実家を出て一人暮らしは不安…引越しの準備や手続きは1か月前から

「初めての引越し!でも、何から始めたらいいの?」
「必要な作業と手順が知りたい!」

進学や就職、転勤で、実家を離れて一人暮らし。ワクワクする反面、初めての引越しは何かと不安をも多いはず。

費用はどれくらい?新居や住民票などの手続きは?何を持っていけばいいの?など…。

このページでは、実家から引越す時の流れや手続きをチェックリストにして丁寧にご紹介いたします。

やること 期間(引越し日から)
新居の決定 〜1か月前
インターネット回線の契約 1か月前〜3週間前
引越し業者の決定 1か月〜2週間前
荷物の選定、荷造り 2週間前〜引越し当日
家具・家電の購入 2週間前〜引越し当日
電気・ガス・水道の利用開始手続き 2週間〜1週間前
郵便物の転送手続き 10日前〜1週間前
住民票の住所変更 引越し後14日以内

引越しは何かとお金がかかります。ましてや初めての一人暮らしとなると考えもしなかった出費が出る可能性があります。そんな時にお金がなくて困らないためにアコムに申込みませんか

アコムは最大30日間無利息なので、次の給料日までの一時的に借りるのにはおすすめです。最短で申込んだその日に借りられるので「そういえば、カーテン買い忘れてた…」などの急に必要なったときでも安心です。

アコムに申込

  • 引越しのスケジュールは余裕を持ってたてる
  • 役所の手続きは引越し後でも大丈夫!
  • インターネット回線もしくはwifiの契約は引越し前に済ませておく
  • 引越し業者への依頼は早めに済ませると料金が安くなる!
  • 一括見積もりサイトを使うとスムーズで安く引越しができる
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

実家から初めての引越しは、ゆとりあるスケジュールを立てる!

引越しを行う際は、ゆとりあるスケジュールを立てることが大切です。

なんといっても、真っ先にやるべきことは新居探し!

新居が決まらなければ、必要なものや荷物量、引越し業者なども決められません。
初めて日の一人暮らしですから、新居選びは特に時間をかけたいものですよね。「どんな街に住もうか」「どんな家にしようか」「どんなインテリアにしようか」などを考えながら過ごすのは、引越しをする上での一番の楽しみですから。1年かけて新居を選ぶという人もいるくらいです。
ですが、遅くとも引越し日の1か月前には決めておきましょう。さらに2〜3か月前に決まっていれば理想的です。
不動産に相談するのが、部屋選びでは一番確実方法ですが、時間がないという方はスマホで相談できるイエッティ―がおすすめです。
イエッティーの特徴はなんといっても、チャットで専門スタッフとやり取りをしながら賃貸物件を探せること。不動産のプロが、希望に沿った部屋を提案してくれるので、初めて部屋を探す人にとってはありがたいサービスです。次に行うのは、引越し業者の選定です。
引越し業者の選定は2週間前~1か月前までに終わらせると、その後のスケジュールに余裕ができます。
契約したらすぐに「新居に持っていく荷物の選定」と「荷造り」を始めましょう。引越し業者やプランによってはダンボールなどの梱包材がもらえる場合もありますので、これらは急いで購入する必要はありません。
引越し当日の2週間ほど前から、ライフラインの手続きを行います。電気、水道、ガスの使用開始の手続きです。
また、実家からの引越しの場合、家電製品はほとんどが購入することになります。この頃には購入しておき、引越し当日に届くよう調整しましょう。

一人暮らしの引越しで電気・水道・ガスの利用開始方法はどうしたらいい?

初めての一人暮らしはわからないことの連続。ガス・電気・水道も、自分で手続きをしないと利用することができません。
引越し作業に夢中になってしまったなどで、これらの手続きを忘れると、真っ暗闇で暮らすことになりかねません。事前に利用開始方法を把握しておきましょう。
電気、ガス、水道会社への問い合わせ先は、ほとんどの場合、新居の契約時に不動産会社から案内されます。万が一、案内がない場合は、不動産会社に問い合わせしましょう。
電気と水道については、案内された先に電話またはインターネットで申し込むだけで、利用可能です。
ただし、ガス開栓には立ち合いが必要のため、引越し当日、運搬が終わるころに合わせて、開栓手続きの予約をしておくとムーズに開栓して、ガス使用ができます。まずは引越し前にガス会社に電話して、開栓の予約をしておきましょう。
電気・ガス・水道の各社へは、引越し日の1週間前に手続きの連絡をすればスムーズです。

【コレだけ!】実家からの引っ越しで忘れちゃいけない手続き3選!

