引越しの繁忙期と閑散期の相場は?費用相場と業者の状況を比較

引越しの繁忙期の費用に関する記事の画像
引越しの繁忙期と閑散期っていつごろ?
どのくらい費用に差が出るのかな…

引越し料金は時期よって大きく変動することをご存知ですか?
引越しには「繁忙期」と「閑散期」と呼ばれる2つの時期に分かれており、業者の忙しさも料金相場も全く違います。
今回は、繁忙期と閑散期でどのくらい費用に差が出るか、引越し費用を少しでも安く抑えるコツ、注意すべきポイントについてご紹介したいと思います。
繁忙期と閑散期の引っ越しって何が違う?主なポイントはこれ!

  1. 引越しの繁忙期は閑散期に比べて、費用も高く、業者も大忙しで予約が取りづらい!
  2. 閑散期に時期をずらすだけで、繁忙期の2倍も引越し費用を抑えられる可能性アリ!
  3. 引越し費用を抑えたいなら、「平日の午後」がおすすめ!「混載便」などの活用も!
  4. 引越し前に一括見積もりをするだけでかなり得な引越しができる!
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

価格.comのおすすめポイント

  • 引越しで毎月総額50万円プレゼント実施中
  • 価格.comの一括見積もりなら大手業者から地域密着業者までご紹介!
  • 掲載社数は価格.com厳選の40社以上
  • 簡単3分の登録で一番安い見積もりがわかる

引越しの繁忙期は業者も大忙し!費用も高め!

出来れば避けたい繁忙期!3月から4月は要注意

繁忙期の引越し

引越し業者が最も忙しくなるシーズンは、3月・4月の春先です。この時期は進学や就職などで一人暮らしを始める学生や新社会人も多く、また、会社の辞令などにより家族引越しや転勤による単身引越しなど、引越し件数が増える時期です。

特に、4月に新生活を始める人は3月下旬の引越しを希望することも多く、1週間前の引越し予約では、すでに見積もりの予約すら取ることができないこともあり、相場引越料金も高くなる傾向にあります。まさに「引越しシーズン」といえるでしょう。

家財道具を運搬するトラックも予約が殺到する時期なので、特に長距離の引越しを予定している場合は早めに行動した方が良いでしょう。また、夏休みや冬休みといった学校が長期休みになる8月や12月、営業している業者の少ない年末年始なども引越業者の予約がやや取りにくいこともあります。

引越し件数の増えるハイシーズンには気を付けて、引越しの準備は早めに始めましょう。

引越しするなら1年で一番安い閑散期に!

閑散期と呼ばれる、引越しのオフシーズンは1月、5月、6月、11月あたりです。閑散期の引越しは、引越しの依頼件数が少ないため、引越し費用の値引き交渉を行いやすく、通常期よりも安い価格で引越しできることが多いです。梅雨の時期である6月や真冬の1月あたりは、引越しをするにせよ気候が悪いという理由もあり閑散期となります。

閑散期は引越し業者も暇なことが多く、金額を下げてでも仕事を入れたい状況であることが多いので、業者側の料金設定も低くなっている可能性があります。この時期の引越し費用はお得になる可能性が高いでしょう。

閑散期の引越し

繁忙期よりも閑散期の方が2倍以上お得?!引越し費用相場

単身者の場合

距離 繁忙期 閑散期 差額
~20km ¥52,000 ¥34,000 ¥18,000
21~50㎞ ¥53,000 ¥37,000 ¥16,000
51~100㎞ ¥72,000 ¥45,000 ¥27,000
101~150㎞ ¥82,000 ¥56,000 ¥26,000
151~200㎞ ¥88,000 ¥63,000 ¥35,000
201~300㎞ ¥90,000 ¥66,000 ¥24,000

二人家族の場合

距離 繁忙期 閑散期 差額
~20km ¥100,000 ¥64,000 ¥36,000
21~50㎞ ¥130,000 ¥75,000 ¥55,000
51~100㎞ ¥144,000 ¥86,000 ¥58,000
101~150㎞ ¥190,000 ¥117,000 ¥73,000
151~200㎞ ¥216,000 ¥129,000 ¥87,000
201~300㎞ ¥221,000 ¥133,000 ¥88,000

三人家族以上の場合

距離 繁忙期 閑散期 差額
~20km ¥26,000 ¥78,000 ¥48,000
21~50㎞ ¥157,000 ¥100,000 ¥57,000
51~100㎞ ¥182,000 ¥103,000 ¥79,000
101~150㎞ ¥233,000 ¥115,000 ¥118,000
151~200㎞ ¥233,000 ¥136,000 ¥97,000
201~300㎞ ¥310,000 ¥171,000 ¥139,000

6月や1月といった閑散期は、引越し量も少なくなることから値段が格安になることが多いです。反対に、業者が忙しい繁忙期は、割高料金になりがちです。引越しの値段というのは、移動距離や荷物量によってかなりばらつきがありますが、それでも閑散期の引越し料金というのは値段を抑えられることがあります。

例えば、単身者の引越しの場合、50キロ圏内の引越しをしたときの値段の平均引越し相場は約4万円程度です。これが3月の繁忙期になると、約5~8万円と、倍料金になる場合もあります。また、4人家族が同様に閑散期に引越しを行った場合、平均相場は約10万円です。しかし、繁忙期になると約15万円に膨れ上がります。

繁忙期の引越費用は、閑散期に比べると割増しになる可能性が高いです。  引越し業者によって値段の違いはあるものの、閑散期と繁忙期の引越代金はおよそ2倍の差があると思っておいた方が良いでしょう。

