同一市内に引越しをする際の費用相場と費用を安くする方法をご紹介

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

同一市内に引越しをするときの費用相場

生活圏は変えたくないけれど、気分を変えるために市内で引越しをしたい。あるいは隣人の物音がうるさいので引越しをしたい。そんなとき気になるのが同一市内での引越し費用です。遠くへの引越しより費用は少なくて済みそうですが、いくらくらいかかるのでしょうか?

今回は同一市内での引越しについて解説していきます。

まず、同一市内と言っても、ほんの500m先の近所の場合と20㎞程度離れている時があります。この場合、料金に違いが出るかと言えば、結論はあまり変わりません。引越しの料金は人件費、ガソリン代、荷物の多さ、かかる時間で決まるからです。

500mの場合も20㎞の場合も、上記についてほとんど差は出ません。よって、引越し費用に差が出ないのです。

では、同一市内の引越しはどれくらい費用がかかるのでしょうか。~20㎞の引越しの場合

ひとり暮らしの場合
通常期 平均30,000円~50,000円程度
繁忙期 平均60,000円~80,000円程度
夫婦二人の場合
通常期 平均40,000円~70,000円程度
繁忙期 平均75,000円~150,000円程度
家族三人の場合
通常期 平均60,000円~90,000円程度
繁忙期 平均100,000円~200,000円程度

繁忙期の方が、1.5倍~2.0倍引越し料金が高いことが分かります。

ひとり暮らしの場合だと、2tトラック1台、作業員2名として計算しています。

同一市内に自力で引越しした時の費用

同一市内なら、自力で引越しをするというのも選択肢の一つです。自家用車を持っていれば、引越し先の鍵を前もって貰える場合、小さい荷物を自分で運ぶことができます。
そして、引越し当日は、引越しに向いているハイエースか軽トラックをレンタルするのです。

ハイエースのメリットは何といっても運転しやすいことです。荷物も沢山入り、ダンボール箱だと80個程度は入ります。ただし、長いもの、たとえば冷蔵庫などは入らないというデメリットもあります。

軽トラックのメリットは、ハイエースに比べれば劣りますが、それでも運転がしやすいことです。荷物はダンボールだと50個程度です。長いものが積めるというメリットがあります。デメリットとしては、幌が付いていないタイプだと、雨の日には荷物が濡れてしまうことです。

ハイエースのレンタルの相場は以下の通りです。

6時間 12時間
日産レンタカー 17,000円 21,000円
ニッポンレンタカー 11,000円 14,000円
トヨタレンタカー 9,700円 12,000円
ニッポンレンタカー 6,000円 7,000円

軽トラックの場合は

6時間 12時間
日産レンタカー 17,000円 21,000円
ニッポンレンタカー 11,000円 14,000円
トヨタレンタカー 5,400円 5,400円
ニッポンレンタカー 3,600円 3,900円

12時間借りて、1万円前後見ておけばよいとわかります。ただし、引越しの繁忙期(3-4月)には予約が一杯になり、借りられない場合もあるので余裕を持って予約しておく必要があります。

また、梱包のためのダンボールのレンタルは1枚130円程度、車から住居にダンボールを運ぶ際に便利な台車のレンタルは1,000円程度です。これらを諸経費として5,000円程度は計算に入れておくことです。

もちろん、手伝ってくれた人へのお礼を忘れてはいけません。

同一市内の引越しでも業者によって差が出るのか

同一市内の引越し料金はどこの業者でも同じかと言えばそうではありません。会社の規模、トラックの空き具合によって変化します。1つ1つの業者に電話をして見積もりを取るのは面倒なので、一括で見積もりが取れるサイトを利用することにより手間が省けます。

同一市内を安くする方法

同一市内の引越し費用をなるべく安くする方法は、まず、自分の荷物を減らすことです。引越しを機会に要らなくなった服や家具を処分するのです。家具に関してはリサイクル業者に買い取りを依頼すれば、たとえ査定が0円でも無料処分してくれる場合があります。

引越し会社については、先ほど述べたようにまず複数会社の見積もりを取り、その中から費用の安い業者を選ぶことです。このとき注意しなければいけないのは、引越し料金本体に何が含まれるか、ということです。ダンボールやガムテープ、緩衝材は無料レンタルしてくれるか、そうでないのか、またオプション料金はどうなっているかです。

オプション料金とは、洗濯機やエアコン、テレビの設置等です。引越し料金本体は安くても、オプションが高い業者があるので注意が必要です。

ひとり暮らしなら、単身パックの利用も選択肢に入ります。単身パックとは、専用のボックスに荷物を詰めて、他の人の荷物と一緒に送る、という仕組みです。引越し専用にトラックをチャーターせずに済み、専用の作業員を用意せずにすむため、安い料金でサービスを提供してくれます。

たとえば、クロネコヤマト引越しセンターの単身パックminiを使えば、最安値で13,650円で引越しが行えます。これだと、自力引越しとほとんど料金が変わらないほど安く済みます。

その他引越し費用を安く上げる一般的な方法として、繁忙期は避ける、平日の午後便を利用する、早割・インターネット割引を利用するなどの方法が挙げられます。

特に単身の場合、同一市内の引越し費用は工夫すれば安く上がる場合が多いので、

  • 引っ越し業者での引越し<
  • 運送会社や運送会社系引越し会社での単身パック
  • 自力での引越し

この3つで検討して、自分の納得できる引越し方法を選びましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!…

4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さ…

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越…

母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな…

単身赴任の引越しで料金を安くするには、業者を競わせる!

「単身赴任で遠隔地で働くことになった……」 「引っ越しをしなければいけないけれど、いくらくらいかかるか…