ラクに引越したいなら「おまかせプラン」が断然おすすめ!

引越しは大変な重労働です。慣れない梱包、重い荷物の搬送、掃除だって大変です。そんな悩みを解決してくれるのが引越し業者の「おまかせプラン」です。引越しのわずらわしい作業を担当してくれるので、忙しい方、引越しに不慣れな方にとっては心強い味方となるでしょう。このページでは、そんなおまかせプランについて詳しく説明しています。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

おまかせプランの作業範囲は?

荷造り(梱包)から開梱、掃除まで全部まかせられる?

よく耳にする引越しプランの中でお任せプランという言葉を耳にする機会があると思います。各引越専門業者が得意とする引越し内容で各社ごとにサービス内容も異なってきます。お任せプランとはいったいどういった内容になっているのかを分かり易く説明したいと思います。 引越しの工程は

  1. 荷作り
  2. 搬出
  3. 移動
  4. 搬入
  5. 荷ほどき・設置・開梱

が大まかな流れとなっています。 一般的に引越しサービスは頼んだ業者が

  • 荷物を家から出してくれる
  • トラックに積み込んでくれる
  • 新居に荷物を降ろしてくれる

これが大きな骨組みになっています。

荷物の準備・梱包と荷ほどき・開梱は基本的に利用者がするのが暗黙の了解となっているのですが、お任せプランは通常の引越しの骨組みに加えてワンランク上のサービスをする、つまり荷物の梱包と開梱までしてくれるサービスとなっています。

引越しはどの作業を取ってみても非常に大変です。中でも素人には非常に難しい「搬入」と「搬出」の部分をプロに任せることが多いですが荷作りや荷ほどきも大変に骨が折れる作業に間違いはありません。どうしても仕事が忙しく荷作りできない人、妊娠中の方や子供が小さく時間がさけない方、重たいものが持てないかたなどさまざまなご要望にお応えすることができるサービスとなっていて、現在ではどこまで任せるのかを指定することもできます。

  • 梱包はするけど開梱はしてほしい。
  • キッチン用品などだけ一部梱包してほしい
  • 衣類だけは自分で梱包する

などが例にあげられます。お任せパックはなんとなくイメージで高い引越しになるのではないかと考えてしまいますよね。そんなお任せプランの中身をのぞいていきたいと思います。

一人暮らしならここまでまかせよう

単身の引越しの場合は基本的に小物などの生活にかかわる荷物が少ないと考えられます。単身の引越しで小物をまとめた場合よっぽど荷物持ちの方でない限り5~15個くらいでしょう。

引越しの流れとしては家具や家電などの重たいものの搬出・搬入を業者に頼み荷作り、荷ほどきを自分ですることで引越しにかかる経費を大幅に減らすことができます。これは単身者のように荷物が少ない場合にはとても有効的で比較的トータルの荷物も少ないためあらかじめ梱包がされていれば引越しも早く終わります。

ただし、単身者の場合は単身赴任など仕事が忙しくてどうしても引越しの準備ができないような場合もよくあります。
その場合はすべてを業者に任せることもおすすめです。急いで引越しの準備をして何がどこにあるのか、いい加減な梱包をして大事なものを壊してしまうといった可能性もあります。また、任せたいけど少しでも節約したい方はは荷作りだけ業者に任せて荷ほどきは自分でするという手もあります。

引越元、新居での掃除はどこまでしてくれる?

お任せプランをサービスとして扱っている引越業は引越し後の清掃をそのサービスの中に含んでいるところはほとんどありません。

清掃はオプションとしてセットでつけることは可能ですが依頼した場合は引越し業者ではなくほとんどが清掃専門の業者がきて本格的にやってくれます。引越し専門と同様清掃専門ですから本格的に清掃してくれるので予想を超えてきれいになります。しかしその料金もある程度はかかってしまうと考えて間違いありません。よっぽど引越し元が汚れている場合は別ですが、退去するにあたって差しさわりないような清掃は自分でできます。ただし手間をかけずに部屋を清掃したい場合には清掃のサービスは大変お薦めです。

