いい引越し.com

実家から出て一人暮らし不安…初引越し手続きは1ヵ月前に始めるべし

引越し初めてだけど、なにから始めたらいいか分からないし、やること多そうで不安だなぁ…
大学生活や新社会もしくは転勤などで初めて一人暮らしをする人はワクワクする反面、初めての引越しは費用はいくらかかるのか、手続きは何をしたらいいのか、何を実家から持っていったらいいのかわからないと思います。引越しは、役所関係の手続きや持っていく荷物の梱包、新しく購入しなければならないものなど、やらなければならないことがたくさんあります。
このページでは、実家から引越す時の流れや手続きをチェックリストにして丁寧にご紹介いたします。

実家からの引っ越しでやること一覧!
やること
いつまで
優先度
1
業者の手配
1週間前
★★★★★
2
荷造り
前日OK
★★★
3
手続き
引っ越し後
【この記事のまとめ】
  • 引っ越しのスケジュールは余裕を持ってたてる。
  • 役所の手続きは引っ越し後でも大丈夫!
  • 新居でネットを使うためには引越し前に回線もしくはwifiの契約をする。
  • 引っ越し業者の依頼は早めに済ませることで料金が安くなる!
  • 一括見積で複数業者から見積もりをとると失敗がない。


衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用者満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

見積もり手順

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

実家から初めての引越しは、余裕を持ったスケジュールを立てる!

引越しスケジュール
最低1か月以上前 物件の決定
2週間~1か月前 引越し業者の選定
2週間前 ライフラインの手続き

引っ越しを行う際は、余裕を持ってスケジュールを立てることが大切です。

何はなくとも、真っ先にやってほしいのが物件選びです。

物件選びはすべての基本となるものであり、これができていないと引っ越し業者に見積もりを依頼することもできません。

物件を決めるためにかける時間は人それぞれです。半年前から決める人、1か月前に決める人、結婚のために1年をかけて準備する人も。ただ、最低でも1か月以上前には決めておきたいものです。理想的なのは物件の決定が2~3か月程度前に決定している状態です。
不動産に相談するのが部屋選びでは一番楽な方法ですが、時間がないという方はスマホで相談できるイエッティ―がおすすめです。



次に行うのは、引っ越し業者の選定です。

引越し業者の決定までに1~2か月程度の余裕があると、慌てずに済むでしょう。引っ越し業者の選定は2週間前~1か月前までに終わらせると後のスケジュールに余裕ができます。

引っ越し業者と契約をすると、プランによってはダンボールなどの梱包材がもらえます。契約したらすぐに荷造りを始めましょう。

引越し当日の2週間ほど前から、ライフラインの手続きを行います。電気、水道、ガスの停止・再開の手続きです。
また、実家の家電製品を持っていくのではなく、新しく家電製品を購入する場合は、引っ越し当日に新居に届くように調整しましょう。


company_logo_pc

【コレだけ!】実家からの引っ越しで忘れちゃいけない手続き3選!

引越しでやっておきたい手続きは以下の3点になります!

  • 転出届と転入届を役所に提出する
  • 転送届を郵便局に出す
  • ネット回線を準備する


以下にそれぞれの手続きの詳細が載っていますので参考にしてください。

転出届と転入届を役所に提出する方法

引越しをするときに役所に提出しなければならないのは「転出届と転入届」です。
転出届は引越し前の役所に提出することになっているので、引越し前にやらなければならないと考える方が多いと思います。
でも実は、引越し先から郵送で必要書類を送るだけで手続きが完了するので、焦る必要はありません。
引越し先の役所に提出する転入届も14日以内に提出しないと罰則で5万円以下の過料がかかるとなっていますが、実際は支払うケースは稀です。
転入届を出しに行くついでに、国民健康保険と国民年金の住所変更・加入手続きも同時に完了させましょう。
罰則規定はありませんが、やっておくと便利なのが警察署での免許証の住所変更です。新しい住所が印刷された郵便物などを持参すると行うことができます。引越し先での住所の身分証明証として使えるのでぜひ手続きを済ませておきましょう。

郵便物を新しい引越し先に転送したい場合は?

