引越し時の冷蔵庫の中身の片付け方!調味料の処分や水抜きの方法

引越し 冷蔵庫 中身 アイキャッチ

「冷蔵庫の中身どうやって運ぼう?それとも処分?」
「コンセントっていつ抜けばいいんだろう?」

引越し当日に冷蔵庫の中に食材や調味料を詰めたままだと、引越し業者は運んでくれません。さらに、運ぶ時に水漏れしないように水抜きをしておく必要があります。

この記事では、冷蔵庫の中身を計画的に処分する方法や引越し時の注意点、冷蔵庫の中身を処分した後の引越し準備の流れをご紹介します。

冷蔵庫を運ぶために引越し前にしておく準備


  1. 引越しの1週間前から中の食材を減らし始める
  2. 引越し前日にコンセントを抜き、水抜きと霜とりを済ませる
  3. 1が不可能な場合、クール便やおすそ分け、処分などで対応する
  4. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して業者サービスを比較してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

冷蔵庫の中身の片付けは1週間前から!増やさないように注意!

冷蔵庫に入っているものは基本的には食材です。そのため中身を減らすには食べて消費するのが一番です。引越しの1週間前には食材の購入を控え、冷蔵庫にあるものを中心に料理をするようにします。

残り物での料理が難しい場合も、近年ではインターネットで簡単にレシピを検索することができます。例えばニンジンと卵が冷蔵庫にあったら「ニンジン卵料理」で検索すればたくさんのレシピを見つけることができます。こうして調べて調理をすれば、ムダになる食材はほとんどないでしょう。

引越しまでに食材がなくなり料理を作ることができなくなったら、外食を取り入れてなるべく冷蔵庫にはものを置かないようにします。

【特に生鮮食品には気をつける】

生鮮食品は傷む可能性が高いので、持っていく場合はできるだけ少ない量にしましょう。 特に、夏場や長距離移動の場合は傷みやすいです。

残らないように料理してしまうのが理想です。作りすぎた場合は近隣の人におすそ分けしたり、クール宅急便で新居に郵送する手もあります。

処分できない場合は、クーラーボックスかクール宅急便で運送

どうしても新住所まで運びたいというものは、クーラーボックスやクール宅急便を使いましょう。

注意点としては、クーラーボックスの場合は保冷剤や保冷バッグなどは実費であることと、クール宅急便の場合は箱は「発泡スチロール」ではなく「ダンボール」で準備することです。

理由としては、発泡スチロールだと断熱性が高く冷凍庫内の冷気が伝わらないからです。 特に冷凍食品は、「冷蔵品」とは違って「冷凍」ですのでクール宅急便をおすすめします。

調味料の処分方法

「お酢」や「醤油」といった調味料は常温で保存することも可能です。引越しまでに小分けの段ボールなどに詰めておき、当日速やかに運送できるようにしておきましょう。ただ1度開封してある調味料は引越しの際中身が飛び出てしまうこともあるので、テープやビニールでしっかり梱包することが大事です。

新居に持って行きたい食品はおすそ分けもしくは割れ物として業者に依頼

冷蔵庫の中身は引越しまでにすべて食べ終えておくのが理想ですが、味噌やドレッシングなどの調味料まできれいに食べ終えることは難しいでしょう。そのため余った食材は、クーラーボックスなどに移動させ冷やしながら運ぶ必要があります。

野菜やおかずの食材をクーラーボックスで保存することもできますが、かさばることが多いので持ち運びも大変です。卵も割れてしまうことが多いので引越しに向いていません。そんなときはご近所の人たちに食べきれなかった食材をおすそ分けするのも良いでしょう。

またジャムやドレッシングといったビン製品は、引越しの運搬中に割れてしまう危険性もあります。新聞紙などでくるんだあとにビニール袋に入れ、梱包した箱には念のため「割れ物注意」と書いておけば配慮してもらえること多いでしょう。

引越しで冷蔵庫は中身を入れたまま運ぶことはできない

忙しい引越しの準備や荷造りに追われて冷蔵庫の中身に気が回らない人も多いようです。そして引越し当日になり、冷蔵庫を業者が運ぶときに「冷蔵庫の中身を出してください」と言われて慌てて中身の処分をするケースもあると言います。