電気・ガス・水道のほかに、引越しでやっておきたい手続きは以下の3点になります。

  • ネット回線を準備する
  • 郵便物の転送届を郵便局に出す
  • 転出届と転入届を役所に提出する(住民票の変更)

以下にそれぞれの手続きの詳細が載っていますので参考にしてください。

インターネット環境を一人暮らしですぐに使う方法

新居にインターネット回線を引くためには、引越しの1か月前に契約しておきましょう。
引越しをしてしばらくの間は、土地勘がなく、店探しなどインターネットを使うことが多くなります。しかし引越してから契約すると、ネットが使えるまでに時間がかかるため、慣れない引越し先で大変不便な思いをすることになります。
ネット回線を新しく開設するにはキャッシュバックキャンペーンを利用することでかなりお得になります。
auのひかり回線は引越しと同時に申し込むと最大で122,720円ものキャッシュバックがあります。新居でネット回線を使おうと思っている方には大変おすすめです。

おすすめ
光回線
キャッシュ
バック
月額費用
auひかり 122,700円 月額5,100円
フレッツ光 60,000円 月額6,100円
NURO光 80,000円 月額4,743円
wimax2 31,800円 月額3,609円

ただし、一人暮らしの場合はわざわざ回線を引くほどネットを使わないという方が多いと思います。またマンションなどの集合住宅であれば、あらかじめインターネット環境が整っているところが多いため、回線工事が不要で、申し込み後すぐ使える場合もあります。事前にマンションの管理会社へ確認しておきましょう。
モバイルwifiが使える地域に住む方はモバイルwifiを契約することをおすすめします。月々4,263円でネットが使い放題になります。
回線を引くよりも楽にネットが使えます。また今の期間に申し込むと31,800円のキャッシュバックキャンペーンを受けることができます。
ちなみに、引越し業者のなかにもインターネット契約を扱っているところもあります。なかにはネット契約すると引越し料金を安くなる業者もあります。
しかしこれは、契約解約に縛りがあるなどの条件がつけられていることが多いので、事前に確認をしましょう。
また引越し前に、現住所での既存のインターネット回線を解約することも忘れずに!

郵便物を新しい引越し先に転送したい場合は?

「転送届」とは「旧住所に届いた郵便物を、1年間、無料で新しい住所に送ってくれる」というものです。
郵便物が転送されるのは転居届に記入した転送開始希望日からですが、転居届を提出してから登録までに3~7営業日を要するため、引越しの10日前までに済ませておきましょう。
手続きは、郵便局であればどこでも可能で、インターネットでも手続きできます。引越し時に必ず必要なことではありませんが、非常に便利なので手続きすることをおすすめします。
ですが注意してほしいのは、これはあくまで「郵便物に限った措置」である、ということです。宅急便などは転送されませんのでご注意を。

転出届と転入届を役所に提出して住民票を変更

引越しをするときに必要になるのが、住民票の住所変更です。住民票の住所を変更するためには、「転出届と転入届」を役所に提出します。
その手順は、以下の通りになります。
①現在住んでいる市区町村の役所・役場へ「転出届」を提出し、「転出証明書」を受け取る
②引越し先の市区町村の役所・役場へ行き、「転出証明書」と「転入届」を合わせて提出
これで住民票の住所変更は終了となります。
転出届は引越し前の役所に提出することになっているので、引越し前にやらなければならないと考える方が多いと思います。
しかし実は、引越し先から郵送で必要書類を送るだけで手続きが完了するので、焦る必要はありません。
罰則規定はありませんが、やっておくと便利なのが免許証の住所変更です。手続きは、新しい住所を管轄している警察署、運転免許センター・運転免許試験場に行き、新しい住民票や住所が印刷された郵便物などを、持参すると行うことができます。引越し先での住所の身分証明証として使えるのでぜひ手続きを済ませておきましょう。

実家から引越しをするときの荷造りの準備

新居が決まったら、いよいよ荷造りです。引越し日の2週間前くらいを目安に、順次整理していきましょう。ここからは荷造りの手順について、紹介していきます。
絶対に必要ではないものも含まれますが、一人暮らしに必要なものを下記に一覧にしました。

家具 カーテン、テーブル、食器棚、収納家具・棚、ベッドや布団の寝具
家電 冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ(トースター)、ガスコンロ、掃除機、洗濯機、アイロン&アイロン台、テレビ、エアコン、ドライヤー、パソコン
キッチン 包丁やまな板、お玉、ザルボウル、栓抜き、缶切り、鍋、フライパン、食器類(カップ、グラス、箸、スプーン、フォーク)、ラップ、アルミホイル、保存用袋、スポンジ&食器用洗剤、布巾、調味料、引越し直後でも食べられるもの
風呂、洗面、トイレ用品 トイレ用品(ペーパー、マット類、掃除用品)、風呂用品(シャンプー、リンス、ボディーソープ、バスマット、掃除用品)、歯磨き用品(歯ブラシ、歯磨き粉、コップ)、エチケット用品(綿棒、爪きり、髭剃りなど)
洗濯、ゴミ用品 洗濯物干し、ハンガー、洗濯洗剤、柔軟剤、洗濯ネット、ゴミ袋(透明タイプ、指定ゴミ袋)
衣類 衣類、タオル類(バスタオル、フェイスタオルなど)、靴
その他 ティッシュ、ゴミ箱、傘、常備薬、本など

