6月に引越しを何故多くの人はしないのか…6月を薦める理由と注意点

6月に引越しを何故多くの人はしないのか…6月を薦める理由と注意点

「引越しは時期ごとに料金が違うらしいけど、結局いつやるのが一番賢いの?」
「引越しを6月にするのってやっぱり大変なんじゃないの?」

このように、引越しの時期を繫忙期の3~4月からずらすことで料金を安くしたり、スケジュール調整をしやすくしたいと考える方も一定数いると思います。

ここではこうした方々のために、1年の中でも6月に引越しをするメリットとデメリット、そして6月ならではの注意点についてまとめています。

この記事のまとめ
  • 6月は1年の中で1番料金が安い
  • 業者とのスケジュール等の調整がしやすい
  • 安さにこだわりたいなら、無料の一括見積もり値引き交渉
  • 梅雨の時期と被るため雨・湿気・熱中症対策が必要

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

6月の引越しの相場一覧…お得な6月のうちに引越すのが賢い選択!

6月は、人々が移動することがほとんどなく、梅雨に入り雨が多いので、引越しに向かないシーズンです。

そのため6月は1年で一番、引越し相場の安い季節となります。以下の金額表は、あくまでも平均的な値段です。

中小の業者などを使ったり見積もりを取ったりすると、ここからさらに値引きしてくれるでしょう。

単身(荷物は少なめ)
近距離(50Km未満) 平均 30,000円
中距離(200Km未満) 平均 40,000円
遠距離(500Km以上) 平均 55,000円
2人世帯
近距離(50Km未満)  平均 60,000円
中距離(200Km未満) 平均 75,000円
遠距離(500Km以上) 平均 147,000円
4人世帯
近距離(50Km未満) 平均 105,000円
中距離(200Km未満) 平均 120,000円
遠距離(500Km以上) 平均 210,000円

ちなみに、6月は祝日がありません。そのため料金が高くなるのは、土日と大安だけです。つまり、平日の仏滅が一番安くなります

6月引越しのメリットデメリット…これを知らないとあなたは損する!

メリット

それでは6月に引越しをするメリットについて見ていきましょう。

     

    6月に引越しをするメリット

  • 引越し料金が安い
  • 業者が部屋探しに丁寧に応対してくれる
  • 値段交渉がやりやすい
  • 業者のスケジュールが空いていて思い通りに引越し計画が立てられる

引越し料金が安いというのが、なによりものメリットでしょう。

また、料金が安いだけでなく業者もスケジュールが空いていることが多いので、思い通りに引越し計画が進められます。時間指定も守られることが多くて助かります。

デメリット

正直なところ、デメリットも多いのが6月です。

     

    6月に引越しをするデメリット

  • 梅雨の時期と被る
  • 晴れても熱中症の危険性が高い
  • 祝日が無い

部屋を見るといっても、雨では日照の具合がわかりません。やはり晴れた日に、日当たりや窓からの風景など確認したいものです。

気候的にはかなり暑くなっている時期ですから、天気が良くなっても引越し作業中の熱中症に注意してください

6月の引越しを安くする方法…安くせざるを得ない業者の事情も?

6月の引越しを安くする方法…安くせざるを得ない業者の事情も?の画像

引越し業者も暇だからといって正社員を減らすわけにはいきません。引越し用のトラックは、使わなくても整備しておく必要があり、出来ることなら引越し会社も、休みなく仕事が欲しいはずです。

7月になれば夏休みに入り、家族での引越しなども増えます。それまでの間、社員を待機させておくだけではもったいないため 6月は料金的に値引き交渉が可能になるのです。

最初は1社だけと交渉せず、何社か見積もりを取ってください。その後は気が引ける方も多いかと思いますが、ぜひ値引き交渉をやってみましょう。

交渉によってかなりサービスしてくれます。

また、

6月の平日で仏滅の日を選び、早めに予約をするのがコツです。

無料の一括見積もりスタート

6月の引越しならではの注意点…6月は梅雨の時期でもある…

6月の引越しならではの注意点…6月は梅雨の時期でもある…

梅雨時の引越しには注意が必要です。注意点をあげますので、参考にしてください。

1.引越す前に新居ですること

荷物を運び入れる前に新居に入れるなら、まずバルサンで虫除けしましょう。

その後で換気が必要ですが、雨が降っているようならエアコンを使用して空気を入れ換え除湿します。そして押し入れやクロゼットに除湿剤を置いておきましょう。

2.雨天時の場合

最近はゲリラ豪雨など、台風並みの雨が降ることがあります。そういったとき、引越しを実行するのか、または他の日に移動は可能なのか、業者に確認しましょう。

後からキャンセル料を請求されたりして、もめないようにしてください。小雨程度なら、ほとんどの業者は実行します。

引越しを実行すると決めたら、防水対策をします。

ホームセンターで気泡緩衝材(通称プチプチ)と大きめのゴミ袋を購入しましょう。それで衣類や本などの濡れては困る荷物を、段ボールの上から防水してください。

また、このとき引越し業者にどの程度の防水処理をするのか聞きましょう。業者によっては、防水シートで家具をカバーしてくれます。

3.引越し後は除湿

荷物を運び込んだら、乾いた雑巾やペーパータオルで、徹底的に水気を取ります。電気製品は濡れていないか、念入りに点検しましょう。そしてエアコンで除湿します。

翌日晴れたら、窓を開けて換気ができますが、雨が降っている間は少々電気代がかかっても、エアコンで除湿しましょう。

こもった湿気が原因で、思わぬところにカビが生えますから、梅雨時の引越しは除湿が重要です。

この記事のまとめ

  • 6月は1年の中で1番料金が安い
  • 業者とのスケジュール等の調整がしやすい
  • 安さにこだわりたいなら、無料の一括見積もり値引き交渉
  • 梅雨の時期と被るため雨・湿気・熱中症対策が必要

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…

引越しをするなら1月がおすすめ!料金相場や注意点のまとめ

「契約終わるし良い物件があれば引越したい!」 「繁忙期の前に引越すと50…

狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」 「12月引越しって…

8月の引越しは損だらけ!?見積もり費用を絶対に安くできる方法

「8月に引越したいけど料金っていくらぐらいなの?」 「8月に引越すって縁…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事