そのように当日に冷蔵庫の中身に気づいたときはクーラーボックスに詰める時間もなく、多くの食材を捨ててしまうことにもなり大変もったいないです。しかしもったいないからと言って冷蔵庫の中身を新居に運び、まだ冷え切っていない冷蔵庫に再び保管するのも危険で もちろん引越し業者は中身が入っている状態での冷蔵庫の移動は断ることが多いです。

引越しの際の冷蔵庫の水漏れを予防!水抜きと霜取りの方法

冷蔵庫の中身は引越し当日の朝ごはんまでギリギリに食材を入れておく人も多いようですが、なるべく引越し前日の夜までなど早めに空にし、コンセントを抜いておきましょう。このとき冷凍庫内に霜や氷が残っていると、運送中に溶けて水が漏れてくることもあります。

前日に電源を抜いておくことでこのような水漏れもしっかりと拭くことができ、冷蔵庫内の掃除も済ませることができるでしょう。

水抜き方法は大きく分けて3つのタイプがある

水受けのトレイが付いているタイプ

冷蔵庫によって付いている場所が違うので、取扱説明書で確認して水を捨てるようにしましょう。

水受けタンクが付いているタイプ

このタイプは背面の下の方に付いていることが多いです。水抜き用の穴には蓋が付いていて、開けるためにはドライバーが必要なのでご準備ください。

水受けの装備が無いタイプ

この場合は、冷凍庫の霜が溶けて冷蔵庫の下の床を濡らしますので、床にタオルを敷き水浸しになることを防ぎましょう。

霜取りは引越しの2日前には行う

まずは、製氷機能のある冷蔵庫の場合は製氷機能を停止します。この作業は引越しの2日前に行なってください。 その後、冷蔵庫の電源を切ってドアを開け、中の霜を溶かしてください。 この際に床が溶けた霜で濡れてしまうのでタオルを敷いておくことを忘れないようにしましょう。

【補足:引越し後の電源を入れるタイミング】

新しい家に冷蔵庫を設置したら、30分~1時間ほど置いてから電源を入れましょう。 冷蔵庫を横にして運んだ場合、コンプレッサーのオイルが別の配管に流れ込んでしまい故障してしまう恐れがあります。なので大事をとって時間をあけてから電源を入れるようにします。

冷蔵庫を処分した時の費用は?水抜きや食材の消費が面倒なら処分も可

中身の処分や水抜きなどの作業が面倒の場合、引越し準備の段階で冷蔵庫を買い替えることも1つの手です。 冷蔵庫の処分費用は、メーカーやサイズにもよりますが4000~6000円が相場です。

費用が加算してしまう分、引越し費用はできるだけ抑えたい場合には、「一括見積もり」をすることがオススメです。 「引越し一括見積もりサイト」では配慮が必要なものを丁寧に梱包してくれるプランも簡単に見つけることができます。

冷蔵庫の中身を処分するのに時間がかかる、なるべく食材を新鮮なまま新居に運びたいといった場合も相談に応じている業者があるので、まずは一括見積もりサイトに登録し自分に合った引越し業者を見つけてみましょう。

【冷蔵庫を運ぶために引越し前にしておく準備】

  1. 引越しの1週間前から中の食材を減らし始める
  2. 引越し前日にコンセントを抜き、水抜きと霜とりを済ませる
  3. 1が不可能な場合、クール便やおすそ分け、処分などで対応する
  4. プランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して業者サービスを比較してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

洗濯機や冷蔵庫だけ運んで欲しい…家電を安く安心して運ぶ一つの方法

「他の荷物は自分で運ぶから、洗濯機や冷蔵庫だけ運んでもらえないかな…」

引越しの梱包作業が面倒くさい!自分でうまく梱包できるコツとは?

「引越し荷物の梱包作業が面倒くさい!」 「…

引越しのとき調味料はどうする?梱包方法や処分方法のコツとは?

「引越し時に調味料は捨てないとダメなの?」 「調味料の梱包方法や処分方…

引越し前必見!ダンボールをほぼタダで入手して荷物を詰めまくるぞ!

「引越しのダンボールって無料じゃないの?」

引越しの手伝い、誰かに頼みたい!絶対に喜ぶお礼やマナー特集

「ちょっとした引越しだから手伝いをお願いしたい!」