離婚が原因の引越しは手続き多くて辛い…生活保護受給の4つの基準

引越し 離婚 アイキャッチ
離婚をしてシングルマザーとしてやっていくことを決めた方は、おそらく不安や、心配ごとでいっぱいいっぱいだと思います。 引越し後に生活していくことができるだろうか、何の手続きから始めたらいいのだろうか、何よりもこの子を幸せにすることができるだろうか。 いろいろな悩みがあると思いますが、今回は、離婚で引越しをされる方に向けて役に経つ情報をまとめましたので、ぜひご覧になってください。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

シングルマザーは月にどれくらい収入が必要?

シングルマザーが月に支払う生活費は15万円ほどといわれています。

家賃55,000円
食費3万円
光熱費2万円
通信費5000円
その他雑費3万円

厚生労働省「平成23年度全国母子世帯等調査結果報告」によると、シングルマザーが自力で稼いでる収入は176万円となっています。 母子家庭就労年収

※参考:平成23年度全国母子世帯等調査結果報告

生活保護や児童扶養手当などの社会保障給付金を利用した平均年収は223万円です。
月15万円以上を捻出するためには、児童扶養手当だけでなく生活保護も受ける必要が出てくるかもしれません。

生活保護ってどうやって受けるの?

「平成23年度全国母子世帯等調査結果報告」によると、母子家庭で生活保護を受給している割合は全体の14.4%です。7人に1人が受給している計算になります。
生活保護を受けるには4つの条件があります。

  1. 身内に自分を援助してくれる人がいない。
  2. 車や土地などの資産を所有していない。
  3. 働いても生活が苦しい。
  4. 他の制度を活用しても生活が苦しい。(雇用保険・健康保険・念各種年金・児童扶養手当など)

以上の4つの条件に当てはまっていれば生活保護を受けることができます。
生活が苦しければ、生活保護を受けることで生活が多少は楽になります。

離婚届はいつ出せばいいのか知りたい。

離婚届は役所に転出届や転居届を出しに行くときに同時に出してしまうのが、手間がなくおすすめです。転出するときに必ず転出証明書を受け取りましょう。転入届を提出する時に必要になります。

法務省の離婚届の提出先は「本籍地または所在地の市役所、区役所又は町村役場」と記されています。つまり、どこの市役所に提出しても問題ないということです。しかし、その時には戸籍謄本が必要になります。
離婚届も婚姻届けと同じく24時間365日受け付けています。

引越し準備は何をすればいいのか知りたい。

結婚後に購入した家具や、家電などの家財道具は夫婦二人の財産として、財産分与の対象になります。
そのため、荷造りをするときや不用品の処分をするときは自分と相手の荷物をしっかり分けてから片づけるようにしましょう。
俺のを勝手に捨てやがって!というトラブルにもつながりかねません。

役所に届け出る手続きは何があるのか知りたい。

引越しの準備と並行に役所に手続きをしに行きましょう。
引越し14日前から転出届の提出を受け付けているので、早めに提出をしましょう。同一県内の引越しなら転居届の提出が必要です。

離婚をして、給料の少ないパートタイムから正社員に移ろうと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。その場合は失業保険申請を早めに行いましょう。離婚の場合はやむを得ない事情として、すぐに失業保険金をもらうことができます。

また、子供と一緒に引越しをする場合、転校手続きもしなければなりません。転校手続きは、在籍中の小学校で在学証名称と強化証給付証明書をもらい、教育委員会で転入学通知書をもらわなければなりません。それらを転入先の学校に提出することで転校手続きは完了です。
どのほかにも、はがきや郵便物の転送届や、免許書の住所・氏名変更も行わなければなりません。引越しに伴う手続きは大量にあるので、事前にしっかり確認しましょう。

子供へのケアをどうすればいいのか知りたい。

離婚した時に一番心配なのが、子供の心の変化です。
離婚は子供にとっては大きな環境の変化で、対応によっては心に大きな傷を負ってしまいます。
一番いけない対応は子供に嘘の離婚の理由を伝えることです。
子供といえども一人の人間です。意外と物事を理解しているので、嘘をつくのではなく、素直な本当の気持ちを伝えましょう。
これからの生活を一緒にするあなたの大事な家族なのですから。

急いで引越し見積もりを取りたい。

引越しの見積もりは一括見積もりで依頼することをお勧めします。複数の業者を比べることで値引き交渉がしやすくなり、最初の言い値よりも半額の値段で引越しをすることができます。また、一度情報を入力すれば複数の業者から大体の見積もり料金の電話がくるので、すぐに見積もり依頼をすることができます。そのため、DVや嫌がらせなどが理由で今すぐに引越しをしたいという方にもおすすめです。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越しの理由ランキング!男女別・トラブル時の引越し事情ベスト3

「本当の引越し理由は言いづらい…他の人はどんな理由で引越すの?」 「…

転居は大変?引越しする前に知っておきたいこととは

人生の大きな節目にもなる引越し。一度も経験したことがない人がいる一方、何度も経験してきた人もいるの…

引越しを最短で入居できる日数は?最短引越しの手順やポイントまとめ

「来週まで引越さなければならない…最短で何日かかる?」 「最短で引越せ…

初めての引越しと一人暮らし!やるべきことや失敗しないための注意…

初めての一人暮らしには期待することが多いですよね。家族に干渉されずに済む、好きなものを食べられるな…

引越しがめんどくさい時に… 準備や必要な手続きを楽にする方法まとめ

いざ転居するとなると、荷造りや手続きなどがめんどくさく感じられるものです。準備をしようと思っても、…