引越し後に銀行口座は住所変更すべき?手続き方法まとめ

引越し情報サイトいい引越し.comのアイキャッチ画像
銀行から、ハガキや封書が送られてきた経験がある人は多いことでしょう。その中にはとても重要なお知らせが書かれていることもあるため、引越しをして住所が変わったら、速やかに銀行の登録住所を変更する必要があります。そこで今回は、銀行で住所変更をする方法や、住所変更をしないとどのようなデメリットがあるのかを解説していきます。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

引越し後に銀行口座の住所変更!メリットとデメリットは?

銀行口座の住所変更をするメリットは多くありますが、デメリットはほとんどありません。逆にいうと、住所変更を怠ったがために起こるデメリットはかなり多くあります。例えば、住所変更をしておかないと、銀行から郵送されるハガキや封書はすべて旧住所に送られます。郵便局に転居届けを出していれば新住所に郵便物は届きますが、期間は1年間だけなので、それ以降は更新しない限り旧住所に郵送されてしまいます。また、銀行口座の窓口でお金を引き出したい場合は、取引時確認という手続きを行う必要があります。この確認のなかには住所も含まれているため、登録されている旧住所と現在住んでいる新住所が違う場合は、まずは住所変更手続きをしなければなりません。そのため、お金を手に入れるまでには余分な時間がかかるリスクが発生します。急を要する場合でも手続きにかかる時間が短縮されるわけではないので、あらかじめ住所変更をしておかないと、後々困った事態につながる可能性が高くなります。

銀行口座の住所を変える!変更手続きの方法と必要書類

銀行に登録した住所の変更を銀行の窓口で手続きをする際の方法は、銀行に置いてある申込用紙に必要事項を記入したものと、免許証やパスポートなどの本人確認書類、銀行の届印、通帳をまず用意しておきます。それぞれの書類は窓口の案内に従って、提出したり押印したりします。日中に仕事などで銀行を訪れることができない人は、銀行によっては代理人を立てることができる可能性もあります。しかし、すべての銀行で可能というわけではないので、事前に問い合わせをして確認しておくと安心です。代理人を立てる以外にも住所変更をする方法もあるので、下記でご紹介しましょう。

ネットや電話でもできる?窓口に出向けない場合の住所変更

住所変更は、窓口以外にも電話や郵送、ネットを利用して行うことができます。電話で住所変更を申請するときは、手元に通帳やキャッシュカードなど、口座に関する情報が載っている書類をあらかじめ用意しておきます。電話での本人確認方法は暗証番号なので、暗証番号を思い出しておくことも大切です。そのほか、口座番号や新住所と旧住所、生年月日、登録した電話番号なども聞かれることがあるので、電話口ですぐに返答できるように、準備しておいた書類を活用していきましょう。また、住所変更は郵送でも行うことができます。銀行に置いてある申請書や銀行の公式サイトにあるデータをダウンロードして印刷したものに必要事項を記入し、ポストに投函します。郵送料は無料の銀行が多いです。最後に、インターネットバンキングを利用するやり方ですが、ネット上に口座のマイページを持っている人は、「登録情報」「お客様情報」などと書かれたメニューから「住所変更」を選択し、新住所を入力します。ペーパーレスで時間も節約できるため、大変便利な方法といえます。

住所を変えたら支店も変えるべき?それとも変えなくていい?

銀行のキャッシュカードをよく見てみると、口座番号のほかに支店番号が載っているのを見つけられることでしょう。このことからも、支店の名前や番号は銀行にとって、とても大切なものであることがわかります。しかし、だからといって引越しによる住所変更をしたとしても、新住所の最寄りの支店に変更する必要はありません。支店を変えると口座番号も変わり、通帳やキャッシュカードなどもすべて変更になります。せっかく公共料金の支払いを前の支店の口座番号で登録したとしても、支店を変えることでまた新しい口座番号を登録しなおさなければならなくなります。給料が振込まれている口座であれば勤め先に連絡する必要もあるため、支店変更をすると思ったよりもかなり大変なことになることでしょう。支店を変えることのメリットは、定期預金をすぐに解約したいケースなど状況が限られるので、よっぽどのことがない限り引越しをしても支店を変更する必要はないといえます。

ベストなタイミングはいつ?引越し完了から手続きを行う日までの目安は?

銀行への住所変更手続きのタイミングですが、できるだけ早く行った方が良いことはいうまでもありません。しかし、引越しにはさまざまな手続きが伴うので、優先順位をつけるとしたら1番はじめにくるわけではないのも事実です。市町村役場に転入届を出したり、車検証の住所変更を終えたりした後から(いずれも原則2週間以内)、銀行の住所変更手続きをしても大きな問題はないといえるでしょう。ただし、これは郵便局に転居届の手続きをして郵便物が新住所に届くことが前提なので、転居届を出していない場合は郵便局に行って手続きを済ますか、すぐに銀行の住所変更手続きを行っておいた方が良いでしょう。 銀行からの郵便物が旧住所に届くような事態は、個人情報を保護する観点からも絶対に避けましょう。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

関連記事

引越し後の保険証の住所変更手続きが分からない人へ…注意すべき点

「引越した後の保険証って住所変更すべき…?」 「

引越し時の本籍変更は面倒…本籍を変えるべきか3分で知る方法

「引越ししたら本籍って変えるべき?残すべき?」 パスポートな…

引っ越ししたら郵便物はどうなるの?転送届の仕組みと手続き方法ま…

「引越しの時って郵便物はどうなる…?」 引越しの際に転送手続き…

引越し時に転出届と転入届は絶対に出さないといけない

引っ越しをする際には、引っ越し業者に依頼をして、荷物の梱包を行って・・・という作業ももちろん大事…

引っ越し手続き情報一覧!進め方のチェックリスト

引越しって何から始めれば?必要な手続きとは?どの順番が一番効率がいいの?と引越しは分からないことが…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事