5月の引越しの相場と料金を安くする方法について解説!

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

5月の引越しの相場

単身でも2人世帯でも、部屋の広さによってはそんなに荷物の量は変わりません。部屋が狭ければ、最低必要な家具だけで暮らしますが、広くなるといろいろものはふえてしまうものです。

間取りによる引越し料金の相場について、2人世帯で調べてみました。

近距離(50Km未満)  ワンルーム  43,000円
           1K・1DK  53,000円
           1LDK・2K・2DK  72,000円
           2LDK・3K・3DK  75,000円
           3LDK・4K  75,000円

中距離(200Km未満) ワンルーム  50,000円
           1K・1DK  56,000円
           1LDK・2K・2DK  72,000円
           2LDK・3K・3DK  95,000円
           3LDK・4K  95,000円

遠距離(500Km以上) 1K・1DK  138,000円
           1LDK・2K・2DK  140,000円
           2LDK・3K・3DK  155,000円
           3LDK・4K  156,000円
5月の引越しは、ゴールデンウィークを除いて通常料金です。15日を過ぎると、安くなる業者もあります。

5月の引越し料金が高くなる日は、ゴールデンウィークを含む前半の15日までです。
後半も土日はやはり高くなります。
5月の引越し料金が安くなる日は、15日以降の金土日を除く平日です。特に仏滅は安くなります。

5月引越しのメリットデメリット

仕事や進学の関係で、引越しは2月から4月に集中します。その後に引越すとしたら、仕事が休みで片付けもはかどるゴールデンウィークとなるでしょう。

引越し業者としては、忙しさも落ち着いた15日過ぎ、今度は仕事を探す状態になっています。5月の後半、平日で仏滅の日が、安くなる狙い目の日です。引越し業者に交渉し、何社か見積もりを重ねれば、思わぬ安さで引越しができるかもしれません。

ゴールデンウィーク中の引越しは、繁忙期の2月から4月と同じだけの料金がかかります。4人家族で中距離の引越しの場合、30,000円から40,000円近く違いがでてしまいますから、料金の面ではおすすめできません。

しかも主要な道路は渋滞しているので、高速道路など使用しても、指定した時間内に引越しトラックが到着する保証はありません。逆に自分たちも、新居までたどり着けない可能性があります。

そうなるとさまざまなトラブルのもとになりますから、渋滞情報などはしっかりチェックしておきましょう。

5月の半ばまでは、一年で一番の引越しラッシュシーズンです。4月までに引越しを終えられなかった人は、ゴールデンウィークに引越しを終えます。ところが15日を過ぎると、途端に静かになってしまうのが5月です。

ほとんどの会社も4月までに人事異動は終えていますから、急な引越しをこの時期に命じられることはありません。学生は2月から4 月にかけて、引越しを終えているでしょう。

新居の物件をさがすのにも、5月はいいシーズンです。4月に住人が退去した後、空いたままになっている優良物件があります。大家さんとの交渉次第では、礼金などの割引があるかもしれません。

5月の引越しを安くする方法

・単身パックを利用する
単身の引越しで荷物が少なかったら、単身パックがお得です。業者指定のコンテナに入るだけの荷物しか運べませんが、15,000円前後の値段なので、通常の引越しの半額から3分の1ですみます。

・仏滅に引越す
昔から仏滅には引越しなどしないほうがいいと言われていますが、さらに細かくいえば5月の引越しも仏教では禁じられています。5月は祭事の季節なので、引越しはいけないのだそうです。

引越す本人にこだわりはなくても、身内のお年寄りのなかには気にする人もいるかもしれません。その日はやめておいたほうがいいとなって、選ばれない日にちこそ狙い目です。業者に値下げ交渉をするにも、最適の日です。

・引越しの帰り便を利用する
中距離から長距離の引越しになると、引越し業者にとっては帰りのガソリン代などが無駄になります。もちろん引越し料金の中に含まれていますから、損をするというわけではありませんが、できれば有効に利用したいところでしょう。

引越そうとするとき、この帰り便を利用すると料金はかなり割引になります。ただ日にち指定などはできないこともあるので、業者とよく打ち合わせておく必要があります。

5月引越しで物件を探すときの注意点

引越しシーズンの後の5月後半となると、借りるには有利になります。空いている物件は、次に移動のある秋頃まで空いてしまう可能性があるので、大家さんにしてみれば入居して欲しいと思っているでしょう。

気に入った物件が空いていたら、初期費用の割引など交渉してみましょう。礼金や敷金だけでなく、家賃の日割り計算の分も割り引いてもらえば、今の住まいから引越しするまでの間、二重に家賃を支払う必要がなくなります。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」 「12月引越しって…

引越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引越しの準…

引越しを平日に行うだけで最大50%も安くなる?料金を安くお得に!

「引越しって土日より平日が方がお得なるのはなんで?」 「繁忙期でも平日…

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事