布団は引越しのときどうやって梱包するのがいい?

引越し荷物の中には、食器や電化製品など扱いにくいものがたくさんありますが、布団もまた取り扱いが難しい荷物のひとつといえます。布団は水分を吸収してしまうため、引越し当日に雨が降ると布団が水気を吸って、カビが生えたり嫌な臭いが発生したりする危険性があるからです。そこで今回は、簡単そうで難しい布団の梱包や運搬について解説していきます。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引越しで布団を運ぶときに気をつけたいことって?

単身パックは荷物の量に制限があるかわりに料金が安いという特徴があり、荷物の少ない単身者には人気のプランとなっています。単身パックでは、掛け布団や敷布団を運ぶことは可能です。その際は折りたたんで小さくし、布団袋か購入時のカバーの中に入れると、汚れたり湿ったりしないため新居ですぐに気持ち良く眠りにつくことができるでしょう。引越し業者によっては、布団袋を無料でレンタルしてくれるところも多くあります。布団袋の使い方は、まず掛け布団、毛布類、敷布団の順に積み重ね、布団袋を上からかぶせます。その後で袋を布団ごとひっくり返すと、敷布団が下で掛け布団が上となりうまく袋の中に納まるでしょう。袋を閉じれば梱包が完了します。布団は引越し日当日まで使用することがほとんどですが、引越し日の朝まで使用した布団は、少し時間をおいて乾かしてからカバーに入れると良いでしょう。特にビニール製の布団袋は通気性が悪いため、布団が汗で湿っているとカバーの中で臭いなどが発生しかねません。 単身パックで布団を運ぶ際には、布団がつぶれないよう専用のコンテナに積む位置に注意します。布団は家具ほど重くはないものの、案外重量があるので、コンテナの真ん中らへんに置くと良いでしょう。単身パックではベッドはそのままではサイズオーバーとなり、コンテナで運べない可能性があるので注意が必要です。単身パックでも運べるベッドは折りたたみ式のものですが、それ以外では分解してコンパクトにしなければなりません。単身パックでも日通の「単身パックX」を選べば、ベッドも入るくらいの大きさのコンテナで運んでくれます。しかし長距離の引越しに限定されるという制約があります。どのプランが最適かわからない場合は、各業者に見積もりを取るときに聞いてみると良いでしょう。

できるだけコンパクトに!圧縮袋を使うとかさ張らず収納しやすい!

トラックを1台借り切るプランを選んだ場合はあまり気がつかないかもしれませんが、単身パックや郵送での引越しをする場合、布団のサイズは引越し料金に大きな影響を与えてしまいます。そのため、引越しで布団を運ぶ際には、できるだけコンパクトにすることが重要となります。布団をコンパクトにしつつ運びやすくもなるベストな方法は、布団圧縮袋を使用したやり方です。業者が布団カバーをリースしてくれることもありますが、各種布団をまとめるだけで見た目以上には小さくはならないため、市販されている圧縮袋を使った方が、よりコンパクトになります。圧縮袋の使用方法は、まず袋の中に布団を入れ、掃除機で中の空気を吸い出して袋を縮めていきます。最後に空気が再び袋の中に入らないようにきっちり閉じれば、布団がコンパクトになり完了です。圧縮された布団は硬くなるため、運搬や荷物を積む際に作業がしやすくなるというメリットもあります。ただし、羽毛布団には圧縮袋を使用するのはやめた方が良いでしょう。羽毛布団は圧縮されることにより中の羽が傷んだりつぶれたりして、ボリュームがなくなる恐れがあります。特に羽軸があるフェザーを使用したものは、軸が折れると元には戻らなくなります。圧縮袋を購入する場合は、羽毛布団かどうかをまず確認しておくことをおすすめします。

布団はダンボールに収納しても大丈夫?

布団カバーに布団を収納するのが面倒だという人もいるかもしれませんが、布団をそのままダンボールに入れることはあまりおすすめできません。なぜなら布団は臭い移りがしやすいため、ダンボール特有の臭いが布団に移ってしまうことがあるからです。また、ダンボールでは水分を弾かないため、雨が降ったり湿気が多かったりすれば、ダンボールの中の布団も水気を吸ってカビが生える危険度が上昇します。そのため、布団を梱包するベストな方法は、布団袋や布団圧縮袋など、布団にあった梱包材を利用することといえます。引越し当日にどうしても布団を梱包する時間がないという場合は、業者の担当作業員が了承すればついでに布団を布団袋に入れてくれることもあるようです。ただし、梱包を自分で行うプランでは基本的に自分で行う必要があるため、快く了承する作業員ばかりではありません。頼む際は布団の梱包を丸ごと任せるのではなく、手伝ってもらうという形でお願いすると良いでしょう。ちなみに、引越し業者に布団だけを運んでもらうことは可能ですが、およそ5千円~1万円程度の料金がかかります。意外と高いと思われた方もいるかもしれませんが、この値段になる理由は、布団はかさがあるだけではなく敷布団が思った以上に重いからです。掛け布団・毛布・敷布団とすべてが合わさると、結構な重量になります。引越し代を安く済ませるために業者に頼まなかったとしても、かえって高くついてしまう恐れがあります。荷物が少ない場合でも業者が提供する単身パックの方が、結果的にお得になるかもしれません。引越し業者の料金相場を知るためには、一括見積もりサイトを利用してみましょう。複数の業者の代金が手軽に比較できるので、きっとあなたにぴったりの最適なプランが見つかることでしょう。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

引越しのとき調味料はどうする?梱包方法や処分方法のコツとは?

「引越し時に調味料は捨てないとダメなの?」 「調味料の梱包方法や処分方…

引越しでベッド運ぶのお金かかりそう…運搬料金を安くする1つの方法

「解体しないと引越し先のエレベーターに入るかな?」 「階段で運ぶのは…

冷蔵庫や洗濯機だけ引越したい!4つの運搬方法と料金相場まとめ

「自分たちで引越ししたけど、冷蔵庫とか洗濯機はどう運ぼう…?」「冷…

引越しの梱包作業が面倒くさい!自分でうまく梱包できるコツとは?

「引越し荷物の梱包作業が面倒くさい!」 「…

引越しの手伝いをお願いしたい!業者の料金相場やお礼のマナー特集

「ちょっとした引越しだから手伝いをお願いしたい!」

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事