9月の引越し、繁忙期で料金相場は高い?なるべく安く済ませる方法も紹介

9月の引越しはナンセンス?意外と繁忙期で料金相場も高い!の画像

「転勤で9月に引越しをすることになった…」
「10月が始まる前に引越しを済ませたい」

9月は、10月から新しい部署に異動する会社員や、新学期を迎える大学生の移動が増える時期といわれています。

この記事では9月の引越し料金や、9月に引越しをするメリット・デメリット、9月に引越しを進める際の注意点などを紹介します。

9月に引越す際のポイント
  • 9月中旬以降は、比較的料金が高くなる
  • 9月の祝日前後も料金が高くなりやすい
  • 平日(火曜、水曜、木曜)は安くなる可能性がある
  • 無料の一括見積もりサイトで安い引越業者を比較しよう

引っ越しするなら一括見積もりを検討してください。希望日時や引っ越し先を入力するだけで候補の引っ越し会社の一覧が出ます。
あとは条件や金額を比較して選ぶだけなので簡単に決められます。

※2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

9月の引越しの相場 中旬以降は繫忙期並みの料金になることも

9月の料金相場の目安

単身の引越し(荷物少なめ)
近距離(50km未満)   上旬 30,000円  下旬 45,000円
中距離(200km未満) 上旬 40,000円  下旬 47,000円
遠距離(500km以上) 上旬 55,000円  下旬 53,000円
2人世帯
近距離(50km未満)   上旬 60,000円  下旬 82,000円
中距離(200km未満)   上旬 75,000円  下旬 100,000円
遠距離(500km以上)   上旬 147,000円  下旬 130,000円
4人世帯
近距離(50km未満)   上旬 105,000円  下旬 130,000円
中距離(200km未満)  上旬 120,000円  下旬 175,000円
遠距離(500km以上)  上旬 210,000円  下旬 230,000円

料金が高くなるのは…

  • 中旬・下旬は日によっては料金は繁忙期並み
  • 祝日前後は引越し料金も高くなりやすい
  • 大安の日、9月15日を過ぎた金曜・土曜・日曜、祝日とその前後は高くなりやすい

引越しの際は、土日や祝日をうまく活用して準備を進めたいですよね。9月は祝日が2日あります。

人気の時間帯はやはり午前中。午前中は混むので、料金も高めになります。

昼前に荷物をすべて運び入れ、午後はゆっくり荷ほどきにあてられるので、人気が高いのでしょう。

午後から夕方にかけては、料金は安くなっていきます。近距離のの引越しなら、引越業者の到着がいちばん遅い便を予約するとお得でしょう。

また、料金が高いのは祝日やその前後です。中旬以降も平日なら安く引越せる可能性があります。

高いと思って9月の引越しをためらっていると、10月はさらに高くなってしまいます。次に紹介するポイントを見ながら、9月中になるべく安く引越しましょう。

9月の引越し料金をおさえるための方法

9月の引越し料金をおさえる方法

  • 9月の上旬は比較的安い。9月15日頃までは通常の料金設定
  • 安くなりやすい曜日は火曜、水曜、木曜
  • 料金が安くなる「混載便」や「フリー便」の利用も検討する
  • 無料の一括見積もりサイトで複数の引越業者を比較してみよう

9月は上旬の平日、特に仏滅が狙い目です。

単身者であれば、「単身パック」を利用しましょう。近距離の引越しなら、フリー便がおすすめです。

車を運転できる人で、且つ近距離の引越しなら、自分で運べるものは運んでしまうのも手でしょう。遠距離は難しいですが、往復30分程度の距離なら可能です。

重いものや家電製品は引越業者に任せて、衣類の段ボールなどは自分で運ぶと、いくらか引越し費用を安くできます。

また、引越し費用を安くするために、「フリー便」を利用するという方法もあります。

ただし、フリー便はいつ・何時ごろ引越しのトラックが新居に到着するかわかりません。引越業者が手の空いた時間に対応するためです。

フリー便は遠距離でない限り、繁忙期になると1日数件の引越しを請け負います。指定された時間の作業の合間や、作業を終えた後にフリー便の荷物に取りかかるのです。

場合によっては午前中から午後にかけてトラックが到着することもありますが、ほとんどは午後遅くになるようです。そうなると、引越しの搬入作業が終わるのは夕方頃でしょう。

まずは無料の一括見積もりで安い引越し業者を探しましょう。

一括見積もりしてみる

9月の引越しの注意点

9月上旬であれば、引越料金は比較的安く済む可能性があります。しかし、この時期の日中の暑さは、8月とさほど変わりません。

暑いなかの引越し作業は、体力を消耗してしまいます。搬入作業と同時にエアコンを設置する、荷ほどきは夜に行うなど工夫して、なるべく涼しい環境下で作業を進めましょう。

また、9月は日暮れが早くなります。照明を設置していないなか作業を進めるのは大変なので、搬入が夕方以降となる場合は、懐中電灯などを用意しておくとよいでしょう。

2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年2月現在、クロネコヤマトは家族向け及び法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

引越しの際のエアコン移設の費用相場と費用をおさえる方法

目次エアコン移設の費用相場って?エアコンの移設で追加料金が発生するときエアコンの移設を専門業者に依頼したときの費用エアコンを処分する時の費用エアコンを自分で取り付け・取り外しできる?エアコンの引越しを ...

12月の引越しは穴場?年末年始の前になるべく安く引越す方法

「12月引越しの料金相場っていくらなの?」 「12月引越しって、高いのかな…

10月の引越しは高い?安い?単身・家族の平均相場と引越業者選び

「10月に引越し考えてるけど、費用はどれくらいかな?」 10月は…

3月の引越し代は閑散期の相場の2倍?少しでも安く引越す方法

「3月の引越しって、やっぱり高いの?」 …

12月までに引越したい!11月の引越し料金相場や費用が高くなる日

「11月の引越し料金っていくらくらい?」「12月までに安く引越しできな…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

アイフル

  • 初めてなら最大30日間無利息
  • 最短1時間で融資可能

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事