会社負担で引越しは出来る?ケース別の注意点やポイントまとめ

会社負担で引越しは出来る?ケース別の注意点やポイントまとめの画像

「転勤が決まったけど、うちはそもそも会社負担が出るのかな?」
「会社負担はあるけど一部だけ…せめて残りの自己負担分は安く抑えたい!」
「転勤多いくせに会社負担が一切出ない…辞めたい…。」

就職・転勤が決まったら誰もが引越しとその費用を考えると思います。

会社負担があるなら助かるのですが、実は転勤による引越しの会社の費用負担について定めた法律や全国的なルールは無く、会社によって異なるのです。

この記事ではそれぞれの会社負担の確認の仕方注意点、さらに引越しそのものの料金を安くする方法についてまとめています。

引越し(会社負担)のポイント

 

  1. 引越し費用の会社負担は法律では定められていない
  2. 一律の金額を支給される場合と

    各種手当として実費(旧居から転居先までの運搬料金、トラックのチャーター費用、人件費のみ)を支給される場合の2通り

  3. 会社から引越し業者が指定されている場合も
  4. 会社の規定で選択できない・手当が支給されない業者
  5. エアコン取り付け等の電気工事などのオプション料金は個人負担
  6. 移動手段を安価な深夜バスにすると、移動手当分だけでも黒字化できる
  7. 黒字化を狙うなら、無料の一括見積もりで引越し料金を抑えよう

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

会社は引越し費用を負担してくれるのか…法律には定められていない?

会社は引越し費用を負担してくれるのか…法律には定められていない?の画像

引越し費用が会社負担になるかどうかはその会社の就業規則などで定められていることが多く、会社負担か、またどの程度会社が負担してくれるのかは会社によって異なります

とはいえ、転勤といった会社都合によって生じた引越しの場合は全額個人負担となることは少なく、ある程度は会社が費用負担してくれるケースが一般的です。

会社負担の割合などの細かなルールについては、個人により対応が異なるとトラブルになるため一律で就業規則などで定められていることが多いです。

労働組合がある場合は、労働組合との協約に記載されていることもあります。

労働組合の強い会社だと、引越し費用を会社負担してもらえる割合が高いことが多いようです。

引越し費用の会社負担については、法律など全国的なルールがある訳ではありません

それぞれの会社にルール規程が任されているものですので、それぞれの会社の担当者に問い合わせ、確実な情報を得ましょう。

自己負担となる費用

  • 新居で使用する家電や家具代金
  • 自家用車の運搬
  • 特殊な荷物(動植物・ピアノ・美術品など)の輸送
  • 引越し先までの交通費
  • 退去時の壁紙などの修繕費用
  • 会社の規定を超えた分の引越し費用

会社負担となる費用

  • 引越しにかかる費用
  • 新居の敷金・礼金・仲介手数料
  • 新居の入居消毒料・火災保険料・鍵交換費用などの諸経費

また、転勤による引越では会社負担をしてもらえる会社でも、新入社員が就職するときに引越しが必要な場合は会社負担にならない場合が多いです。

新入社員の方々は、就職に伴い引越しが必要になると事前に判っているなら、内定をもらった時点で引越し費用の会社負担やその金額について確認をとっておきましょう。

引越しの会社負担は一律か各種手当…安く引越さないと赤字になるかも

引越しの会社負担は一律か各種手当…安く引越さないと赤字になるかもの画像

会社から支給される引越し費用としては、一律の金額を支給される場合各種手当として実費を支給される場合があります。

一律の金額を支給される場合、その引越し距離や引越しが世帯か単身かによって金額が決められているケースがほとんどです。

相場は単身世帯での引越しだと、距離が100km以上でおよそ10万円程度が支給されることが多いようです。

一律金額が支給される場合だと、領収書を提出する必要はありません。

そのため自分で安い引越し業者を見つけることができれば手当で黒字にすることも可能ですが、転勤が多い4月などの引越し繁忙期は赤字になってしまうことが多いです。

どうしても黒字にしたいという方は、引越し業者に依頼せずに個人で引越しをしてみるのも手です。

各種手当として実費(旧居から転居先までの運搬料金、トラックのチャーター費用、人件費のみ)が支給される場合は、事前に手当として支給してもらえる項目をしっかり確認することが必要です。