実家から持っていく荷物と新しく買うものを選択することが大切

荷造りをする前に、まずは荷物の整理を行います。
新居に「持っていけるもの」と「持っていけないもの」」をしっかり仕分けすることで、引越し作業もスムーズになりますし、費用が安くなることだってあります
では、実家からの引越しで持っていくべきものは何でしょうか?
一人暮らしの場合は、衣類や本類、生活用品、簡単な調味料や食品を持っていきましょう。
ダンボール10~15箱に梱包できるのが一般的です。荷物を少なくすれば、その分費用を抑えることができるので、取捨選択はしっかり行いましょう。
では反対に、実家から持っていけないものは何があるでしょうか?
洗濯機や冷蔵庫などの家電製品、タンスやベッドなどの大型家具などは、実家から運搬すると費用負担も大きくなるため、大きな荷物は引越し先で新しくそろえることをおすすめします。
小型の家具や家電は、家庭内もしくは知人や親戚に使わなくなった家電製品があるか相談してみましょう。処分に困っている方が意外といるかもしれません。

引越しをスムーズにするための荷造りのコツとは?

荷造りに必要なダンボールは、ほとんどの場合、引越し業者が用意してくれます。もし、自分で調達するのであれば、ホームセンターなどで販売しているダンボールを購入しましょう。

  • 1つのダンボールに本など重いものを詰め込みすぎないで分散させること
  • 大きなダンボールに重いものを詰めない(ダンボールが破れるため)
  • 引越しがスムーズになるので、ケースに入ったものはガムテープで補強するのみでOK!
  • ダンボールに「何が入っているか」を記入しておくこと

引越し時は、荷造りだけでなく荷ほどきにも労力を使うので、引越し先での片付けまで考えて、計画的に梱包をすることがポイントです。

引越しのあいさつは必要?一人暮らしの男性・女性別の常識と喜ばれる手土産品

初めての引越しの場合、迷うことの1つがご近所へのあいさつです。昔は引越しをしたら、マンションやアパートであれば上下や左右の部屋に手土産をもって、あいさつ回りをすること常識とされていましたが、はたして現在もそうなのでしょうか。
基本的に現在では、男女ともに引越し時のあいさつ回りはしないことが増えています。
特に女性の場合には安全上の理由から、あいさつ回りはしないという人の方が多いです。
しかしながら、田舎や社宅などへの引越しの場合は、近所の方々に悪い印象を与えることにもなりますので、不安な方は大家さんや不動産屋さんに確認をしてみるといいでしょう。
もしあいさつ回りをする場合には、手土産の持参が必要です。手土産の場合、高価なものを渡すともらった側に気を遣わせることになるので、1000円未満が一般的とされています。また賞味期限の短い食料品も避けたほうがいいでしょう。
日常的に使用するタオルや台ふきなど、期限がないものでオシャレなものを贈りましょう。

実家から引越しをする場合にかかる料金はどれくらい?

あこが憧れの一人暮らし。いざ引越し準備を進めてみたら予想外に出費がかさみ、「ヤバい、足りなくなった」なんてことが起こらないように事前にシミュレーションをして、用意をしておきましょう。
実家から賃貸物件への一人暮らしの引越しであれば、家賃の7倍程度が必要とされています。
その内訳は大まかには以下の3つです。

  • 新居にかかる費用(敷金、礼金など)
  • 新たに購入する家具・家電など
  • 引越し費用

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

一人暮らしの引越しの場合、初期費用はどのくらいかかる?

引越しにかかる費用は、家賃によって大きく上下します。ここでは家賃7万円の賃貸マンションで一人暮らしを始める際の費用を計算します。

実家からの一人暮らしの引越しにかかる初期費用(家賃7万円)
新居にかかる費用 敷金 約14万円
礼金 約14万円
仲介手数料 約7万円
前払い家賃 約7万円
火災保険料 約1.5万円
鍵交換費用 約1万円
家電製品 冷蔵庫 約2〜3万円
洗濯機 約2〜3万円
電子レンジ 約1〜2万円
テレビ 約3〜4万円
家電製品 約3万円
合計 60万円

