ハイエースで自力引越し!ハイエースなら業者も費用も必要なし!

「激安で引越しがしたい!」
「自分で引越す場合に荷物はどうやって運べばいいの?」

引越しには思ったよりもいろいろとお金が掛かります。そのため、節約できるものがないか見直すことが大切です。

新居への荷物運搬手段として、引越し業者への依頼は定番ですが、自分で荷物を運んで引越しを行う選択肢もあって意外と需要は高まっているようです。

その際に重要なのは車種選びがです。ここでは、ハイエースと軽トラの2つを取り上げて、どちらがお得なのかまとめました。

自力引越しでは「車種」が命!ポイントまとめ


  1. 荷物の量や大きさによって車種を選ぶようにし、120サイズのダンボール箱に換算する方法を用いる!
  2. ハイエースの荷室には約80個積めて、軽トラの荷台に積めるのは約50個程度!
  3. ハイエースのレンタル料金は24時間:10,000円~20,000円が相場
  4. レンタカーで自力引越しをするか、引越し業者に依頼するかどうか迷ったときは、複数の引越し業者から見積りを取ることをおすすめ!
  5. 引越し業者の方が少し高くても、運搬から梱包などすべてやってくれるのでコスパが良い場合も!
  6. 引越しプランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して最安値を比較してみる!

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

自力で引越しならレンタカー!ハイエースと軽トラを完全比較

レンタカーを利用すると、自力で引越しをすることが可能です。自分で荷物を運ぶメリットとして、他人に荷物を見られなくても済む点が挙げられます。

また、自分のペースで引越しできるため、時間に追われなくてよいかもしれません。もちろん、契約時間内に車を返却する必要があるため、その辺はきちんとすることが大切です。

レンタカーを借りるときは、荷物の量や大きさによって車種を選ぶようにしましょう。そのためには、車に積める荷物量を把握しておくと役立ちます。

その目安として、120サイズのダンボール箱に換算する方法があります。たとえば、ハイエースの荷室には約80個積めますが、軽トラの荷台に積めるのは約50個です。

また、車の形状にも注目するとよいでしょう。ハイエースには荷台も含めてすべて屋根が付いているため、悪天候時の引越しにも安心です。荷物が車外に転げ落ちる心配がないことも大きなメリットです。

軽トラを借りるときに、オプションで幌(ほろ)を付ける方法もあります。しかし、好天を予想して幌を借りないでいると、急激な天候の変化に対応できなくなります。

このような理由から、最初から屋根が付いているハイエースのほうが便利だと考えられます。

引越し時ハイエースのレンタル料金や荷室サイズは?詳細を教えて!

レンタカーを借りるときは、レンタル料金の相場を知っておくと車種選びの参考にできます。

ハイエースのレンタル料金

24時間:10,000円~20,000円が相場

軽トラのレンタル料金

24時間:5,000円~10,000円が相場

もちろん、どちらの車種も相場以下で借りられるところも存在するようです。 ハイエースを借りるときは、どのような形状なのかも知っておくとイメージしやすくなります。

ハイエースのスペックについて

ハイエースは、運転台を前端に持ってきてエンジンの上に置く「キャブオーバー型」で、荷室が広い点が大きな特徴です。そのため、宅配業や貨物車、ジャンボタクシーなどとして幅広く使われているようです。

ハイエースは、用途によってボディの大きさが異なり、積載できる荷物のサイズにも反映されます。たとえば、2WD・標準ボディ・スーパーGLの荷室は、長さ(リアシートを折りたたんだ状態):247.0 cm、幅:152.0cm、高さ:132.0 cm あります。

そのため、ダブルベッドのマットレス(幅:140.0cm 、長さ:190.0 cm )を運びたいときにも便利です。 なお、冷蔵庫などは立てた状態で運ぶ必要があるため、事前に高さを計っておくことが大切です。

また、ハイエースの積載重量はボディサイズによって850~1,250kgと幅がありますが、重い家財道具が多い場合は注意しましょう。

引越しがもうすぐ!ハイエースを早くお得に確保したいなら?

