引越しの手伝い、誰かに頼みたい!絶対に喜ぶお礼やマナー特集

「ちょっとした引越しだから手伝いをお願いしたい!」
「引越しの手伝いをお願いするとき気を付けるポイントは?」

近場への転居だったり、逆に遠方への引越しで業者に頼むより自分たちで運んだ方が安く上がったりと、人生の中には自力で引越しをする機会もあることでしょう。

しかし、自分だけでは全ての作業をこなすことが難しいため、家族や友人にヘルプを頼みたくなるかもしれません。

そこで今回は、引越しで手伝いを頼むときに気を付けるマナーや知っておきたい情報をお送りします。

引越しで手伝いをお願いするときのポイント!

  1. 引越しの手伝いを知人や家族にお願いするときは、プロでないことを理解した上でお願いする
  2. お礼は、謝礼金でもご馳走をふるまうでも良いが本末転倒になってしまわない程度に設定する
  3. 引越しの手伝いの予算は、1人あたり3,000ほどが相場
  4. 引越し先の間取りが広く、荷物が多い場合は引越し業者をおすすめ
  5. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して複数業者の料金を比較してみる

※知人や親族への謝礼金を考えると、プロの業者の方が安上がりで効率が良いかもしれません!一度一括見積もりで、料金相場だけでも確認してみるのをオススメします。

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

引越しの手伝いを家族や知人に手伝いを依頼!注意点やお礼の相場は?

引越しを機会に仲違いするのは誰もが避けたいことでしょう。引越しの手伝いを頼む方も頼まれた方も、できるだけ気持ちよく引越しを終えたいのが本音です。

誰かに手伝いをお願いするときは、相手が自分の荷物を壊したり傷つけてしまったりしても、文句をいわないのがポイントです。

頼まれた方は大抵引越し作業に不慣れなことが多いので、プロの業者に頼むよりもトラブルが発生する確率が高いことをあらかじめ理解しておきましょう。

また、引越し業者なら1時間で終わる作業でも、自力での引越しでは倍以上の時間がかかることがあります。素人は引越し経験が少なく、もしレンタカーを借りる場合はなるべく時間を多めに見積もってください。

どんなに親しい仲であっても、時間と労力を割いて引越しの手伝いをしてくれるのですから、お礼はするべきといえます。

<お礼の相場とポイントとは?>

  • 一般的には兄弟でも友人でも3,000〜5,000円程度が多い
  • 自分も相手も学生の場合は、1,500円〜3,000円程度
  • 会社関係の人に手伝ってもらう場合は、お金よりも食事を奢ることでお返しをした方が良い
  • 謝礼は本末転倒になってしまわない額に設定することが、謝礼の金額を決めるときのポイント

また、引越しの手伝いを派遣してくれる業者もあるので、もう少し手伝いの人数が欲しいという場合に活用してみましょう。

今すぐ一括見積もりで料金確認

引越しの手伝いのお礼は現金がいい?他にお礼になるものと言えば?

現金を喜ぶ人がいる一方、そうではない人もいるのでなかなか難しいのが現実です。引越しの手伝いのお礼としてはお金ではなく、商品券を渡したりご馳走をふるまったりするケースもあります。

お金以外のお礼は渡す方も渡される方も気を使わなくて済むため、お金よりもベターだという考えもあります。商品券の場合は、だいたい謝礼と同等の額の券を用意すると良いでしょう。

食事をご馳走するときは高級料理店に行く必要はなく、みんなでワイワイ楽しみながら飲食ができるお店で、1人あたりの予算が3,000〜5,000円くらいのところに行くのがおすすめです。

また、レンタカーではなく知人にトラックを借りた場合は、車の持ち主にもお礼をするのが望ましいです。

謝礼の場合金額は3,000円程度で良いと考えられ、ギフト券や菓子折りでも感謝の気持ちを表すことができます。

車を返すときには、ガソリンを満タンにすることを忘れないようにしましょう。ひどく汚してしまった場合は洗車することも大切です。

引越しの手伝いは何人ぐらい必要?手伝いの人数を決める目安は?

引越しの手伝いの人数は、少なすぎると引越し作業がはかどらなかったり1人あたりの負担が大きくなりますが、逆に多すぎると、現場がカオスになったりお礼をするだけで大変だったりとリスクが生まれます。

引越しを手伝う人の数は、荷物の量や部屋の広さによって左右されます。1Kの1人暮らしでそれほど荷物が多くない場合は、1〜2人の助っ人で十分といえます。

逆に3LDKに住む小さな子供がいるファミリーの引越しで、妻か夫が子どもの面倒を見なければならず引越し戦力にならない場合は、3〜4人の手伝いが必要になるかもしれません。

引越しをする状況によって手伝いを頼む人数は柔軟に変えたり、間取りが広かったり荷物量が多い場合は、引越し業者に頼んだ方が無難でしょう。

引越しの手伝いはやっぱり業者に依頼!荷造りの手伝いも頼める?

自力での引越しはお礼などで案外費用がかかり、また労働や気遣いで心身ともに消耗するため、引越し業者に依頼した方がストレスの少ない引越しができるかもしれません。

引越し業者の中には荷造りの対応をしてくれるところもあり、お金を出せばかなり楽して引越しができますし、業者なら依頼料金を渡せば良いだけなので、お礼などについて深く考得る必要もありません。

また、業者は引越しのプロのため、安心して任せやすいというメリットもあります。 お得な業者を見つけるためには、「一括見積もりサイト」を利用してみましょう。

様々な業者が多く登録されているため、思っていたよりも安価に引越しができる可能性が高いです。手伝いを頼んで行う自力での引越しよりも高く付くか安くなるかをぜひ調べてみてください。

今すぐ一括見積もりで料金確認

【引越しで手伝いをお願いするときのポイント!】

  1. 引越しの手伝いを知人や家族にお願いするときは、プロでないことを理解した上でお願いする
  2. お礼は、謝礼金でもご馳走をふるまうでも良いが本末転倒になってしまわない程度に設定する
  3. 引越しの手伝いの予算は、1人あたり3,000ほどが相場
  4. 引越し先の間取りが広く、荷物が多い場合は引越し業者をおすすめ
  5. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して複数業者の料金を比較してみる

※知人や親族への謝礼金を考えると、プロの業者の方が安上がりで効率が良いかもしれません!一度一括見積もりで、料金相場だけでも確認してみるのをオススメします。

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引越しプランの見積もり料金を比較

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。 ※2020年5月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

あると便利!引っ越しの時に用意しておきたい台車のあれこれ

荷物の少ない単身者の引越しや、同じマンション内での引越しなど、荷物も移動距離も少ない引越しの場合は…

引越しで不用品を処分したいなら方法は6つ!業者に頼むと楽な理由…

「家具や家電を処分したいけど、どこに頼めばいい?」 「

引越しでベッドだけ運べる?引越業者なら無料で解体・組み立てても…

「引越業者はベッドだけでも運んでくれるかな」「

引越し時の冷蔵庫の中身の片付け方!調味料の処分や水抜きの方法

「冷蔵庫の中身、どうやって運ぼう?処分するしかないのかな?」「冷蔵庫…

引っ越しの養生!かかる費用や注意点まとめ

引っ越しをするとき、小さなものはダンボールに詰めて荷造りすることが一般的ですが、これは収納という意…

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
速い光回線

NURO光

  • 45,000円キャッシュバック
  • 基本工事費実質無料

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