狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

引越し 12月

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」
「12月引越しってここまで安くなるの!?」

12月は年末年始の準備や様々なイベント、仕事納めなどで誰もがあわただしくなる時期であっという間に過ぎてしまいます。

また12月引越しは気温も寒く業者は暇なシーズンになり、非常にお得な料金で引越しができて、年間で最もお得な時期かもしれません。

ここでは12月引越しの料金相場や引越しの準備や手続きなどについて分かりやすく表を使ってまとめてみました。

12月引越しはここがポイント!


  1. 12月引越しは、「前半」に引越した方がもっと安くなる!
  2. 年が変わることによって役所手続きがややこしくなる場合があるため、事前に確認しておく!
  3. 繁忙期の1~3月での引越しも、予め12月に見積もりを取っておくとよりお得!
  4. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して料金相場を比較してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

12月引越しはこんなにもお得?引越し料金相場大公開!

上旬と下旬での値段の変化を相場表にまとめてみた!

12月の引越しの料金相場としては、上旬の方が安く、下旬に比べて4万円近く安くなる場合があります。

12月は何かと忙しい月ではありますが、前半は引越しの需要はあまりありません。

12月前半は11月の流れのままに引越し業界にとっては苦労する日々ですが、後半に向けてしり上がりに忙しくなっていきます。

社会的には学校は冬休みに入りますし、会社も年末に長期の休みを取るところも結構ある関係でその時期に引越しを考えている方が集中してしまうためです。

2人家族
20㎞圏内 47,000円
50㎞圏内 50,000円
200㎞圏内 80,000円
300㎞圏内 120,000円
4人家族
20㎞圏内 65,000円
50㎞圏内 75,000円
200㎞圏内 100,000円
300㎞圏内 160,000円
単身
20㎞圏内 35,000円
50㎞圏内 45,000円
200㎞圏内 60,000円
300㎞圏内 75,000円
単身荷物多め
20㎞圏内 43,000円
50㎞圏内 45,000円
200㎞圏内 65,000円
300㎞圏内 80,000円

閑散期と同じような相場になります。

ところが年末となると、

2人家族
20㎞圏内 55,000円
50㎞圏内 65,000円
200㎞圏内 105,000円
300㎞圏内 140,000円
4人家族
20㎞圏内 80,000円
50㎞圏内 90,000円
200㎞圏内 120,000円
300㎞圏内 200,000円
単身
20㎞圏内 45,000円
50㎞圏内 55,000円
200㎞圏内 70,000円
300㎞圏内 90,000円
単身荷物多め
20㎞圏内 55,000円
50㎞圏内 60,000円
200㎞圏内 80,000円
300㎞圏内 100,000円

となります。これはあくまでも参考値としてお考えいただきたいですが、年末のほうが2割増しくらいになるとお考えください。

年末でも比較的お安くなる日やプランもありますので見積もり時に確認が必要です。

12月でも料金交渉は可能!費用を抑えるための業者選びと依頼のコツ

訪問見積もり

12月はクリスマスや年末行事など忙しい時期ではありますが、早めの予約で費用を抑えることができます

12月というあわただしい月であっても、もちろん値段の交渉の余地はあります。

12月前半であれば閑散期とほぼ同じような価格になってきますので、さらに平日を選んだり午後便や業者の時間都合に合わせるフリー便などを選ぶとさらにお安く引越しできる可能性が高まります

12月後半については引越しが集中してしまうことを考えると、いかに早く見積もり依頼をし希望日を確保できるかが鍵となってきます。

合わせて必ず相見積もりを取ることで、引越ししたい人が集中する中でもできる限り安い業者を探すことができます。

まずは、年末であっても何社かの見積もりを取って比較し、自分の引越し条件で引越し料金の相場をつかんでから価格の交渉をしましょう。

12月引越しでも時期によって費用が違う?極限までお得に引越そう!

12月でも引越しするなら平日!予定は早めに!

12月上旬は業界からすれば暇な時期となりますが、やはり曜日によって引越しの値段は変わってきます。

どうしても週末や祝日は引越しが集中してしまいますので、土曜日、日曜日、祝日はほかの曜日に比べると12月上旬でもお値段的に高めになってしまいます。

平日の中でも月曜日と金曜日は日月、金土といった感じで、休みの日と合わせて有休を利用して引越しされる方が多く人気がありますので、少し高めになってしまいます。

12月下旬については週末と特に第4週目は予約で一杯の状況になってしまう可能性が高く、お値段的にもお高くなってしまうでしょう。

どうにかして年内で引越しを終わらせようとしている方々が多いので、平日でも高めの引越しを選択せざるを得ない状況になってしまうかもしれません。

そこで、引越しを自分の都合のいい日に行う為にも、予約は他の人よりも早めに行う必要があります

下の「見積もり依頼のタイミング」を見てみましょう。これによると1か月前以内に予約を行う人が非常に多いことがわかります。

年末は込み合うことが予想されるので2ヶ月前には予約をすましておくといいかもしれませんね。

見積もり依頼のタイミング
前日~1ヶ月前 72.3%
1ヶ月前~2ヶ月前 22.4%
2ヶ月前~3ヶ月 5.3%

12月の引越し狙い目は?

