引越しでベッド運ぶのお金かかりそう…運搬料金を安くする1つの方法

「解体しないと引っ越し先のエレベーターに入らないかな?」 「階段で運ぶのは無理そうだし……どうしよう」 引っ越しのときには、冷蔵庫やタンスといった、大物を運ぶことになりますが、正直「ベッド」が一番厄介です。 大きいベッドを解体して梱包することで運搬できます。どうしても無理な場合はベッドを処分して新しく買い換えたほうが引っ越ししやすいです。 以下で詳しい内容を見ていきましょう。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

引越しでベッドを運ぶ方法と注意点

ベッドの引越しで、一番の問題は「搬出・搬入経路の確保」です。部屋のドアや廊下、玄関だけでなく、マンションなら廊下やエレベーターなど、これらの経路を通り抜けられない場合は、解体するなどが必要になります。それによって引越し料金も大きく変わります。

組み立て式のベッドの場合

一人暮らしのマンションなどでは特に、ベッドを寝室や玄関のドアから出すことができない場合が多くあります。

そのため、ベッドを引越す場合の多くは、まずベッドを解体してから引越しのトラックに積み込み、新居で組み立てることになります。

その際、最初に注意しておくべきことが、引越し業者が解体と組み立てをしてくれるかということ。

ベッドの解体、組み立ては作業量が多いため、引越し業者によっては追加代金になることもありますので、必ず見積もり段階で確認しておきましょう。

言い換えれば、自分で解体・組み立てをすれば、費用を安くすることもできます。ベッドは複雑な構造ではないため、ドライバーや六角レンチなどの器具があれば、解体・組み立てはそれほど難しい作業ではありません。

以下にベッドの解体・組み立ての手順とポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.解体する前に撮影しておく
ベッドの組み立て説明書を保管している人は少ないでしょう。ですので解体する前に組みあがった状態のベッドを撮影し、組み立ての際のイメージを明確にしておきましょう。
2.無理に解体しない
ネジがきつくなっている場合は、ベッドが傷む原因となるため、無理に解体しないのもポイントです。全て解体するのではなく、持ち運べる大きさにまで解体できれば十分ですから。
3.ネジの紛失に注意
少しでもネジを紛失してしまうと、破損の原因となります。ですので、なくさないよう袋にまとめておきましょう。大小のネジの種類が多い場合は、大きさごとにまとめておくと便利です。
4.解体・組み立ては慎重に
特にフレームなどは、曲がったりゆがんでしまうと、組み立てた際にバランスが悪くなり、そのまま使っていると劣化の原因になります。また部品で部屋を傷つけてしまうと、退去時に修繕費を請求される羽目に…。
費用を減らすためにベッドを解体・組み立てしたはずなのに、かえって費用がかさむことになりかねないので十分に注意しましょう。

解体したベッドは、ダンボールに入れて運べば、傷つくことなく運べます。
ベッドの部品がダンボールに入らない場合は、キルトカバーなどで梱包するだけでも十分です。

組み立てができない特殊なベッドの場合

ウォーターベッドやキングサイズ、電動ベッドなど、組み立てができない特殊なベッドで、玄関や廊下、マンションの共用部分を通過できない場合は、窓などから搬出・搬入する場合があります。

その場合は、あらかじめ玄関の状況や家の階層、必要ならば間取りも含めて詳しく情報を伝える必要があります。そして運び方を考えてもらってから、見積もりをもらいましょう。

場合によっては、クレーン車での吊り上げ作業が必要になり、費用がかなりかかることもあります。あまりにも高額だった場合は、処分も含めて検討しましょう。

折りたたみ式や、小さいサイズのベッドであれば、そのままトラックに積んで新居に搬入可能なこともあります。現在使用しているベッドが、今の部屋と新居にスムーズに出入り可能な大きさか、あらかじめ確認しておきましょう。

折りたたみや小さいサイズのベッドであれば「単身パック」は可能?

一人分の荷物を、専用のコンテナBOXなどに積んで輸送する「単身パック」。格安で引越しができるため、「単身パックでベッドも運びたい」と思う人もいるかと思います。
結論からいうと、引越しの荷物にベッドがある場合は、多くが容量オーバーとなるため、単身パックは利用できません。
各社違いはありますが、一般的なコンテナBOXの大きさは、横100cm×縦100cm×奥行き75cm程度です。一方で、一般的な折りたたみ式ベッドのサイズは、横100cm×縦100cm×奥行45cm程度。
つまり、折りたたみベッドを積むだけで、コンテナがいっぱいになってしまうことになります。ベッドを解体してダンボールに詰め込んだとしても、同じくらいの容量を使うことになるでしょう。
そもそも、マットレスを使用している場合は、マットレスがコンテナよりも大きいため、単身パックは利用できません。
よって、荷物にベッドがある場合は、単身パックを利用しての引越しは厳しいと考えた方がいいでしょう。

自力で引越しする場合にベッドを運ぶ方法

引越し費用を最大限抑える方法は、引越し業者を使わず「自分で梱包から荷物の運び入れまで自分でやる」ことです。
特に一人暮らしの引越しの場合、家族の引越しと比べて荷物も少ないため、自分で荷物を運ぶ人も少なくありません。
他の荷物は自分で運ぶことが可能かもしれませんが、ベッドはどのように運んだらいいのでしょうか?