ハイエースはレンタカー業者で借りられます。現住所の近くにある業者をはじめ、複数の業者の料金を比較することで、安く借りることが可能です。

レンタル料金を比較するときは、時間ごとの料金(6時間、12時間、24時間)のほか、延長料金がいくら掛かるかも確認しておきましょう。

レンタカー業者を選ぶときは、サービス内容やトラブル時の補償内容についても、チェックしておく必要があります。たとえば、新居の近くに営業所があり、ワンウェイレンタル(乗り捨て)が可能な場合は便利です。

カーナビはスムーズな運転のために役立ちますが、標準装備かどうかも知っておきましょう。自動車保険の保障内容についての確認も必要です。

自動車保険のうち、対物・車両には免責が設定されていることが多く、その分をカバーする免責補償があります。事故を起こしたときの対処方法についても、きちんと説明を受けることが大切です。

その上で、時間延長を希望するときや、逆に、予定よりも早く返却する場合の手続き方法についても、きちんと確認しておくことをおすすめします。

実際に引越し業者に頼むよりハイエースで自力引越しってどうなの?

レンタカーを借りて引越しをするときは、レンタカーの料金だけでなく、ガソリン代やダンボール箱などの料金が必要になります。

荷物を運搬するために、友人に手伝いをお願いすると1人あたり5,000円のお礼がかかることも知っておきましょう。また、車内を傷つけないためには、板や厚手の布などで窓などを覆う必要もでてきます。

ハイエースでの引越しを迷う場合は、ハイエースを使って引越しを行った人の体験談を参考にするとイメージしやすくなります。車に標準整備されているもの、自分で用意したほうがよいものなどを知るためにも役立ちます。

ハイエースを1泊2日で利用した20代男性からは、一人暮らしの引越しには十分との体験談が寄せられています。現在の住居から新居まで荷物運搬するだけでなく、新たに購入した家財道具を新居まで運ぶためにも役に立ったそうです。

ただし、ハイエースは車体が大きいため、狭い道路の運転や左折・右折時の巻き込みなどに注意が必要です。また、引越し前には、不用な荷物を減らしておくことも大切なポイントになります。

レンタカーで自力引越しをするか、引越し業者に依頼するかどうか迷ったときは、複数の引越し業者から見積りを取ることをおすすめします。

引越し業者に依頼すると、荷物を養生する資材を用意してもらえるほか、荷物が破損したときに補償が受けられるメリットがあります。荷物の運搬に友人を頼まなくても済みます。

長距離の移動が必要な場合は、引越し業者に依頼したほうがお得な場合が多いようです。このような事情があるため、引越しをするときは、自分で行うか引越し業者に依頼するか、どちらが向いているのかを確認してから準備することをおすすめします。

【自力引越しでは「車種」が命!ポイントまとめ】

  1. 荷物の量や大きさによって車種を選ぶようにし、120サイズのダンボール箱に換算する方法を用いる!
  2. ハイエースの荷室には約80個積めて、軽トラの荷台に積めるのは約50個程度!
  3. ハイエースのレンタル料金は24時間:10,000円~20,000円が相場
  4. レンタカーで自力引越しをするか、引越し業者に依頼するかどうか迷ったときは、複数の引越し業者から見積りを取ることをおすすめ!
  5. 引越し業者の方が少し高くても、運搬から梱包などすべてやってくれるのでコスパが良い場合も!
  6. 引越しプランを立てる前に、「一括見積もりサイト」を利用して最安値を比較してみる!

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

洗濯機や冷蔵庫だけ運んで欲しい…家電を安く安心して運ぶ一つの方法

「他の荷物は自分で運ぶから、洗濯機や冷蔵庫だけ運んでもらえないかな…」

引越しの梱包作業が面倒くさい!自分でうまく梱包できるコツとは?

「引越し荷物の梱包作業が面倒くさい!」 「…

引越しのとき調味料はどうする?梱包方法や処分方法のコツとは?

「引越し時に調味料は捨てないとダメなの?」 「調味料の梱包方法や処分方…

引越し前必見!ダンボールをほぼタダで入手して荷物を詰めまくるぞ!

「引越しのダンボールって無料じゃないの?」

引越しの手伝い、誰かに頼みたい!絶対に喜ぶお礼やマナー特集

「ちょっとした引越しだから手伝いをお願いしたい!」

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事