※この表はあくまで一例です。

まず必要になるのが、新居への敷金・礼金です。2〜4月以外を狙えばゼロのところもありますが、一般的にはそれぞれ家賃の2か月分程度かかります。
それに加えて、不動産会社への仲介手数料が家賃の約1か月分、さらに引越しして初月分の前払い家賃が1か月分が必要となります。
そのほかにも火災保険に加入することになりますので、その費用も必要です。補償範囲によっても大きく上下しますが、ここでは一般的な15,000円程度としておきます。
女性の一人暮らしの場合には防犯の意味合いから、鍵交換を希望する方も多いことでしょう。その場合にはおよそ1万円かかります。
これらはすべて新居に関わる費用となります。

加えて、実家から初めての引越しの場合、家具は多くが実家で使っていたものを使用できますが、家電はほとんどが自分で購入することになります。最低限必要なものとして、洗濯機・冷蔵庫・テレビ・電子レンジなど、全部購入するのであれば、約10万円程度かかることになります。
さらに引越し業者へ支払う費用が約3万円程度が必要となります。
全部の初期費用を合算すると、家賃7万円の場合には、約60万円!
いくつかは省ける費用があったとしても、約50万円ほどは用意する必要があるといるでしょう。

引越し費用が足りないときはコレ!!費用を減らす方法

いざ一人暮らしの計画を進めてみたけれど、貯金が不足して困っている人も少なくないことでしょう。
しかし、諦める必要はありません。初期費用が足りなかったとしても、少ない予算でも引越しをすることはできます。
たとえばシェアハウスやゲストハウスへの引越しです。シェアハウスやゲストハウスなら敷金礼金がゼロであるの物件が多いです。。キッチンやシャワールーム、トイレなどが共有になっている分、家賃もリーズナブルなことが多いです。
きっちり自分の部屋に住みつつ、初期費用を抑えるのなら家具家電付きの賃貸をおすすめします。この場合、プライバシーは守られつつ、自分の部屋に住むことができます。しかもテレビや冷蔵庫、ベッドや洗濯機などがすでに用意されているため、家具や家電代が省けます。
初期費用が不足していたとしても、工夫次第で一人暮らしは十分可能です。

引越し見積もりシミュレーションで料金相場を把握!

引越しにかかる金額は、「時期」「荷物量」「距離」によって変わります。
ただ、「実家から出て一人暮らしをする」という場合は、大きな家具や家電を運ばないケースも多いため、「一人暮らしの人が別の住居に引越資する」場合よりも、費用は安くなることが多いです。
実際に、下の引越し見積もりシミュレーションで自分の条件を選択して料金相場を調べてみましょう。
一人暮らしで荷物が少なめの場合、平均で30,000~40,000円程度の費用がかかります。

見積もり料金を安くするお得な方法とは?

引越しの見積もり料金を安くするには、複数業者に見積もり依頼をして比較するのが一般的です。
複数の業者から見積もりを取ってみると「A社とB社では、値段が1万円も違う!」なんてことも…。
しかし、初めての引越しをする方は、どのように引越し業者との契約すればいいかなど不安な点がたくさんあるでしょう。
業者に直接電話をして、訪問見積りをするのが基本ですが、実際時間がない方はなかなか見積もりが取れません。
そこで引越し経験が少ない方におすすめするのが、一括見積りサイトで複数業者に一斉に依頼をする、という方法です。
自身の情報を登録すると、サイト内に登録されている引越し業者が見積もり料金を提示してくれます。あとはそれらを見比べて、もっとも条件のいい業者と契約するだけ。早くて簡単に引越し業社を探すことができます。

この記事のまとめ

  • 引越しスケジュールを計画的に余裕を持って立てること。
  • 役所に届ける手続きは後でもいいが、引越し業者は早めに依頼する!
  • 効率の良い荷造りをするために取捨選択をすること。

なるべく費用を抑えたい方は、一括見積サイトから複数業者に見積もりを依頼し、必ず複数の業者から見積もりを取り、比較しましょう!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

学割パックならお得?学生の引っ越しのすすめ

学生の中には、アルバイトができなかったり仕送りの額が限られていたりと、あまりお金がないという人も多…

家族での引越しの状況別の相場や準備方法を詳しくまとめてみた!

「家族で引越しをする予定だけどまず何から準備したらいいかわからないな。」「…

海外に引っ越したい!対応の引っ越し業者と料金相場まとめ

留学や単身赴任などさまざまな事情で、海外に移り住むということもあるでしょう。引っ越し先が国内ではな…

やること多すぎ…結婚と引越しをする方のベストな手続きの順番と方法

結婚は決まったけど、準備が何も進んでない!結婚が決まると、式の準備や婚姻届けの提出、新居探しなどい…

引越しいつから準備するの?1か月以内のチェックリストと荷造りのコツ

引越し初めてで何から準備したらいいか分からない…手続きとか荷造りってどのタイ…