引越しの養生!かかる費用や注意点まとめ

引越しをするとき小さなものはダンボールに詰めて荷造りすることが一般的ですが、これは運ぶために収納するという意味合いだけではなく、中のものを保護して運ぶという目的もあります。引越しでは同様に建物も保護してあげないと、引越し作業で傷つけてしまうかもしれません。そこで今回は、建物を保護する「養生」に焦点を当てて、引越しについて考えていきます。

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

そもそも養生って何?どんな意味があるの?

引越し当日に業者がまず行うのは、荷物を運ぶことではなく、壁や床、エレベーターの中などを布や板で覆う「養生」です。引越し経験者の中には、部屋から玄関までの動線に養生がされている光景を見たことがある人もいるのではないでしょうか。養生は荷物を運んでいる最中に、建物に傷や汚れをつけないためにとても重要な役割を果たします。養生に使われる資材は、布やビニールシートおよびプラスチックシート、スチロール板、ダンボール板、薄いベニヤ板など多様なものがあります。それぞれの素材には使用するのに適した状況や場所があるため、引越しの養生については場所によって柔軟に素材を変える必要があるでしょう。 養生は部屋や共用部分を保護するためにとても重要です。養生をしてくれる業者に頼めば、こちらから何も言わずとも養生を行ってくれますし、引越し代金に養生代が含まれていることが多いので、追加料金を支払うことなく安心して引越しができるでしょう。一方、自力で引越しをする場合は、共用部分に養生をしておかないと、管理人とトラブルになる可能性もあるため、必ず事前に養生の準備をしておく必要があります。また、自分の部屋の廊下や玄関周り、動線となるところの壁にも養生をしておくことは大切です。住んでいる時はきれいに使っていたとしても、引越しの際に傷つけてしまうと敷金が戻ってこなかったり、請求を受けたりすることでしょう。養生にかかる費用と手間を惜しんだだけで後々大きな負担を負う羽目にならないように、ホームセンターなどへ行って養生資材を購入してください。

自力引越しで養生!費用はどのくらいなの?

自力で引越しをすると、業者に頼むよりも安上がりになることがありますが、レンタカーを手配したり梱包資材を購入したりと、何かとお金がかかります。そして養生代もまた、自力での引越しに必要不可欠な費用です。資材はホームセンターやネットショップで売られています。養生は部屋の床だけではなく共用部分の通路やエレベーターの壁にも施さなければならないため、考えているよりも結構な枚数が必要になることが多いです。購入前に何枚くらい必要かをよく考えるようにし、当日困らないために少し多めに買っておくことをおすすめします。また、養生シートの他にも、シートを固定する養生テープ(300~500円程度)も買っておきましょう。 養生代が高くつくのでは?と感じた方も多いかもしれません。少しでも引越しにかかるお金を節約するために、毛布を床に敷くこともできます。梱包材として購入したダンボール箱が余っていれば、こちらも養生として代用できます。一方、養生資材をレンタルするという選択肢もあります。こちらは引越し後に使わなくなった養生資材を保管したり処分したりする手間が省けるため、便利な方法といえます。しかし、レンタル代は場合によっては購入するよりも高くつくことがあり、汚したり傷つけたりしたら買い取りしなければならないリスクもあります。そのため、養生について悩んだ時は、引越業者にお願いした方が賢明といえるかもしれません。業者に頼めば楽に引越しをすることができ、なおかつ養生代も引越し代金に含まれることが多いでしょう。

業者に頼んだ方が楽?単身引越しでもしてくれるものなの?

「単身で荷物が多くない自分の引越しに、業者はきちんと養生をしてくれるのだろうか…」という疑問をもつ人もいるかもしれませんが、業者は荷物の量や部屋の大きさで養生をしたりしなかったりという区別をすることはありません。ただし、業者によっては養生がオプション扱いで別料金となっていたり、養生自体をしないという業者もあったりするので注意が必要です。引越し当日のトラブルを避けるためには、見積もり時などに養生についてどうなっているかを聞いておきましょう。その際は旧居から荷物を搬出するときだけではなく、新居に荷物を搬入するときも養生をしてくれるのかを確かめてください。自力で引越しをする場合、養生は購入費用がかかるだけではなく、処分費用も発生します。また、引越しに慣れていない人が養生をする場合、必要以上の枚数でガチガチに養生して無駄な資材代を支払うことになってしまったり、逆にスカスカの養生で建物に傷をつけてしまったりする危険性が高くなることでしょう。養生に関しては引越業者に頼んだ方が、お金の面でも作業の面でも安心で、メリットが大きいといえます。 養生をきちんとしてくれる引越業者を選びたいなら、一括見積もりサイトを訪れてみてください。大手から地元密着型の業者まで、幅広い選択肢を私たちに示してくれます。複数の業者に手軽に見積もり依頼ができるため、養生について聞きたい場合は、見積もりフォームの中にある備考欄などで質問してみるとよいでしょう。後悔しない引越しをするためにも、一括見積もりサイトをぜひ活用してください。

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

引越し先まで包丁を安全に運ぶ方法を知っていますか?

私たちが日常的に使っている「包丁」。愛着をもって使い続ければ、物によっては数十年以上ももちます。 た…

引越しで自転車はどうする?単身パックのプランや料金相場などを紹介

「単身パックは自転車を積める?」 「自転車…

引越しの荷造りは何からすべき?荷物別の梱包手順や業者のサービス…

「引越しの荷造りって時間かかる?どの順番で梱包したらいい?」 …

引越しで衣装ケースはそのまま運べる!中身の注意点と荷造りの方法…

「衣装ケースは梱包しなくても運んでもらえるかな?」 「

引越しで電子レンジを運んでもらいたい!梱包してもらえる業者を紹介

「引越業者は電子レンジを梱包してくれるかな?」 「

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