引越しを繁忙期にすると損?カレンダーから料金相場を掴む5つのコツ

引越しの繁忙期と閑散期

引越し繁忙期と閑散期の費用の差って?
希望の日程どおりに引越しできるのかな…

引越し料金は時期よって大きく変動することをご存知ですか?

引越しには「繁忙期」と「閑散期」と呼ばれる2つの時期に分かれており、業者の忙しさも料金相場も全く違います。

今回は、繁忙期と閑散期でどのくらい費用に差が出るか、引越し費用を少しでも安く抑えるコツ、繁忙期の引越し注意ポイントについてご紹介したいと思います。

繁忙期の引越しって何が違う?主なポイントはこれ!

  1. 引越しの繁忙期は閑散期に比べて、費用も高く、業者も大忙しで予約が取りづらい!
  2. 閑散期に時期をずらすだけで、繁忙期の2倍も引越し費用を抑えられる可能性アリ!
  3. 引越し費用を抑えたいなら、「平日の午後」がおすすめ!「混載便」などの活用も!
  4. 希望日程通りに引越しをするなら予定日の1ヶ月以上前から!
  5. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用するだけで絶対に得な引越しができる!

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

引越し業界の繁忙期はいつ?絶対に損しない業界相場を知ろう

出来れば避けたい繁忙期!3月から4月は要注意

繁忙期の引越し

引越し業者が最も忙しくなるシーズンは、3月・4月の春先です。

この時期は進学や就職など、学生や新社会人も多く、また、会社の辞令などにより家族引越しや転勤による単身引越しなど、引越し件数が増える時期です。

特に、4月に新生活を始める人は3月下旬の引越しを希望することも多く、1週間前の引越し予約では、見積もりすら取ることができないこともあり、相場引越料金も高くなる傾向にあります。

家財道具を運搬するトラックも予約が殺到する時期なので、特に長距離の引越しを予定している場合は早めに行動した方が良いでしょう。

また、夏休みや冬休みといった学校が長期休みになる8月や12月、営業している業者の少ない年末年始なども引越業者の予約がやや取りにくいこともあります。

引越し件数の増えるハイシーズンには気を付けて、引越しの準備は早めに始めましょう。

引越しするなら1年で一番安い閑散期に!

閑散期の引越し

閑散期と呼ばれる、引越しのオフシーズンは1月、5月、6月、11月あたりです。

閑散期の引越しは、引越しの依頼件数が少ないため、引越し費用の値引き交渉を行いやすく、通常期よりも安い価格で引越しできることが多いです。

梅雨の時期である6月や真冬の1月あたりは、引越しをするにせよ気候が悪いという理由もあり閑散期となります。

閑散期は引越し業者も暇なことが多く、金額を下げてでも仕事を入れたい状況であることが多いので、料金設定も低い傾向で、費用がかなり安くなることもあります。

繁忙期より閑散期の方が2倍以上もお得?!引越し費用相場

繁忙期の引越費用は、閑散期に比べると割増しになる可能性が高いです。引越し業者によって値段の違いはあるものの、閑散期と繁忙期の引越代金はおよそ2倍の差があると思っておいた方が良いでしょう。

単身者の場合

距離 繁忙期 閑散期 差額
~20km ¥52,000 ¥34,000 ¥18,000
21~50㎞ ¥53,000 ¥37,000 ¥16,000
51~100㎞ ¥72,000 ¥45,000 ¥27,000
101~150㎞ ¥82,000 ¥56,000 ¥26,000
151~200㎞ ¥88,000 ¥63,000 ¥35,000
201~300㎞ ¥90,000 ¥66,000 ¥24,000

二人家族の場合

距離 繁忙期 閑散期 差額
~20km ¥100,000 ¥64,000 ¥36,000
21~50㎞ ¥130,000 ¥75,000 ¥55,000
51~100㎞ ¥144,000 ¥86,000 ¥58,000
101~150㎞ ¥190,000 ¥117,000 ¥73,000
151~200㎞ ¥216,000 ¥129,000 ¥87,000
201~300㎞ ¥221,000 ¥133,000 ¥88,000

三人家族以上の場合

距離 繁忙期 閑散期 差額
~20km ¥26,000 ¥78,000 ¥48,000
21~50㎞ ¥157,000 ¥100,000 ¥57,000
51~100㎞ ¥182,000 ¥103,000 ¥79,000
101~150㎞ ¥233,000 ¥115,000 ¥118,000
151~200㎞ ¥233,000 ¥136,000 ¥97,000
201~300㎞ ¥310,000 ¥171,000 ¥139,000

引越しの閑散期に比べて業者が忙しい繁忙期は、割高料金になりがちです。

引越しの値段というのは、時期や移動距離、荷物量などによってかなりばらつきがありますが、閑散期の引越しは料金ベースを低くすることがあります。

例えば、単身者の引越しの場合、50キロ圏内の引越しをしたときの値段の平均引越し相場は約4万円程度ですが、3月の繁忙期になると約5~8万円と、倍近くになる場合もあります。

また、4人家族が同様に閑散期に引越しを行った場合、平均相場は約10万円です。しかし、繁忙期になると約15万円に膨れ上がります。

急な引越しで、どうしても繁忙期に引越しを行わなくてはいけないときは、平日や午後からの引越しを検討したり、3月を避けて2月に早めの引越しをしたりすることを検討したほうが良さそうです。