引越し費用を会社負担にしてもらうときの注意点

引越し費用を会社負担にしてもらうときの注意点の画像

注意点まとめ

  • 会社から引越し業者が指定されている場合がある
  • 会社の規定で選択できない・手当が支給されない業者
  • 個人で引越すと手当が支給されないことも
  • エアコン取り付け等の電気工事といったオプション料金は個人負担
  • 引越し料金とは別に、転勤に伴う移動にかかるお金が移動手当として引越し手当に上乗せして支給している会社も
  • 移動手段を安価な深夜バスにすると、移動手当分だけでも黒字化できる

会社から引越し手当をもらえる場合、会社から引越し業者が指定されている場合があるので注意が必要です。

例えば転勤が多い大きな会社だと、あらかじめ特定の引越し業者と契約を結ぶことで確実に引越しができるように日程を抑えやすくしたり、引越しにかかる費用を抑えたりしているのです。

評判の良い業者や見積もり特典が充実している業者に依頼したい場合でも、会社の規定で選択できない場合があります。

そのため自分で選んだ引越し業者で契約を進めてしまったが、実はその業者相手だと会社からの引越し手当が支給されない、なんてことも考えられますので事前に確認しておきましょう。

また移動にかかる金額は、飛行機を伴う移動の場合は領収書を提出する実費支給が多いですが、陸路移動の場合は新幹線などを用いることを前提として全額支給されることが多いです。

そのため、移動手段を安価な深夜バスにすると移動手当分だけでも黒字化出来ます。

会社負担で引越し…黒字にしたい人向けのたった1つの簡単な方法

会社負担で引越し…黒字にしたい人向けのたった1つの簡単な方法の画像

引越費用を安くするためには、複数の引越し業者に見積もり依頼をしてしっかり料金を比較することが重要です。

引越手当として会社から一律金額が支給される場合、引越し費用を安く抑えることができれば、引越し費用を黒字化することも出来ます。

複数の業者に見積もり依頼をするには、一括見積もりサイトを使うと気軽に行えるので利用してみるのも良いでしょう。

また、引越し費用が実費支給(旧居から転居先までの運搬料金、トラックのチャーター費用、人件費のみ)の場合は会社の規則から手当として支給してもらえる項目と個人負担になる項目を分けましょう

こうすることで、個人負担額が安く抑えられるように見積もりのときに確認することができます。

一括見積もりしてみる

引越し(会社負担)のポイント

  1. 引越し費用の会社負担は法律では定められていない
  2. 一律の金額を支給される場合と

    各種手当として実費(旧居から転居先までの運搬料金、トラックのチャーター費用、人件費のみ)を支給される場合の2通り

  3. 会社から引越し業者が指定されている場合も
  4. 会社の規定で選択できない・手当が支給されない業者
  5. エアコン取り付け等の電気工事などのオプション料金は個人負担
  6. 移動手段を安価な深夜バスにすると、移動手当分だけでも黒字化できる
  7. 黒字化を狙うなら、無料の一括見積もりで料金を抑えよう

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越し費用の節約方法について様々な視点からご紹介

目次料金が安い引越し業者を見つける方法自分にあった安いプランの見つけ方引越し料金を安くするための交渉の方法引越しの荷物を減らす方法引越しの梱包資材を節約する方法引越しの不用品を安く処分する方法引越し費 ...

引越し費用の助成金の種類と所得税への影響について解説!

目次引越し費用は助成金がもらえるの?家族向けの引越し助成金単身者向けの引越し助成金助成金の申請方法助成金の返済はする必要がある?引越し費用の助成金を受け取ると所得税に影響がある? 引越し費用は助成金が ...

引越し費用の平均額はいくら?単身・家族など4つの状況別相場まとめ

「引越しって平均どのくらいかかるんだろう?相場だけでも把握したい!」…

単身引越しはどこが最安値?実は業者選びは料金にあまり関係ない!

「引越し料金のことは正直よく分からないけど…とにかく安い業者にお願いしたい!…

安い引越し業者を探す人必見!単身・家族の費用で損しないポイント

引越ししたいけど安い費用で済ませたい…安い業者ってどこだろう…?