ただし基本的な清掃は引越しの際に依頼した業者もある程度はしてくれるところもあります。サカイ引越センターやアリさんマークの引越社などは作業終了後に10分間だけ様々な手伝いをしてくれる10分間サービスというものしてくれます。この10分間に様々な場所の清掃を頼むことができます。冷蔵庫の中や窓ガラスの清掃などを頼む方もおられるようです。またアート引越センターなどは基本的には荷物を運ぶ際の家具の汚れなどをぞうきんなどでふき取ってくれます。

新居に関してはもともときれいなので、それを汚さないためにアート引越しセンターやサカイ引越しセンターなどでは靴下をはきかえてくれるサービスもあります。搬出先では家具などを動かすたびに靴下に汚れがついてしまいます。そのままの靴下で新居に上がるとそれだけで汚れを持ち込むようなものですので大変ありがたいサービスです。中にはお任せだから掃除もしてくれるのが当たり前だと思っていてトイレ掃除やゴミ捨てなどを依頼するお客様もおられるようです。もちろん引越し当日に来たスタッフは対応してくれませんので、サービスの内容はしっかりと把握しておきましょう。

おまかせパックの疑問に答えます

引越しまでにかかる準備の時間は?

お任せプランを頼んだ場合、引越しに関して準備することは本当にないのでしょうか。当たり前ですが、引越し作業に含まれない転居の届などはご自分でする必要があります。また、お任せプランであってもやっておかなければならない大事なことがあります。

貴重品の管理

引越しにあたり作業員が一番困る荷物が実は貴重品です。これは非常にトラブルに発展しやすいものですでご自分できちんと管理してください。引越しにあたっては貴重品の管理は依頼者の責任となっていますから万が一のトラブルに発展しないように心がけましょう。

新居の家具の設置場所と荷物の振り分け先を考えておく

これも意外と難しいことです。引越し先の部屋数が今と異なる場合は特に注意が必要でこれが決まっているといないとでは引越し時間に大きな差が生まれてしまいます。実際に新居で荷物の行き先で当日家族間でもめて引越しが長引いてしまうことはよくあります。作業者にも迷惑が掛かりますので当日までに必ず決めておきましょう。また大物の荷物はまずはじめに搬入してから設置までを行います。これは後から来る小物の前に必ず行います。それは小物を運んだあとでは場所が狭くて設置作業が大変になるからです。ですからせめて大物の荷物だけはきちんと設置場所を決めておきましょう。

当日の引越しにかかる時間は?

お任せプランを選んだ場合引越しの仕方に2パターンあります。

A:梱包作業員が引越し前日にお伺いする
B:当日梱包作業員と引越し作業員が同時に来て梱包しながら荷物を運び出す

単身でお任せプランを申し込んだ場合、大抵が当日梱包作業員が梱包しながらの作業になります。これはある程度梱包しなければならない荷物が限られているためで搬出の時間にさほど影響が出ないためです。単身であれば2トントラックに余裕をもって乗せることができるので時間にして2時間もかからず終わると思われます。家族の引越しの場合は営業が見積もりの時点で梱包しなければならない荷物の量を把握し、AにするかBにするか決定します。ただし、繁盛期の場合はAのように前日に梱包にいけないこともあります。所要時間は家族の引越しであれば3~5時間かかると思ってください。梱包する荷物が一部の場合をのぞいて梱包作業には大変時間がかかってしまいます。中でも時間がかかる場所はキッチンとリビングです。キッチンは予想以上に丁寧に梱包しなければならないものが多く時間がかかると思ってください。また本棚もかなり気を使います。開梱作業がある場合は本棚に入っている通りに戻さなくてはならないため見取り図を書いて段ボールに番号を付けたりします。
また開梱の作業は梱包より時間がかかりません。梱包の時間の半分くらいで済むと考えていいでしょう。

おまかせパックは「安心」できる?

お任せプランを依頼したことで助かることがたくさんあります。それは

  • 自分の時間が増え、別の作業ができる
  • 小さな子供がいても安心
  • お年寄りや女性など重たいものを持てない方にも安心
  • 新生活がすぐに始められる

などです。引越しを自分でされた方が次の日に決まっていう言葉は筋肉痛になった、あるいは腰が痛いです。引越しというのはその道のプロがいることがうなずけるほどかなりの重労働です。段ボール一つもって階段を3回分上がってみてください。もう一度上がる気がするでしょうか?お任せプランを頼んだ場合、引越し作業にかかわることはほとんどなく、やったとしても清掃とごみの処理くらいです。しっかりと営業の方と話をし引越しの流れをきちんと理解していれば安心して引越しを終えることができます。しかしながらメリットばかりではありません。お任せプランでよくあるトラブルを紹介します。