「転送届」とは「旧住所に届いたあなたあての郵送物を、無料で新しい住所に送ってくれる」というものです。期限は1年ですが、非常に便利なのでぜひ利用してください。
ですが注意してほしいのは、これはあくまで「郵便物に限った措置」である、ということです。宅急便などは転送されませんのでご注意を。
「転送届」は最寄りの郵便局に申し出をするのですが、現在はインターネットでも申し込むことができます。

インターネット環境を一人暮らしですぐに使う方法

ネット回線を引くためには引越しの1ヵ月前から動きだしましょう。なぜなら早めに契約を済ませておけば、引越し先ですぐにネット回線を使うことができるからです。引越してから契約すると、ネットが使えるまでに時間がかかるため慣れない引越し先で大変不便な思いをすることになります。
ネット回線はキャッシュバックキャンペーンを使うことでかなりお得に引越しをすることができます。
auのひかり回線は引越しと同時に申し込むと最大で122,720円ものキャッシュバックがあります。新居でネット回線を使おうと思っている方には大変おすすめです。

~引越し同時申し込みでお得なネット回線~
おすすめ
光回線
キャッシュ
バック
月額費用

auひかり
【最大】
122,700円
月額5,100円
詳細→
フレッツ光
60,000円
月額6,100円
詳細→
NURO光
(関東限定)
80,000円
月額4,743円
詳細→
裏技
wimax2
モバイルwifi
31,800円
月額3,609円
詳細→

ただ、一人暮らしの場合はわざわざ回線を引くほどネットを使わないという方が多いと思います。
モバイルwifiが使える地域に住むかたはモバイルwifiを契約することをお勧めします。月々4,263円でネットが使いたい放題になります。
回線を引くよりも楽にネットが使えます。また今の期間に申し込むと31800円のキャッシュバックキャンペーンを受けることができますので、お得に引越しをしたい方にもおすすめです。



ちなみに、引っ越し業者のなかにもインターネット契約を扱っているところもあります。これはとても便利なものであり、なかには引っ越し料金を安くしてくれるところもあります。
しかしこれは、契約解約に縛りが出るなどの条件がつけられていることが多いので、事前に確認をしてください。
新居で新規のインターネット回線に契約する場合は、引越す前に既存のインターネット回線を解約する作業を忘れないようにしましょう。

一人暮らしの引越しで電気・水道・ガスの利用開始方法はどうしたらいい?

初めての一人暮らしはわからないことの連続。ガス・電気・水道も、自分で手続きをしないと利用することができません。引っ越し準備で手間取って、真っ暗闇で暮らすことにならないためにも、事前に利用開始方法を把握しておきましょう。

不動産会社と契約時にガス会社、電気会社、水道会社への連絡先をもらうことが一般的です。記載された連絡先に電話をすることで、手続きをすすめられます。

電気と水道の場合には、基本的に電話連絡のみで使用できることが多いです。引越し直前だと準備に追われて忘れがちなので、1週間前までに手が空いたタイミングで事前に電話をしておきましょう。水道はインターネットで手続きもできます。

ガスの利用時にはガス開栓の立ち合いが必要のため、こちらも1週間前までに手続きの電話をしておくことをおすすめします。引越し当日にガスを開ける場合には、引越しの運搬が終わるころ合いに来てもらうとスムーズに開栓して、ガス使用ができます。

実家から引越しをするときの荷造りの準備

実家から持っていく荷物と新しく買うものを選択することが大切

実家から持っていく荷物置いていく荷物
「何を持っていき、何を持っていかないか」の取捨選択は、引越しのスムーズさや費用に密接に結びつくためとても重要です。

では、実家からの引越しで何を持っていくべきなのでしょうか?
一人暮らしの場合は、洋服や本類、生活用品、簡単な食品を持っていきましょう。
ダンボール10~15箱に梱包できるのが一般的です。荷物を少なくすれば、その分費用を抑えることができるので、取捨選択はしっかり行いましょう。

では反対に、持っていけないものは何があるでしょうか?
家電製品などの大きな荷物は引越し先で新しくそろえる必要があります。一人暮らしをしていた知人や親戚がいる場合は、使わなくなった家電製品があるか相談してみましょう。処分に困っている方が意外と多くいるかもしれません。

ベッドや洗濯機など大型家電はどうすればいい?初めての一人暮らし引っ越しへのQ&A

「何を持っていき、何を持っていかないか」の取捨選択は、引越しのスムーズさや費用に密接に結びつくためとても重要です。 では、初めての引越しでは何を持っていくべきなのでしょうか?

