引越し時の衣装ケースはどう扱う?

タンスの代わりに使える透明なプラスチック製の衣装ケースを、使用している人も多いのではないでしょうか。木製のタンスよりも軽く、中に何が入っているかも見えるため、衣装ケースは大変便利なアイテムといえるでしょう。では、もしも引越しをする場合、タンスは大型家具として扱われることが一般的ですが、衣装ケースはどのような扱いになるのでしょうか。引越しと衣装ケースに関する疑問にお答えしていきます。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

プラスチックの衣装ケースは中身が入ったままでもOK!

衣類などの荷物は、引越しの際ダンボール箱に梱包しなければならないと思っている人もいるかもしれません。しかし、プラスチック製などの衣装ケースの場合は、ケースから中身を取り出してダンボール箱に詰め替えなくても良いことが多く、中身をそのまま衣装ケースに入れて運搬することが可能です。ただし、衣装ケースによっては、運搬中にフタが開いたり引き出しが飛び出したりすることがあるので、ビニール紐で縛ったりテープで封をしておくことを忘れないようにしましょう。テープで固定する場合は、はがしたときに跡が残らないテープを使用してください。引っ越し業者からテープをもらえる場合があるので前もって聞いておくと良いでしょう。基本的に衣装ケース自体を梱包材で保護することはありません。ただし、プラスチック製のものは運搬中に欠ける可能性があるので、気になる場合はケースの角だけでも緩衝材などで保護してあげても良いかもしれません。 ケースごと運ぶことができるといっても中身を詰め込みすぎて重量が出ると、少しの衝撃でケースが壊れやすくなります。できるだけケース自体は軽くなるよう重いものを入れることは避けましょう。引越し業者が提供する単身パックでも、中身の入った衣装ケースをそのまま運ぶことができますが、単身パックで利用する滑車つきコンテナは大きさが決まっており、基本的に縦に荷物を積んでいく構造になっています。中身が入ったケースではコンテナに下部に置く場合が多くなりますが、上からの重量がかかりすぎると破損の原因となるため、できるだけ中身を軽くしてコンテナの上の方に置くのがベストです。

衣装ケースのまま引っ越す際に気をつけたいこと

引越しをする際に大変便利なプラスチック製の衣装ケースですが、注意しておきたいこともあります。プラスチック製の多くは、透明や半透明で中身が外から見えるようになっています。そのため、特に女性は下着類などを引越し業者に見られてしまわないよう、袋に包んだ状態でケースに入れたり、衣装ケースから取り出してダンボール箱に移し替えたりする工夫をしてください。袋に入れる場合は袋をテープで封じておくと、振動で袋の中身が飛び出すといった事態を避けることができます。 プラスチックでできている衣装ケースは、ガムテープとの相性が良くありません。一般的なガムテープを使用すると、はがしたときに跡やベタベタしたのりが残る可能性が高いです。使用するテープはマスキングテープか養生テープ、もしくは業者からもらえることがあるはがした跡が残りにくいテープを使うのがベストです。跡が残りにくいテープでも、長時間放置しておくとのりがケースに移ってしまうことがあるので、引越し後はすみやかにテープをケースからはがすようにしましょう。 ダンボール箱とは違い、プラスチック製の衣装ケースは、ケース自体が緩衝材の役割を果たしません。中に硬いものを入れていると、運搬中衣装ケースが破損したり、中のものが壊れたりすることがあります。そのため、衣装ケースには衣類やタオルなどの柔らかいものを入れるようにし、書籍などの重いもの、液体類、電化製品、CDやDVDなどの割れやすいものは基本的に入れないようにしましょう。また、衣装ケースにキャスターが付いている場合は、トラック内で動いてしまわないよう事前に外しておきましょう。

そのままだとNGなタイプの衣装ケースも!?

衣装ケースと一口にいってもさまざまなタイプのものがありますが、中身を入れた状態で運べるものは、プラスチック製や布製、藤製などの軽いものだけです。木製の衣装ケースや洋服ダンスでは、それ自体が重く運びにくいものであるため、中に入っている衣類はダンボールなどに移し替えてください。一方、業者によっては引き出しを中身ごと梱包材で包んで運んでくれるところもあるため、引き出しの中を空にする必要はない場合もあります。業者に事前に連絡をして、どの方法で運搬してくれるのかを問い合わせてみてください。木製の衣装ケースでキャスターが付いているものも、キャスターはできるだけ外しておきましょう。

衣装ケースをそのまま運んでくれる引越し業者はどこ?

もしも引越し業者が中身が入った衣装ケースを運んでくれるなら、荷造りの労力と時間が大きく節約できるので大変便利です。しかし、業者によっては、衣装ケースから中身を取り出してほしいというところもあります。では、ケースの中身を移し替えなくても運んでくれる引越し業者は、一体どこなのでしょうか。アート引越しセンター、サカイ引越センター、クロネコヤマト、日通、アリさんのマークの引越社などの大手業者は、中身を衣装ケースに入れたまま運んでくれることが多いようです。しかし、これらの業者でも担当者によって返答が異なる場合があるので、当日になってトラブルにならないよう、訪問見積もり時や契約時に確認をしておくことが大切です。 できるだけケースから中身を取り出さず、そのまま運んでくれる業者に依頼したいと考えるのは自然なことです。どの業者がどのサービスを提供してくれるかを知りたいときは、一括見積もりサイトが手助けをしてくれます。必要な情報が手軽に手に入るので、時間と手間が節約できて便利です。ストレスの少ない引越しをするために、一括見積もりサイトをぜひ活用してみてください。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

レンタカーで引っ越し!ハイエースと軽トラならどちらにすべき?

引っ越しをするときは、いろいろとお金が掛かります。そのため、節約できるものがないか見直すことが大切…

冷蔵庫や洗濯機だけ引越したい!4つの運搬方法と料金相場まとめ

「自分たちで引越ししたけど、冷蔵庫とか洗濯機はどう運ぼう…?」「冷…

引越しでベッド運ぶのお金かかりそう…運搬料金を安くする1つの方法

「解体しないと引っ越し先のエレベーターに入らないかな?」 「階段で運…

割れ物やお皿の梱包どうする?引越し荷造りのコツまとめ3つ

引越しでの失敗談があるという人は多いのではないでしょうか。その中でも割れ物である食器類に関する失敗…

本の荷造りどうしよう…引越しで役立つ本の梱包や処分のコツ6 点!

「本が大量にあるけど、どうやって運ぼうかな」 引越しの荷物の中でも…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事