7月の引越しは平均相場より50%以上安くなる?その理由と注意点

7月の引越しがお得な理由

「閑散期の7月引越しっていくらぐらいなの?」
「夏の引越しって大変そうだけど大丈夫?」

実は、7月に引越しを検討している人って意外と多いです。
夏のボーナスが入ったり、梅雨明けの閑散期に安く引越しをしたいという希望が現れているようです。

真夏の引越しは料金が安い分、健康面で十分な注意が必要です。
また、3月と比べて希望の物件がなかなか見つからない場合もあるでしょう。

今回は、7月の引越しがお得な理由と、真夏に引越しを行う上で注意すべきポイントをまとめています。

7月の引越しがお得な理由と注意ポイント

  1. 7月後半から引越し料金が高くなる可能性がある
  2. 好みの物件に出会えるチャンスは減るが、初期費用の交渉次第でだいぶ安く物件が見つかる
  3. 暑い真夏での引越し作業となるため、熱中症対策は必要
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して最安値をすぐ把握してみる

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

7月の引越しの相場が知りたい!一番安くお得に引越しができる方法

7月の引越しを安くする方法

7月は夏休みに入る後半から、引越し料金が高くなります。上旬でも大安と土日はやはり高めの設定になっています。

夏休みに入る前、7月の20日までの平日で仏滅の日が、一番安くなります。特に7月の上旬はまだ梅雨のシーズンなので、引越し業者は暇ですから、交渉次第で引越し料金も安くなります。

7月の上旬は6月と同じくらい安い金額です。下旬につれて少し平均相場が上がる可能性もあります。

単身(荷物は少なめ)
近距離(50Km未満) 平均 40,000円
中距離(200Km未満) 平均 45,000円
遠距離(500Km以上) 平均 55,000円
2人世帯
近距離(50Km未満)  平均 80,000円
中距離(200Km未満) 平均 100,000円
遠距離(500Km以上) 平均 150,000円
4人世帯
近距離(50Km未満) 平均 130,000円
中距離(200Km未満) 平均 175,000円
遠距離(500Km以上) 平均 230,000円

7月下旬以降の相場平均になりますが「一括見積もり」で実際はこれより安くできます。

今すぐ無料で最安値を確認

7月の引越しってどうなの?7月引越しのメリット&デメリット

7月の引越しのメリットとデメリット

7月の引越しは料金が安く希望通り引越しができるというメリットもあれば、実はデメリットも複数存在します。以下、メリットとデメリットをまとめました。

<7月の引越しのメリット>

  • 賃貸物件を探すのに、比較的ゆったり探すことができる
  • 物件の初期費用などの交渉ができる
  • ボーナスなどの支給で金銭的に余裕ができる

何よりも、引越し費用もそうですが賃貸物件の初期費用がぐっと安くなる可能性が非常に高いのが最大メリットです。

<7月の引越しのデメリット>

  • 前半なら梅雨で、梅雨明けからは猛暑が続く
  • 熱中症などの健康面のリスクが生じる
  • 引越し後すぐには冷蔵庫が使えないので、食品管理が大変

引越し料金を安くしたいなら、出来るだけ7月の上旬にすべきでしょう。下旬になると費用も上がる可能性もあり、また健康面でのリスクも発生します。

7月に引越しがしたい!繁忙期以降の物件を探すときに3つの注意点

7月の引越しに物件の探し方

7月に部屋探しをするとき、優良物件はあまりないと覚悟する必要があるでしょう。

新築物件などあればいいのですが、3月に比べるとこの時期は、条件の良い物件は埋まっている可能性が高く、希望の物件が見つからない売位もあります。

まずは、不動産屋を通して大家さんに値下げ交渉をしてみてください。

繁忙期までに埋まらなかったことで、大家さんとしては早く誰かに入居して欲しいと思っています。礼金なしや家賃下げなどの交渉にも応じてくれる可能性が高いです。

また、部屋を内覧するときの時間は「午後」にしましょう。午後から夕方までの夏の日差しがどう当たるか、よく観察してください。

夏に日当たりの良すぎる部屋は、光熱費がかかります。最近の夏は暑いので、日中閉めきった部屋の暑さはかなり高温になりますので、夏の日差しが良すぎる部屋には入らない方がいいです。

7月の引越しが決定!真夏の7月に引越しをする際の注意点とは?

7月引越しの注意点

7月の引越しは、暑さとの戦いです。熱中症対策のためにも、エアコンはすぐに使える状態にしておくのが望ましいでしょう。

賃貸物件などでは、すでにエアコンが設置されているものがあります。新築物件など、もしエアコンのない物件に引越しするのなら、至急設置すべきです。

遠距離では無理でしょうが、近くへの引越しならできるだけ早い時間にスタートして、午前中に終わるように工夫しましょう。午後の一番暑い時間に、作業しなくていいようにしたいものです。

【7月の引越しがお得な理由と注意ポイント】

  1. 7月後半から引越し料金が高くなる可能性がある
  2. 好みの物件に出会えるチャンスは減るが、初期費用の交渉次第でだいぶ安く物件が見つかる
  3. 暑い真夏での引越し作業となるため、熱中症対策は必要
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して最安値をすぐ把握してみる

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」 「12月引越しって…

引越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引越しの準…

引越しを平日に行うだけで最大50%も安くなる?料金を安くお得に!

「引越しって土日より平日が方がお得なるのはなんで?」 「繁忙期でも平日…

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事