一人暮らしの場合は、洋服や本類、生活用品、簡単な食品を持っていきましょう。 段ボール10~15箱に梱包できるのが一般的です。段ボールの数を少なくすれば、その分費用を抑えることができるので、取捨選択はしっかり行いましょう。

では反対に、持っていけないものは何があるでしょうか? 洗濯機や冷蔵庫などの家電製品、タンスやベッドなどの大型家具などです。家電や家具を実家から運搬すると費用負担も大きくなるため、大きな荷物は引越し先で新しくそろえることをおすすめします。

一人暮らしをしていた知人や親戚がいる場合は、使わなくなった家電製品や家具があるか相談してみましょう。処分に困っている方が意外と多くいるかもしれません。

引越しをスムーズにするための荷造りのコツとは?

荷造りに必要なダンボールは引越し業者から貰うことができます。もし、自分で調達するのであれば、ホームセンターで販売しているダンボールを購入しましょう。

【梱包のコツ】
  • 1つのダンボールに本など重いものを詰め込みすぎないで分散させること。
  • 引越しがスムーズになるので、ケースに入ったものはガムテープで補強するのみでOK!
  • ダンボールに「何が入っているか」を記入しておくこと。

引越し時は、荷造りだけでなく荷ほどきにも労力を使うので、引越し後の姿を想像しながら計画的に梱包をすることがポイントです。

一括見積でニトリなどの企業の商品が80%OFFに!

kyannpe-nn
今一括見積りをすると、新生活に必要な家具などを扱う有名企業、ニトリやベルメゾンなどの商品が最大80%OFFに!
面倒な入力項目は無く、見積もり依頼は30秒で完了します!

引っ越しの挨拶は必要?一人暮らしの男性・女性別の常識と喜ばれる手土産品

初めての引越しの場合、迷うことの1つがご近所へのご挨拶です。昔は引越しをしたら上下や左右の部屋に手土産をもって挨拶に伺うことが常識とされていましたが、はたして今もそうなのでしょうか。

基本的に現在では男女ともに引っ越し時の挨拶はしないことが増えています。特に女性の場合には安全面から挨拶をすると危険性があり、挨拶をされた側も「来ないでいい」と考えるケースも少なくありません。

しかしながら、田舎や社宅などへの引越しの場合には事情も変わってきますので、不安な方は大家さんや不動産屋さんに確認をしてみると良いでしょう。

もし挨拶へ行く場合には手土産の持参が必要です。手土産の場合、高額の品が良いかというとそうではありません。高価なものを手渡すともらった側も気を使わせてしまうので、1000円未満が一般的とされています。

また賞味期限の近いものの場合にはもらった側もすぐに食べる必要があるためかえって気を遣わせるもとになります。基本的に日常的に使用するタオルや台ふきなど期限がないものでオシャレなものを選ぶと喜ばれる傾向にあります。手渡す際には期限のないものを贈りましょう。

実家から引越しをする場合にかかる料金相場はどれくらい?

一人暮らしの引越しの場合、初期費用はどのくらいかかる?

憧れの一人暮らし。いざ引越し準備を進めてみたら予想外に出費がかさみ、「ヤバい、足りなくなった」なんてことが起こらないように事前にシミュレーションをして、用意をしておきましょう。

初期費用は家賃によって大きく上下します。ここでは家賃7万円のマンションで一人暮らしを始める際の引越初期費用を計算します。

まず必要になるのが敷金・礼金です。オフシーズンを狙えばゼロのところもありますが、一般的には2か月ずつかかります。家賃は先払いのため引越し付きの1か月分もかかります。不動産契約を結ぶと仲介手数料を不動産屋さんに支払うことになり、こちらも同じく1か月分かかります。

その他にも火災保険に加入することになりますのでその費用も必要です。補償範囲によっても大きく上下しますが、ここでは一般的な15,000円程度としておきます。女性の一人暮らしの場合には防犯の意味合いから鍵交換を希望する方も多いことでしょう。その場合にはおよそ1万円かかります。加えて引越し業者へ依頼する運搬代が3万円程度、新しく買い足す家電製品代が10万円程度かかります。

