済みます。しかし、軽トラでの引越しは少量の荷物しか運べないため、家具を伴う引越しには向いていません。

家具などの荷物が多く、自力での引越ししかできない家庭は自治体からの援助を受けられたら非常に助かりますよね。実は、無利子または低利子で引っ越し費用を借入できる母子・父子福祉資金貸付制度」というものが各都道府県等に設けられています。次の段落では、この制度について詳しく解説していきます。

無利子?母子家庭の引越しを助ける母子・父子福祉資金貸付制度って?

父子・母子福祉資金貸付制度

母子・父子福祉資金貸付制度とは

「母子・父子福祉資金貸付制度」とは、母子・父子家庭の生活意欲を促進し、子どもの福祉を増進させるために設けられている制度です。都道府県、指定都市または中核都市から貸付を受けられます。

母子・父子福祉資金貸付制度は引越し資金としてだけでなく、他にも幅広い貸付制度があります。

  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 修学資金
  • 技能習得資金
  • 就職支度資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 転宅資金
  • 結婚資金
  • 特例児童扶養資金

このうち、「転宅資金」が引越しに利用できる貸付制度となり、最大貸付金は26万円です。
引越し自体にかかる費用は先ほど述べたように、6万8000円~8万2000円ですが、敷金、礼金、仲介手数料、元の物件の原状回復費用など、引越しには荷運び費用以外にも多額のお金がかかるので、多すぎることはないでしょう。

母子・父子福祉資金貸付制度の申請に必要な書類

母子・父子福祉資金の貸し付け申請に必要なものは、以下の7つです。

  • 戸籍謄本(母または父、および子どもの戸籍が分かるもの)
  • 世帯全員分の住民票記載事項証明書 または 住民票の写し
  • 借受人、連帯借受人、連帯保証人の印鑑登録証明
  • 母または父、および連帯保証人の収入を証明する書類
  • 生活費の収支内訳
  • 転居先を明らかにする書類
  • 引越しにかかる費用の見積

上記以外にも自治体によっては必要書類がある場合があるので、前もって問い合わせが必要です。

母子・父子福祉資金貸付制度のメリット

一番のメリットは、無利子、あるいは低利子(1.0-1.5%)で借りられることです。連帯保証人がいる場合が無利子いない場合が低利子になります。

また、返済期間も非常に長く、最長3年以内の返済となっています。返済は6カ月後から始まります。引越しをしてしばらくは家計が苦しくなるので、非常に助かる仕組みです。この6カ月間は措置期間と呼ばれます。

母子・父子福祉資金貸付制度」の注意点

母子・父子福祉資金貸付制度は事後の申請は受け付けていませんので必ず事前に手続きをすることが必要です。また書類の不備があったり、審査に時間がかかったりするので、早めの申請をしないと引越しに間に合わなくなってしまいます

また自治体によって基準が違うので、貸付を受けられるかどうか、前もって確認しておきましょう。

知らないと超損する!母子家庭が引越し前に必ずやるべき手続き3つ

引越しの前に手続きを確認

この段落では、母子家庭の引越しに伴う手続きについて解説します。
引越しの前に必要な手続きを怠ると、今受け取っている母子家庭の手当てが受け取れなくなる恐れがあります。具体的には、児童扶養手当と医療費助成制度、市町村によっては下水道基本料金減免制度も手続きが必要です。

手当や助成金は住民票を移しただけで自動的に手続きが行われるものではないので注意しましょう。

児童扶養手当の手続きについて

児童扶養手当の受給資格は様々ですが母子家庭はその中の、「父母が離婚した児童(事実婚の解消を含む)」や「父または母が死亡した児童」、「婚姻によらないで生まれた児童」などに当たります(東京都中央区の場合)。違う市町村に引越しをする場合には転出届と転入届が必要です。同じ市町村の場合には住所変更届となります。

おおまかに必要になるものを記載していますので、参考にしてください。

  • 申請者の本人確認書類
  • 申請者・対象児童の個人番号確認書類
  • 申請者・対象児童の戸籍謄本
  • 口座番号がわかるもの
  • 印鑑
  • 年金を受給されている場合は、給付金額の記載されている書類
  • 転出届と転入届、もしくは住所変更届

この他にも、地域や環境によって必要な書類が変わりますので、前もって市町村に問い合わせをしておいた方が手続きがスムーズに進みます。

医療費助成制度の手続き

医療費助成制度は子ども医療費助成とも呼ばれ、区内に住所があり、健康保険に加入している子ども(義務教育修了前児童)を養育する保護者を対象とする制度です。

他市町村に引越しをする場合は、医療費助成制度の医療証の返納と、転出までの医療費の請求(県外で支払っている場合)が必要です。転入先市町村で「医療証交付申請書」を提出します。市内で転居した場合は医療証の住所変更の手続きをします。

これも、児童扶養手当の場合と同じで、市町村によって提出書類が違う場合があります

下水道基本料金減免の手続き

児童扶養手当を受給している場合対象となる可能性があります。東京都水道橋では、「児童扶養手当」又は「特別児童扶養手当」を受給されている方が対象になっています。手続きは簡単で、所定の申請書に記入して郵送、または持参するだけでできます。

母子家庭なら引越す前に絶対確認すべし!家計に関わる注意点

引越しの前に市町村の窓口で相談

他の市町村に引越しをした場合、今まで受け取れていた児童扶養手当や、医療費の補助が受けられなくなる可能性があるので、前もって調べておくことが必要です。逆に今まで受給することができなかった手当が受給できたり、転出先の市町村独自の助成金や手当があったるするので、その確認も必要です。

母子・父子家庭は、仕事・生活・子育てと、非常に負担の大きい世帯です。迷うことがあれば、すぐ市町村の窓口に行って相談しましょう。思いもよらなかったサポートが受けられる可能性があるのです。

手当、助成金は税金と違って、自分で請求しなければ受給することができません。日ごろからの情報収集も大切です。

【母子家庭、引越しのポイント!】

  1. 長距離や繁忙期の引越しだと、8万円以上かかることも…
  2. 無利子・低金利で引越し資金を借りられる『母子・父子福祉資金貸付制度』を活用!
  3. 母子家庭が引越し前にするべき手続き『児童扶養手当』『医療費助成制度』『下水道基本料金減免』
  4. 助成金や手当は引越し前に必ず確認!
  5. 今の半額になるかも⁉引越し資金の再確認は「一括見積もりサイト」を活用!

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

結婚と引越しでやることたくさん!効率の良い手続きの順番と方法

「結婚は決まったけど、準備が何も進んでない…」

同じ市内の引越しに必要な手続きは?やることリストと料金相場まとめ

近場の引越しって手続き何すればいいの?普通の引越しと何か違うのかな?

実家から引越して一人暮らしは不安…1か月前からの準備と手順

「初めての引越し!何から始めたらいいの?」 「必要な作業と手順が知りた…

引越し時にやること14選!最低限これだけ押さえておけば大丈夫!

「引越しは何から始めれば良いのか分からない・・・。」

県外の引越し、何からやる?忘れてはいけない手続き・やることリスト

「県外に引越しするけど何から手を付ければいいの?」

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事