犬と引越し|愛犬にストレスなく新居に慣れてもらうためのコツ3つ

犬と引越し|愛犬にストレスなく新居に慣れてもらうためのコツ3つの画像

「犬と一緒に引越しするけど、ストレスがかからないか心配…」

「新居で快適に過ごしてもらうにはどうしたらいい?」

引越しの際にストレスがかかってしまい、体調を崩したり、無駄吠えが増えたりするトラブルを抱える犬は少なくありません。

引越しの際に犬にストレスを感じさせないためには、事前から準備しておくことが大切です

犬を新居につれていくときには移動手段にも配慮する必要があります。

ここでは、愛犬と新居で快適に暮らすためのコツ登録情報の変更方法についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

【ストレスをかけずに愛犬と引越したい!】

  • 事前の準備が大切
  • まずは移動用ケージに慣れさせることから始める
  • 公共機関で犬は「手回り品」扱いに
  • 犬と一緒に移動が難しい場合は引越し業者のサービスが利用できることも
  • 引越し後は犬の体調変化に注意
  • 体を舐める・震える・お腹をこわす症状がよくみられる
  • 犬が慣れるまでは叱らず、愛情をもって見守る
  • 引越し後は速やかに犬の登録情報の変更を

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引越し先に愛犬を連れて行く!不安やストレスを感じさせないポイント

犬と一緒に引越しをするときは、ケージに入れる必要があるため、普段あまりケージを使っていない場合はケージに慣れさせることから始めます。

犬がケージに近づき、その中で過ごせる時間が増えるように、徐々に慣れさせていきましょう。

ケージの中は、犬にとって安心できる場所だと認識できることが大切な目標になります。

引越し日が近づくと、飼い主が荷造りのためにバタバタと動き回るようになり、そのようすを見ている犬が不安を感じることあります。

引越し当日はさらに大変です。

荷物の運搬作業に大勢の人が出入りするほか、大きな物音がする場面も多々あります。

また、犬のようすが気になりながらも、忙しさから十分にケアができなくなるかもしれません。

このようなことから、犬にかなりストレスが溜まる可能性がでてきます。

そのため、現在の住まいでの引越し作業が終わるまでは、犬が安心できるように、ペットホテルを利用するほか、自分の犬がなついている友人に預けることを考えましょう。

引越し業者に愛犬を運んでもらうのもあり?おすすめの移動手段と方法

犬と一緒に引越しするときは、犬がストレスを感じない移動手段を選ぶことが大切になります。

特にデリケートな性格の犬は、かなりのストレスを抱える可能性があります。そのため、犬に負担が掛からない方法で移動することを考えましょう。

車で一緒に移動するときは、犬をケージの中に入れた上で、シートベルトでケージを固定します。

移動中は、隣に座る家族が話し掛けるようにするほか、ドッグランなどに立ち寄って気分転換することをおすすめします。

また、犬は酔いやすいため、事前に酔い止め薬の処方を受けるとよいでしょう。

公共交通機関を使って一緒に移動する場合、犬は「手回り品」扱いになります。

公共交通機関を使うときはキャリーケースを利用しますが、大きさや重さ(3辺の合計:90cm程度、総重量:10kg以内など)に制限があります。

また、公共交通機関を利用する際のルールについても早めに確認しておくと安心できます。

犬と一緒の移動が難しい場合は、引越し業者のオプションサービスや、専業の業者に依頼することを考えましょう。

引越し業者によっては飼い主の同乗ができるサービスもあるため、幅広く情報収集した上で最もよい方法を選ぶことをおすすめします。

引越し後の愛犬の状態をチェック!起こり得るトラブルや対処法

犬にとって、住む場所が変わることは大きなストレスになります。そのため、引越し後は、犬の体調や行動に変化がないか注意が必要です。

たとえば、体を舐める頻度が増える、体を震わせるなどの行動や、お腹を壊すなどの症状が現れる場合があります。

また、物音に驚いたり人を見たりして吠えることもでてきます。 犬が吠え続けるときは、不安な気持ちになっているからです。

そんなときは、やさしく撫でてあげて信頼関係を築くことが大切です。

その上で、徐々に散歩の範囲を広げていき、新しい環境に慣れるようにしていきましょう。

ちなみに「猫は家に慣れる、犬は人に慣れる」ともいわれ、飼い主は、犬にとって掛け替えのない存在だと考えられます。

それを知っていると、トイレの粗相が目立つときも対応しやすくなります。

新居ではトイレの粗相をすることが少なくありません。そのときは、引越し前と同じ環境の再現をおすすめします。

犬は「トイレを場所で覚えている」傾向が多いからです。

また、シーツを敷く場所を広げるとよいでしょう。

トイレトレーニングの原点に立ち返ることも必要かもしれません。

犬が粗相をしても、きつく叱ったり、ため息をついたりしないで、気長に見守ることがポイントです。

なお、犬が新しい環境に慣れるまでは3ヶ月掛かるともいわれています。

また、引越しをするときは、これまで使ってきたものを洗濯しないで持っていくと、ニオイで安心するようです。

引越ししたら、愛犬の登録情報変更を忘れないで!手続き方法や注意点

引越しをするときは、犬の住所変更手続きが義務づけられています。

引越し後は、転入先の自治体、あるいは保健所窓口へ速やかに出向きましょう。転入届と一緒に済ませておくと安心です。

手続きのときには、新しい鑑札の交付、狂犬病の予防注射に関する案内を受けます。

そのとき、これまで交付されていた鑑札のほか、狂犬病予防注射済証、印鑑が必要になります。

新たに犬を飼い始めるときは、新規登録手続きを行います。

対象になるのは生後91日以降の犬で、こちらの手続き期限は30日以内です。

なお、犬の登録手続きを行う窓口のほか、手続きの詳細については、引越し前から調べておくことをおすすめします。

ストレスをかけずに愛犬と引越すために

  • 事前の準備が大切
  • まずは移動用ケージに慣れさせることから始める
  • 公共機関で犬は「手回り品」扱いに
  • 犬と一緒に移動が難しい場合は引越し業者のサービスが利用できることも
  • 引越し後は犬の体調変化に注意
  • 体を舐める・震える・お腹をこわす症状がよくみられる
  • 犬が慣れるまでは叱らず、愛情をもって見守る
  • 引越し後は速やかに犬の登録情報の変更を

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

ハイエースで自力引越し!ハイエースなら業者も費用も必要なし!

「激安で引越しがしたい!」 「自分で引越す場合に荷物はどうやって運べ…

引越し時に布団を上手に梱包しないと追加料金がかかる?注意点まとめ

「引越し時に布団はどう運べば良いの?」 「布団だけの梱包方法が知りたい…

ソファーだけ引越したい!ソファーの運搬費用と3つの注意点

「ソファーだけって引越し業者に頼める?費用はいくら?」 「ソファーとか…

引越しでフィギュアを傷つけずに運ぶ方法は?業者に聞いてみた!

はじめまして。「いい引越し.com」です。突然ですがみなさんは、引越しをするとき、フィギュアってどう…

引越し時の冷蔵庫の中身の片付け方!調味料の処分や水抜きの方法

「冷蔵庫の中身どうやって運ぼう?それとも処分?」「コンセントっていつ…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事