全部の初期費用を合算すると、家賃7万円の場合には505,000円となり、50万円ほどは用意する必要があると言えるでしょう。しっかり事前に準備を進めてスムーズな引越しをしましょう。

引越し費用が足りないときはコレ!!少ない費用で引っ越す方法

いざ一人暮らしの計画を進めてみたけれど、どうにも貯蓄が不足して困っている人も少なくないことでしょう。しかし、諦める必要はありません。初期費用が足りなかったとしても、少ない予算で引越しをすることはできます。

たとえばシェアハウスやゲストハウスへの引越です。一般的な引越しの場合には敷金や礼金などが2か月ずつ必要ですが、シェアハウスもゲストハウスも敷金礼金ゼロであることが少なくありません。キッチンやシャワールーム、トイレなどが共有になっている分、家賃もリーズナブルなことが多いです。

きっちり自分の部屋に住みつつ、初期費用を抑えたいのなら家具家電付きの賃貸を借りることをおすすめします。この場合、プライバシーは守られつつ、自分の部屋に住むことができます。テレビや冷蔵庫、ベッドや洗濯機などがすでに用意されているため、家具や家電代が浮きます。

初期費用が不足していたとしても工夫次第で一人暮らしは可能なのです。

引越し見積もりシミュレーションで料金相場を把握!

引越しにかかる金額は、「時期」「荷物量」「距離」によっても変わります。
ただ、「実家から出て一人暮らしをする」という場合は、それほど高くはならないです。
実際に、下の引越し見積もりシミュレーションで自分の条件を選択して料金相場を調べてみましょう。
一人暮らしで荷物が少なめな方は平均で30,000~40,000円程度の費用がかかります。

引越し見積もりシミュレーション

見積もり手順

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

company_logo_pc

見積もり料金を安くするお得な方法とは?

引越しの見積もり料金を安くするには複数業者に見積もり依頼をして比較するのが一般的です。
しかし、初めての引越しをする方は、どのように引越し業者との契約を行うのか不安な点が多々あるかもしれません。業者に直接電話をして、訪問見積りをするのが基本ですが、実際時間がない方はなかなか見積もりが取れません。

そこで引越し経験が少ない方におすすめするのが、一括見積りサイトで複数業者に依頼をする、という方法です。
自身の情報を登録するだけで、引越し業者が見積もり料金を提示してくれるので、早くて簡単に他社の見積もり金額を比較することができます。

【この記事のまとめ】
  • 引越しスケジュールを計画的に余裕を持って立てること。
  • 役所に届ける手続きは後でもいいが、引越し業者は早めに依頼する!
  • 効率の良い荷造りをするために取捨選択をすること。

なるべく費用を抑えたい方は、一括見積サイトから複数業者に見積もりを依頼し、相見積もりを必ず取りましょう

引越し見積もりシミュレーション

見積もり手順

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

この記事に関係ある記事はこちら

ワンルームの部屋にお引越し!業者の料金相場はいくらなの?

ワンルームの引越し料金はいくら?相場料金を教えて! ワンルームの引越しは、基本的にひとり暮らしをする人のための引越しであり、運ぶ荷物も少ない ... 続きを読む

引越しでやること(条件別)

no image

海外に引っ越したい!対応の引っ越し業者と料金相場まとめ

海外引っ越しに対応している引っ越し業者はどこ? 海外への引っ越しは特別なので、すべての引っ越し業者が対応しているわけではありません。大手の業 ... 続きを読む

引越しでやること(条件別)

no image

意外とやることたくさん!引っ越し前日にやらなければならないこと4選

引っ越し当日も使うもの以外はすべて梱包!ダンボールの数も数えて 荷物は引っ越し前日までに、当日使用するもの以外はすべて梱包を終えておくことが ... 続きを読む

引越しでやること(条件別)

no image

\ 友達にもシェアしよう! /

衝撃の事実

一括見積りで引っ越し料金が半額!!

「80,000円」40,000円

サイト名 利用者満足度
ランキング1位 logo_tatsujin 98% 一括見積り
ランキング2位 logo_lifull 94% 一括見積り
ランキング3位 logo_suumo 91% 一括見積り
×