 急な引越しで、どうしても繁忙期に引越しを行わなくてはいけないときは、平日や午後からの引越しを検討したり、3月を避けて2月に早めの引越しをしたりすることを検討したほうが良さそうです。一方、閑散期の引越しは業者も手が空いていることが多く、値段交渉をしやすい、多くのスタッフで引越作業がスムーズに終わる、手厚い引越しサービスが受けられるということもあります。

繁忙期に比べ約半額の値段で引越しができるのも大きいメリットです。 引越し時期を選べるのであれば、1月や6月の閑散期を狙った方がサービス面でも料金面でもお得といえるでしょう。

繁忙期でも安く引越ししたいなら「カレンダー」と「引越しプラン」をチェック

大安や週末を避けて「平日」に引っ越すのがおすすめ

どうしても繁忙期の期間に引越ししなければならなかったり、できるだけ費用を抑えたい人は「平日」に引越しするのがおすすめです。 基本的に多くの人が、仕事や学校がお休みの週末や土日祝日、ゴールデンウィークなどのまとまった休みに引越しをすることが多いです。

そのため繁忙期であっても、平日の引越しなら比較的予約が取りやすかったり、料金が土日よりも安かったりすることがあります。また繁忙期とはいっても早めの予約をして価格交渉をしたり、人気の時間帯である午前中を避けて午後からの引越しを希望したりすれば、値段交渉が可能な場合もあります。

さらに、縁起が悪いと言われている仏滅や赤口の引越しも、通常の休日よりも料金が安くなることが多いでしょう。運が良い、縁起がいいということから大安日に引越しをしたい人が多いようです。下の引越カレンダーで、2017年8月・9月の大安日をチェックしてみましょう!

「午後便」や「混載便」などの引越しプランをうまく使う

引越しの時間帯で人気なのは午前中です。 朝のうちに引越しが終わると、午後はゆっくりと荷物の配置を整えたり、ガスの開栓や照明器具を取り付けたりできるからです。そのため午後の時間の引越しは、午前中よりも引っ越し料金が安くなっているプランが多いです。また中には何時に作業が始まるか分からない「フリープラン」を設定している業者もあり、こちらの利用によりさらに料金が安くなることもあります。

ただフリープランでは他の引越し作業を何件も行った後に作業員が来るケースが多く、遅い時間からの開始や、作業員が非常に疲れた状態で引越しを行うこともあるのです。そのためフリープランは、料金は抑えられるものの、「暗い中の危険な作業になった」「作業員が疲れていて対応が悪かった」といったデメリットもあるようです。

繁忙期の引越しは早めに動くのが大事!

繁忙期の引越しは通常料金より値段が高いだけでなく、予約も取りにくいことが多いです。見積もりを依頼するにしろ予約が殺到している時期でもあるので、早めに動くことが必要です。早めに引越し希望日を決め、最低でも1カ月半前には見積もりの予約を取り、引越し準備を始めましょう。

3月中旬の引越しを予定しているなら、2月の月初には何件かの業者に引越し見積もりをお願いするようにしましょう。具体的な日にちや引越し先、物件が決まっていないとしても、大体のエリアや何人家族かといった情報だけでも見積もりを取ることはできます。特に引越しの移動距離が長い場合は引越しトラックに空きがないこともあり、注意が必要です。

引越し前の一括見積もりで、さらにお得に引越ししよう!

テレビやCMでよく見る大手引越し業者は、閑散期でも通常期と同じ値段で見積もりを出してくることもあります。引越しの経験が少ない人は、その見積もりが高いのか低いのか見極めることも難しいでしょう。

そんなときにおすすめしたいのが、「引越し一括見積もりサイト」です。これは、ネットで利用できるサービスで、引越し先や家族の人数、引越し時期を入力するだけで、アート引越センターやクロネコヤマト、サカイ引越センターなどの大手引越し業者から中堅業者まで複数の引越し業者の簡単な見積もりを出すことができます。

一括見積もりしてみる

特に、料金重視で引越し業者選びをされてる方は、ネットの一括見積もりを利用することで、引越し費用の相場料金を知ることができ、業者への価格交渉が行いやすくなります。自分の知らなかった地元の引越し業者を見つけたり、女性スタッフが多い引越し業者を選択したりすることもできるので大変便利です。

 ネットの引越し一括見積りサービスを利用することにより他社との値段の比較もできます。希望する引っ越し業者に値段交渉を行いやすくなるメリットもあるでしょう。また、引越価格相場についても知ることができ、見積もり料金もかかりません!料金相場を知っておけば、値下げ交渉にも役立ちます。引越しを検討しているなら、まずは一括見積もりサイトを利用して、見積もり依頼してみてはいかがでしょうか。

【閑散期・繁忙期の引越しのまとめ】

  1. 引越しの繁忙期は閑散期に比べて、費用も高く、業者も大忙しで予約が取りづらい!
  2. 閑散期に時期をずらすだけで、繁忙期の2倍も引越し費用を抑えられる可能性アリ!
  3. 引越し費用を抑えたいなら、「平日の午後」がおすすめ!「混載便」などの活用も!
  4. 引越し前に一括見積もりをするだけでかなり得な引越しができる!
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引越しの日取りいつにする?2017年引越しに良い日・縁起の良い日

「引越し日いつにしようかな?」 「新しい何かを始めるなら、縁起のいい日…

仏滅に引越し平気かな?2つの対策法と実は大安日よりおすすめな理由

「引越し日が仏滅になっちゃったけど大丈夫かな?少し不安…」…

3月の引越し代は閑散期の相場の2倍!少しでも安く引越す方法4つ

3月の引越しって高いらしいけど、いったいいくらするんだろう…

5秒で引越し費用相場が分かる!単身・2人・家族の場合とお得な方法

自分の引越しの場合、引越し料金…

12月の引越しは上旬が安い!覚えておきたい準備や手続きまとめ

「12月の引越しの料金相場ってどのくらいなんだろう。」 …