12月に引越しをしなければならない場合、スケジュールが許すならば絶対に前半をお勧めします。

ぜなら、後半は引越し業界における3.4月のような繁忙期に次ぐ価格になるともいわれており、安くなる見込みはあまりにも低いからです。

また31日などは休みの業者も多いので、できるだけ避けたい日となります。

したがって、12月のなかで一番お安く引越しができる可能性があるのは第1、2週の平日の火曜日、水曜日、木曜日です。

可能であれば午後便やフリー便、もしあまり気にされない方であれば仏滅の日を選んだりするとお安くなる可能性が高まりますので、そういった日に標準をあわせて見積もり依頼をされることをお勧めします。

12月引越しを検討中の方!注意しなければならない2つのポイント

何かとあわただしい年末ですが、引越しだからこそやっておかなければならないことなのに意外と忘れやすいので注意が必要です。

会社関連の手続きであればなおさら確認が必要です。

注意すべきポイントは2つあります。

  • 年末調整の住所は新住所でなければならない
  • 確定申告はその年の1月1日の住所の所轄する税務署に提出しなければならない

12月に引越しする場合は年末調整の住所は新住所でなければならない

住民税は翌年の1月1日に移住している市町村に納付する決まりとなっているため、旧住所を年末調整に記載した場合は住んでいる市町村と住民税を請求される市町村が異なってしまいます。

そのため、古い住所を記載した場合は以前住んでいた市町村に請求されることになってしまいますので、注意が必要です。

12月に引越しをされた場合は、年末調整に住所を記載する際は新住所を書く必要があります。うっかり旧住所を年末調整に記載されてしまった場合、年末調整の書類が送り返されるようなケースもありますのでこちらも注意が必要です。

確定申告はその年の1月1日の住所の所轄する税務署に提出しなければならない

確定申告は、基本的に現在お住いの地域にある税務署に提出しなければなりません

しかし、1月1日までに引越しをされた場合は違う地域の税務署に提出しなければならなくなりますので、注意が必要です。

12月に引越しされた方は、旧住所の税務署かが新住所の税務署かで迷われる方がいらっしゃいますので、1月1日の住所に所轄する税務署というポイントを覚えておく必要があります。

引越しされたら『納税地の異動届』を新住所・旧住所の管轄税務署に提出する必要がありますが、管轄税務署が変わらない場合は特に提出しなくてもいいようです。

12月引越しをする前に!やっておきたい手続き3つとは?

住所変更届はすぐに出しましょう

12月という年末にしなければならないことに年賀状をかくということがあげられるでしょう。

新年になるとたくさんの年賀状が・・・旧住所に届いてしまうなんてことがないようにしなければなりません。

大概の場合は転送されるとは思いますが、転送はすぐにしてもらえるものではありません。

大事な年賀状が遅れて届き、大事な方への年賀状を送るのが遅れてしまう場合もありますので注意しましょう。

物件の電気・ガス・水道の手続きは必ず年末のうちに!

意外と忘れやすいのが、新居のインフラの手続きです。

電気やガス、水道の手続きは年明け仕事はじめまで待たないと手続きができませんので、これは絶対に年末のうちにしておかなくてはなりません。

せっかく気分よく新年を迎えようと思ったのに電気ガス水道を全く使えない環境で過ごす羽目になってしまいますので、必ず年末のうちに手続きをしておきましょう。

新住所の家賃が日割りできるのか確認する

年末は何かと忙しく年末になればなるほど引越し料金も上がっていきますので、新住所の家賃形態を確認せずに急いで引越しをしてしまいがちです。

基本的に家賃は先払いですから、新居の1か月分の家賃を先に払わなくてはなりません。

年末少ししか新住所に住んでいないのに1か月分の家賃を払ってしまうということにならないように、賃貸の場合は日割りが利くかきちんと前もって確認しましょう。

【12月引越しはここがポイント!】

  1. 12月引越しは、「前半」に引越した方がもっと安くなる!
  2. 年が変わることによって役所手続きがややこしくなる場合があるため、事前に確認しておく!
  3. 繁忙期の1~3月での引越しも、予め12月に見積もりを取っておくとよりお得!
  4. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して料金相場を比較してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引越しの準…

引越しを平日に行うだけで最大50%も安くなる?料金を安くお得に!

「引越しって土日より平日が方がお得なるのはなんで?」 「繁忙期でも平日…

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…

引越しをするなら1月がおすすめ!料金相場や注意点のまとめ

「契約終わるし良い物件があれば引越したい!」 「繁忙期の前に引越すと50…