  • 荷物がどこに行ったか分からない、みつからない、なくなった
  • レイアウトがイメージどおりではなかった
  • 予想以上に引っ越し代が高くついた
  • 箱に書いてあるものと違うものが入っていた
  • 明らかに素人の梱包だった

などなど。全てを任せられるプランではありますが、事前の打ち合わせや確認は必ず必要です。また、引越し業界にとっては当たり前のことなのですが、繁盛期はバイトを沢山雇います。引越しを何度か経験している人もいれば全くの素人が来ることもあたり前にあります。ですから、いくらおまかせプランであっても時期によっては当たり外れがあると思ってください。営業がバイトはきません、使いませんといってもかならずバイトがきます。本当に繁盛期は猫の手も借りたいくらいに忙しいのです。

女性スタッフを指名することは可能?

プライベートなものの梱包は女性にお願いしたいこともあります。そういった場合女性スタッフを指名できるのでしょうか?

実は、基本的に見積もりの時点で営業に一言言っておけば女性スタッフをお願いすることができます。

特に梱包作業などの場面になると主に女性スタッフが現地に向かうことがほとんどです。これは女性ならではの細かい視点で丁寧に箱詰めしてくれるのと、プライベートのものでも安心して相談できるというメリットがあるからです。引越しの作業員はどちらかというと筋肉もりもりでガサツなイメージに見られることもよくありますが女性スタッフがいることでお客様にも安心していただけることから女性スタッフを常時配属している業者もあります。ただし業者によっては指名すると料金が高くなる場合もあるようですので確認は必要です。アート引越センターなどは女性だけでお伺いするレディースパックなどといったサービスもありますので男性はいやだ、女性のみがいいという方は相談してみてもいいでしょう。

ヤマト、アート、日通…業者別のプランと料金相場

業者ごとにサービス内容に違いはある?費用は?

各大手業者はどのようなサービスを展開しているのでしょうか?

業者名 解説
アート引越センター 「お任せパック」 基本のコースに荷作り、荷ほどき作業をプラスしたコースとなっています。引越しのすべてを任せられるほか、なんといってもレディースパックや学割パック、60歳からのシニアパックに併用することもできます。お値段的にはアートの都合で運ぶ「待ち割り」やインターネット限定特別割引を使用することでお得に引越しをすることもできます。またお任せパックにもハーフコースとフルコースがあり、ハーフコースは自分で開梱作業をしなければならず、フルコースは開梱作業もアートの作業員がしてくれます。
引越しのサカイ 「らくらくコース」 らくらくコースはA~CとありAは梱包から開梱まですべて対応Bは開梱のみ自分で、Cは食器だけ梱包を作業員にしてもらいほかの梱包や開梱は自分でするプランになっています。
アリさんマークの引越社 「アリさんパック」荷ほどきは自分で、梱包は作業員がしてくれます。フルパックになると荷ほどきまでしてくれ、スペシャルフルパックとなると家具や本棚の中身ももとに戻してくれます。
アーク引越しセンター 「スマートコース」荷ほどきは自分で、それ以外は作業員がしてくれます。スペシャルコースになると荷ほどきもしてくれます。
日本通運 「えころじこんぽ」セルフプラン、ハーフプラン、フルプランがありハーフプランが開梱は自分でそれ以外を作業員がしてくれます。フルプランは梱包から荷ほどきまで作業員がすべてやってくれます。

お任せパックの相場ですが、各業者ごとで得意分野があり、見積もりはそのほとんどが営業の裁量で決まってしまいます。プランはいろいろありますが、単身パックのようにあらかじめ固定料金で価格表があったりするわけではないのではっきりと言ってしまえば営業が好きな値段を付けることができます。引越しを高く見積もることができれば営業としての評価も上がりますので営業はなるべく高く設定しようとしてきます。ここでは相場をお伝えしますがあくまでも目安としてお考えください。

    • 同一圏内20~50㎞の引越しと仮定

    単身:8~10万

    二人暮らし:12~15万

    家族の引越し3人以上:13~20万

    通常の引越しと比べると梱包のみで2~5万、梱包開梱ありで4~8万くらい上乗せされると考えていいでしょう。

    家族、単身…シーン別のおすすめプランは?