まずは、一括見積もりサイトで業者を複数比較してみましょう。

一括見積もりで最安値の確認

繁忙期の引越しが希望の日程通りに「絶対」できる3つの方法

3月や4月の引越し繁忙期の見積もりは、ほとんどの場合が引越し予定日の1ヶ月前から前日の間に行われています。

繁忙期の引越し見積もりを取るタイミングは、早ければ早いほど良く、安く値引きできた見積もりも取れます。

<希望の日程通りに引越しをするなら!>

  • 2ヶ月以上あるからまだいいやと、後回しにしない!
  • 一括見積もりは引越しの前日から3ヶ月前までの期間の依頼ができる
  • 新居の入居日や退去日などの事前にシミュレーションを行う

引越しは、業者が1日に対応できる引越し件数の上限に達した時点で予約はできなくなります!なので、2~3ヶ月前の早い段階で見積もりを取ると、安い料金と希望の日程が取れるのです。

繁忙期に安く引越しができる裏技?カレンダーをチェックすべき理由

大安や週末を避けて「平日」に引越すのがおすすめ

繁忙期引越しのカレンダーの画像

繁忙期であっても、平日の引越しなら比較的予約が取りやすかったり、料金が土日よりも安かったりすることがあります。

また、繁忙期とはいっても早めの予約をして価格交渉をしたり、人気の時間帯である午前中を避けて午後からの引越しを希望したりすれば、値段交渉が可能な場合もあります。

さらに、縁起が悪いと言われている仏滅や赤口の引越しも、通常の休日や大安日よりも料金が安くなることが多いでしょう。

「午後便」や「指定なし」などの引越しプランをうまく使う

引越しの時間帯で人気なのは午前中です。 朝のうちに引越しが終わると、午後はゆっくりと荷物の配置を整えたり、ガスの開栓や照明器具を取り付けたりできるからです。

そのため、需要の少ない午後の時間の引越しは、午前中よりも引越し料金が安くなっているプランが多いです。また、作業時間を指定しない「希望指定なし」プランを設けている業者もあり、料金が安くなることもできます。

ただし、「希望指定なし」プランは、料金は抑えられるものの、「暗い中の危険な作業になった」や「作業員が疲れていて対応が悪かった」といったデメリットもあるようです。

引越しの繁忙期に起きやすい引越し業者とのトラブルについて注意点

引越し繁忙期のトラブル

繁忙期は引越し件数が増加するにつれて、トラブルも多くなる時期です。

<3月や4月の引越し繁忙期に特有のトラブル>

  • 引越し作業が終わったのが深夜になってしまった
  • 引越し当日に引越しできなかった

ほとんどの引越し業者は、標準引越運送約款に基づいて引越しを行っています。引越しに関するトラブルの対処方法や、キャンセル・延期に関しての詳細も、この約款によって決められています。

<標準引越運送約款の内容(要約)一例>

  • キャンセル料は、引越し予定日の3日前であれば発生しない
  • 見積もりは基本的には無料でおこなう
  • 見積もり時、内金や手付金は請求しない
  • 引越し業者は、見積書に記載した『荷物受取日』の2日前までに、依頼主に対して、見積書に記載されている内容に変更が無いかどうかを確認する必要がある
  • 荷物の破損や紛失は、依頼主が引越し日から3ヶ月以内に申し出る必要がある
    ※引越し業者によっては、その業者独自の認可された約款を提示しているところもあります。その際も、見積書はしっかりと確認するようにしましょう。

まずはトラブルに巻き込まれないように、しっかりと約款に目を通すようにしてください!

<トラブルに巻き込まれたら、窓口へ相談!>

  • 全国の消費者生活センター
  • 国土交通省ホットラインステーション
  • 全日本トラック協会

知らなきゃ損!繁忙期の引越し相場確認は一括見積もりが断然お得!

大手引越し業者は、閑散期でも通常期と同じ値段で見積もりを出してくることもあります。引越しの経験が少ない人は、その見積もりが高いのか低いのか見極めることも難しいでしょう。

そんなときにおすすめしたいのが、引越しの「一括見積もりサイト」です。引越し先や家族の人数、引越し時期を入力するだけで、アート引越センターやクロネコヤマト、サカイ引越センターなどの大手引越し業者から中堅業者まで複数の引越し業者の簡単な見積もりを出すことができます。

一括見積もりで最安値の確認

簡単に一括見積りサービスを利用することにより他社との値段やサービスの比較もでき、引越し業者に値段交渉を行いやすくなるメリットもあります。

【繁忙期の引越しって何が違う?主なポイントはこれ!】

  1. 引越しの繁忙期は閑散期に比べて、費用も高く、業者も大忙しで予約が取りづらい!
  2. 閑散期に時期をずらすだけで、繁忙期の2倍も引越し費用を抑えられる可能性アリ!
  3. 引越し費用を抑えたいなら、「平日の午後」がおすすめ!「混載便」などの活用も!
  4. 希望日程通りに引越しをするなら予定日の1ヶ月以上前から!
  5. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用するだけで絶対に得な引越しができる!

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」 「12月引越しって…

引越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引越しの準…

引越しを平日に行うだけで最大50%も安くなる?料金を安くお得に!

「引越しって土日より平日が方がお得なるのはなんで?」 「繁忙期でも平日…

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…