【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越しの費用には、引越し代のみならず、物件に掛かる費用や新しく買う家具家電などを含めた初期費用も考える必要があります。初期費用は抑えるのが難しいので、安くするには引越し費用を抑えるのが得策といえるでしょう。この記事では、二人暮らしの引越し費用の相場や安くする方法を紹介するので是非参考にしてみて下さい。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

二人暮らしの引越し初期費用はいくらかかる?

物件にかかる費用内訳

【初期費用内訳】

  • 敷金      家賃の1か月分   
  • 礼金      家賃の1か月分   
  • 仲介手数料   家賃の1か月分   
  • 前家賃     家賃の1~2か月分 
  • 鍵交換費用   1~2万円程度    
  • 火災保険料   2万円程度     
  • 共益費     各々の物件による 

引っ越しはとにかくお金がかかるものという認識がありますが、ふたり暮らしで引っ越しをする場合の初期費用の項目と料金の目安は、いったいどのくらいなのでしょうか。 内訳は、敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、鍵交換費用、火災保険料、共益費などが挙げられます。それぞれにかかる料金は上部に示したとおりです。初期費用の総額は、家賃の5~6か月分見積もっておいた方がよいでしょう。

家具・家電にかかる費用

同棲するカップルなどは新しく家具や家電を揃えるために多くの出費があるかもしれません。そのため、持っていくものと、持っていかないものを引越す前に整理しておくことをおすすめします。最低限揃えておくべきなのは以下のものです。

【家具・家電料金目安】

  • 冷蔵庫     3万円程度
  • 洗濯機     3万円程度
  • 電子レンジ   5千円程度
  • 炊飯器     5千円程度
  • テーブル    5千円程度
  • ベッド     2万円程度

家賃10万円の家に二人暮らしで引越す場合の初期費用はいくらかかる?

【二人暮らし引越し費用】

  • 物件費用      計40万円程度
  • 家具・家電購入費  計25万円程度
  •           合計65万円程度 

家賃10万円の家に二人暮らしで引越す場合、物件費用と家具家電購入費を考えると、上記の通り約65万円程度初期費用に必要になります。ここでは初期費用のみですが、これに加えて引越し費用を見積もらなければなりません。では、引越し費用はいくらかかるのでしょうか?

二人暮らしの引越し費用相場を把握!

通常期(5月~1月)の二人暮らし引越し費用はいくら?

通常期(5月~1月)の二人暮らし引越し費用相場
~50km(隣の町) 平均60,000円
~100km(隣の県) 平均80,000円
~200km(近くの地方へ) 平均110,000円
~500km(遠くの地方へ) 平均130,000円

引越し業界では、新入学・就職シーズンの3〜4月を引っ越し繁忙期、それ以外の月を引っ越し閑散期あるいは通常期として定めています。 年間を通した相場が引っ越し繁忙期には突出して高く、できるなら閑散期に予約を入れた方が賢明といえます。

また、9〜10月前後は第2の引っ越し繁忙期と呼ばれており、転職や異動、留学などで引っ越し業者の需要が増えます。そのため、費用相場に影響が出たり予約が取りにくくなったりすることがあるので、注意する必要があります。

繁忙期(2月~4月)の二人暮らし引越し費用はいくら?

繁忙期(2月~4月)の二人暮らし引越し費用相場
~50km(隣の町) 平均90,000円
~100km(隣の県) 平均110,000円
~200km(近くの地方へ) 平均150,000円
~500km(遠くの地方へ) 平均190,000円

2月~4月が引越しの繁忙期と呼ばれていますが、さらに細かく分けると、3〜4月の中でもとりわけ3月下旬と4月上旬の週末は引越し代が通常の相場よりも跳ね上がり、閑散期の料金と比べて、場合によっては2倍近くになることもあります。

二人暮らしの引越し費用を安く抑える方法とは?

引越し費用は、引越し代に加えて初期費用もかかるためある程度の資金が必要となります。特に二人暮らしともなれば自分一人のことではないため、なおさらコストダウンしたいと考える人も多いことでしょう。ここでは4つの費用を抑える方法を紹介します。

繁忙期を避けた引越しをする!

二人暮らし 引っ越し 費用 繁忙期 閑散期

まず1つ目は繁忙期を避けた引越しです。繁忙期である3~4月にかけては、進学や就職などの新生活を機に引越しを希望する人が集中します。引越し業者も依頼主が多いため、通常の倍以上の引越し費用が掛かるケースも決して少なくありません。閑散期の5~2月までの引越しをすることで費用をコストダウンできます。少しでも安く済ませたいと思っているのなら、繁忙期を避けた引越しがおすすめです。繁忙期と閑散期の引越しについて、更に詳しく解説した記事もあるのでぜひ参考にしてください。

礼金がない物件を探して初期費用を抑える!

2つ目の方法は礼金のない物件探しです。引越しをするとなると、敷金礼金それぞれ2か月ずつかかるケースも多々あります。しかし、よく探していくと中には礼金がゼロの物件もあります。家賃10万円の物件を借りる場合には、礼金がゼロになるだけでも20万円の費用を抑えることができます。引越し費用を抑えたいのなら、礼金のない物件を見つけましょう。

時間指定なしのフリー便で引越しをする!

引越し 引越し 費用 時間指定

3つ目の方法は時間指定なしのフリー便での引越です。引越し業者に依頼する場合には午前、午後、夕方など時間を指定しての引越が一般的です。しかしもし時間にゆとりがあるのなら、時間指定をしないことで見積もり金額を下げてもらうことができます。これによって、午前になるか、夕方になるのかが見えずにスケジュールは組みにくくなりますが、二人暮らしの引越しの場合には交互に家にいる時間を決めて、交代することでカバーできます。時間指定なしの引越しについて詳しく解説した記事があるのでぜひ参考にしてください。

一括見積りサービスを利用して値段交渉に挑む!

4つ目の方法は一括見積もりサービスを利用した値段交渉です。一括見積もりサービスを利用することで、一度に複数の引越し業者の見積もりを取り寄せることができます。5社や10社の見積もりを取り寄せることで、比較検討し、一番安い引越し業者の見積書をもとに別の会社へ交渉をすることができます。値段交渉次第では二人の引越し費用を大幅に下げることも可能です。

この記事のまとめ

  • 二人暮らしの初期費用は家賃5~6か月分かかる。
  • 別途で家具・家電の費用も考えておかなければならない。
  • 4つの安く抑える方法を駆使して引越し代を安くする!
  • 引越し代を抑えるためには一括見積りサービスを利用するのが一番効果的です。初期費用が負担になる二人暮らしの引越しを少しでも安くしましょう!
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!…

4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さ…

母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな…

同一市内に引越しをする際の費用相場と費用を安くする方法をご紹介

目次同一市内に引越しをするときの費用相場同一市内に自力で引越しした時の費用同一市内の引越しでも業者によって差が出るのか同一市内を安くする方法 同一市内に引越しをするときの費用相場 生活圏は変えたくない ...

単身赴任の引越しで料金を安くするには、業者を競わせる!

「単身赴任で遠隔地で働くことになった……」 「引っ越しをしなければいけないけれど、いくらくらいかかるか…