      • 単身におすすめの引越しプラン

      一般的に値段だけで考えた場合単身パックが最も安いです。単身パックで最安値は小鳩プチトラパックの同一市区町村の引越しで11550円となっています。単身パックは基本的に梱包開梱サービスはしてくれません。また、単身パックで言えばやはり大手の日通やクロネコヤマトが人気です。

      • 学生におすすめの引越しプラン

      アート引越センターの学割プランがおすすめです。アート引越センターの特徴としてお任せプランも併用することができますがもちろんその分お高くなってしまいます。

      • 女性におすすめの引越しプラン

      アート引越しセンターのレディースプランがおすすめです。お任せプランも併用できます。

      • 家族の引越しにおすすめの引越しプラン

      お任せパックで引越しをする場合は一般的に引越しを専門としている大手のサカイ引越センター、アート引越センター、アーク引越センター、ハート引越センター、アリさんマークの引越センターがおすすめです。常に人気上位にある引越し業者なのでどれもおすすめです。サカイや、アリさんは10分間サービスの間にいろいろと手伝ってくれたり大きい引越しだからこそ助かるサービスです。アート引越センターは新居に汚れをもっていかないように靴下を履き替えるサービスなどもしてくれますし、ワンストップサービスといって電気、NHK,郵便局、新聞、プロバイダなどの手続きを代わりにしてくれるのでこれは大変助かります。また、珍しいご指名サービスなどもあり前回の引越しなどでよかった作業員を無料で指名できたりします。

      最近では各業者もサービス向上し、ほとんどの業者が同じようなプランをもっています。この5社はすべてがお任せプランまたは同様のサービスを展開しています。どの引越業者のどのプランもはっきり言って素晴らしいです。

      少しでも節約したい!見積もり時のコツは?

      見積もりの時少しでも安くしたいですよね。お任せプランはただでさえ料金がワンランク上の引越しとなりますから相見積は必ず取りましょう。引越しは早期割引きなどをしているところもあるので1~2か月前から取りはじめましょう。早めに申し込むことで、希望日の引越し日が取りやすくなります。お値段的に少しでも安くしたい場合は3~5社くらいの見積もりを取って比較してみてください。ここで自分の引越しの大体の相場をつかんでおきましょう。インターネットの環境があれば一括見積もりに申し込んでみるのも1つの良い方法です。いずれにしてもできれば即決せずに気を大きく持ってどんどん値下げ交渉してください。各社営業はまずは自分の判断からなるべく高い価格で決めようとしてきます。これはなるべく良い評価を会社からもらうためです。一番初めにもらった見積もり書はまだ値下げの幅があると思いましょう。また営業は一日でも早く引越しを決めたいと思っています。中でもお任せプランなどは引越し価格も高めなので営業としては真っ先に獲得したい引越しです。だからこそ即決は絶対にしないことをおすすめします。

      またお任せプランは段ボールをかなり必要とします。資材代も引越し代に含まれますから中古の段ボールでいいと告げましょう。それだけで資材費を大分浮かせることができます。特にこだわりがない限り中古のダンボ―ルで強度は充分です。
      最後に一つ。引越しは慣れていることを初めてでも告げましょう。何回も引越しをしていることを告げるだけである程度考慮された見積書がでてきます。初めての方は比較的高めの見積もりされてしまいがちですから気を付けましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引越しの吊り上げ作業の相場っていくら?料金相場とお得にする方法

「引越しで吊り上げが必要になるのはどんな時?」 「吊り上げ作業にかかる費用…

長距離引越しの人必見!コンテナ便の料金相場・おすすめ業者まとめ

「一般的な引越しよりコンテナ便って安く運んでくれるの?」 「引越し業者に見積…

引っ越し立ち寄りプランって?同棲・同居を始める人に伝えたい事4選

実家の荷物、トランクルームの荷物、同棲を始める恋人の荷物、一度に引越しってでき…

引っ越し業者VS便利屋!価格やサービスの違いを徹底比較!

引っ越しをする際は引っ越し業者に依頼をすることが一般的ですが、繁忙期で業者の予約が取れなかったとき…

【引越し】らくらくパックを使うべきかサービス範囲・料金から比較

「引越しらくらくパックってどこまでやってくれるのかな?」