離婚のため引越しが必要になったら?離婚手続きと引越し費用について

引越しの訪問見積もり時のお茶… そもそもお茶は出さないとダメ?の画像
離婚が決まったら、どのような手続きが必要なの?
引越しの準備はいつから始めるといいのかな…

離婚に関する手続き、引っ越し準備が重なると、思うように進めることができずに焦ってしまいますよね。

この記事では、離婚後スムーズに新生活に移れるよう、各種手続きについて紹介しています。

離婚後に生計が立てられないと思ったら、自立までの期間は国の支援制度を頼るのもいいでしょう。児童扶養手当など、ひとり親家庭を経済的に助けてくれる制度もあります。

急いで引越ししたい、引越し費用を抑えたいなら、一括見積もりサービスを利用するのも手ですよ。
離婚のため引越しが必要になったら 

  1. 離婚に際して必要な手続きを確認し、離婚届を出すタイミングを知る
  2. 離婚や引越しに際して必要な手続きを行う
  3. 児童扶養手当など、ひとり親家庭を支援してくれる制度を調べる
  4. 一括見積もりサイト」で複数業者の引越し費用を比較する

引っ越しするなら一括見積もりを検討してください。希望日時や引っ越し先を入力するだけで候補の引っ越し会社の一覧が出ます。
あとは条件や金額を比較して選ぶだけなので簡単に決められます。

※2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

楽天銀行スーパーローンに申込

離婚が決まった後に必要な手続きは?

離婚を決意し、相手に伝えたら、以下のことを話し合います。

1 親権・養育費

2 財産分与

3 慰謝料

4 年金分割

夫婦間で話し合いが決着すれば協議離婚が成立、離婚届を出すことになるでしょう。

話し合いが難航した場合は、家庭裁判所で調停離婚や審判離婚にのぞむことになります。家庭裁判所の審判に納得いかなければ、離婚訴訟を起こすこともできます。

訴訟については裁判所のHPを参考にしてください。訴訟を起こすことになれば、手続きがより面倒になるだけでなく、時間もかかってしまうでしょう。

離婚届を提出するタイミング

離婚届は、当事者の本籍地または所在地で提出します。市区町村役所の戸籍担当が窓口です。

協議離婚の場合は、いつでも受け付けてもらえます。夜間や休日、年末年始でも届出が可能です。

裁判所を介して離婚が成立した場合は、調停や和解、審判、裁判の確定日から10日以内の提出が必要なので注意しましょう。

協議離婚の場合、窓口へは以下のものを持参します。

1 離婚届

2 戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)※所在地以外に本籍がある場合

3 印鑑

4 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)

裁判所を介して離婚が成立した場合は、他に調停調書の謄本、判決書の謄本と確定証明書といったものが必要となります。

協議離婚であれば、離婚届を提出するタイミングで、住所変更届(市外へ引越すのであれは転出届)もできるとスムーズです。数日や1週間のうちに離婚が成立する場合もあるので、窓口を訪れる回数をなるべく減らせるといいですね。

その他の手続き

離婚にともない、離婚届の他に以下の変更手続きが必要になります。

1 国民健康保険

2 国民年金

3 マイナンバーカード(あるいは通知カード)の氏名変更

離婚後ひとり親世帯となるなら、児童扶養手当や児童手当、ひとり親家庭等医療費助成など、各支援についての手続きも必要でしょう。

児童扶養手当や、ひとり親家庭への貸付制度については、「児童扶養手当は引越し時に手続きが必要!子どもに関する手当の注意点」も参考にしてください。

離婚後に生活保護制度を検討するなら窓口へ

離婚後、ひとり親家庭になれば、経済的な自立が困難になる人も少なくありません。どうしても家庭や子どものことに時間的労力が割かれるため、収入条件を優先して仕事を決めることができないからです。

自分たちの収入では生活が成り立たない場合は、生活保護を受給することも検討してみましょう。生活保護制度は、経済的自立を目指す家庭を支援してくれます。

生活保護を受給するにあたっては、土地や家屋などの資産は売却して生活費にあてることなど、条件が設定されています。生活保護制度については、厚生労働省のHPを参考にしてください。

まずは居住地域の福祉事務所に相談してみましょう。

転居にともなう手続きとタイミング

引越しをする場合、以下の手続きが必要です。

1 世帯主変更届

2 転出・転入届(あるいは住所変更届)

3 運転免許証・パスポートの書き換え

4 印鑑登録の変更

転入届は引越し後14日以内が期限で、提出が遅れると過料(最大5万円)が課せられることもあります。子どもの転園や転校に関する手続きも、早めに済ませたいですね。

引越しは一括も積もりサービスを賢く利用

急に離婚が決まって急いで引越ししなければならない、引越し費用をなるべく抑えたいという人は、一括見積もりサービスを利用するといいでしょう。

サイトに旧居と新居の住所、運んでほしい家具や荷物を入力すると、1分ほどで複数の引越業者から見積もりのメールが届くので便利です。複数の見積もりから、費用が安いものを選ぶといいでしょう。

メールでの見積もり後、訪問見積もりに対応してくれる引越業者もあります。正確な荷物の量を伝えづらいという人は、訪問見積もりにも着てもらうとよいですね。

【離婚のため引越しが必要になったら】

  • 離婚に際して必要な手続きを確認し、離婚届を出すタイミングを知る
  • 離婚や引越しに際して必要な手続きを行う
  • 児童扶養手当など、ひとり親家庭を支援してくれる制度を調べる
  • 一括見積もりサイト」で複数業者の引越し費用を比較する

2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

楽天銀行スーパーローンに申込

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年2月現在、クロネコヤマトは家族向け及び法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

【永久保存版】引越業者&便利屋!価格・サービスを徹底比較

「引っ越し作業って便利屋にお願いできるの?」

長距離引っ越しの人必見!コンテナ便の料金相場・おすすめ引越業者…

「コンテナ便って、トラック便よりも安く運んでくれるの?」

引越し後の保険証って住所変更手続き必要?注意すべきポイントとは?

「引越し後に保険証って住所変更すべき…?」 「保険証って住所変更したら…

同棲の引っ越し費用を少しでも安くするなら一括見積もりがおすすめ

「同棲するのは楽しみだけど、引越しは大変そう…」

引越しの吊り上げ費用はいくら?料金相場と安く抑える方法まとめ

「引越しで吊り上げ作業が必要になるのはどんなとき?」 「吊り上げ作業の…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホ完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

アイフル

  • 初めてなら最大30日間無利息
  • 最短1時間で融資可能

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