車を使って自力でベッドを運搬する

引越しの距離が近い場合は、軽トラックや自家用車を使って自力でベッドを運ぶこともできなくはありません。
ただし、自力でベッドを運ぶ際には、何点か注意すべき点があります。まずは重さです。
パイプ式のシングルベッドであっても重さは20㎏程度あります。分解したとしても一人で運ぶには重いため2人以上の人手が必要です。
続いての注意点が運搬です。
シングルやセミダブル程度なら、解体しなくても軽トラックに乗せて運ぶことはできます。しかし十分に固定していないと運搬中に傷だらけとなり、ベッドが破損してしまう可能性もあります。
さらに大変なのがベッドの「持ち方」です。
素人がベッドを運ぶ時は持ち方を注意しないと家の中に入れるのが難しく、なかなかスムーズな搬入ができません。加えて大きさに伴って重みも増しますので、誤って落としたりするとがんばって運んだにもかかわらず、使い物にならなくなったり、住居を傷つけてしまい、弁償になることもありえます。

大型家具の郵送サービスを使う

「すべての荷物を運ぶのは無理そう、だからベッドだけでも業者にお願いしたい」

引越し業者や宅配業者の中には、「家具・家電のみの引越しプラン」を設けている業者もあります。

ベッドだけこのサービスを利用して、それ以外の荷物を自力で運べば、すべての荷物を引越し業者に依頼するよりも随分と安くなります。

たとえば、クロネコヤマトの「らくらく家財宅配便」の場合、サイズと距離によって値段は変わりますが、シングルベッドの場合は15,050円(税抜き)程度です。

他の引越し業者や宅配業者でも同様のサービスがありますが、どの業者に依頼するにせよ、大きさ(横+縦+奥行の合計)と移動距離で料金が変わるため、正確な料金が知りたい方は、まず見積もりを依頼しましょう。

また引越し業者や宅配業者ではありませんが、赤帽でもベッドの運搬が可能です。シングルベッドで走行距離20km以内の場合は、9,000円(税抜き)程度になります。

注意点として赤帽は、遠距離の引越しの場合は高額になる可能性があります。加えてセミダブルベッド以上のマットレスなどは、対応できないことがあります。

新居でベッドを買い替える時の処分方法!

引越しを機にベッドを買い換える場合は、これまで使っていたベッドは処分することになります。

ここからはベッドを処分する方法について紹介していきます。

ベッドの引き取りをしてもらい粗大ゴミとして廃棄する方法

「買ってから間もない」「愛着がある」「高かった」などのような事情でなければ、処分してしまうのも一つの手です。搬入には苦労と時間とお金がかかるからです。

では、ベッドをゴミとして出すにはどのようにしたらよいのでしょうか。

ベッドは粗大ゴミに分類されていて、処分するルールは自治体ごとに異なります。そのため、まずは自治体の粗大ゴミ受付センターに問い合わせるというのが一般的です。

あとはセンターの指示に従い、粗大ゴミシールを購入し、回収日に家の前や指定場所に運び出しましょう。

ベッドの処分費用は地域によるが1000円くらい

現在は、環境を保護する目的で、粗大ゴミを出すのにはお金が必要になっています。

このルールは自治体ごとによって多少違いがあります。たとえば、横浜市の場合は「ベッドの枠のみは1000円、マットレス(スプリングがないもの)は1000円」としていますし、名古屋市では「1500円、ただしマットレスを除く」としています。金沢市では、「1000円(ただし金属で枠組みができているベッドやマットレスは除く)」としています。

基本的には「お金はかかるもの」と考えておいた方がよさそうです。多くの自治体ではウェブサイトに料金を公開しているので、事前に確認しておきましょう。

リサイクルショップや専門業者に売る

「処分費用がかかるくらいなら、リサイクルショップに売ってしまいたい」と考える人もいるでしょう。

リサイクルショップは、

  • ブランド価値の高いもので、品質が高いものす
  • きれいで傷がないもの
  • 需要がある商品
  • そのほか、そのリサイクルショップが必要と感じるもの

に関しては積極的に引き取ってくれます。

しかし、「リサイクルショップや専門業者が、何でも買い取ってくれるだろう」「最悪でも無料で引き取ってはくれるだろう」と考えるのは大きな間違いです。

ベッドの傷み具合によっては買い取ってもらえない場合もあります。特に、大型量販店で買ったリーズナブルなベッドは買い取ってくれない業者が多いので注意が必要です。

引越しでベッドを新調するなら解体しやすいのはニトリ?それとも無印良品?

引越しを機に、新しいベッドを買う人も多いことでしょう。それでは引越ししやすいおすすめのベッドはどのようなタイプなのでしょうか。

運搬のしやすさを考えるならば、解体しやすく、組み立てが楽にできるタイプのベッドがおすすめです。

そもそも解体する必要もない折りたたみ式ベッドであれば、面倒な手順を踏む必要もなく、簡単に引っ越しができますよね。

手頃な価格で質のいいベッドを購入できる店といえば、ニトリや無印良品が挙げられますが、その中から当サイトおすすめのベッドを紹介します。

組み立てしやすいベッドという点では、無印良品ならパイン材ベッドがおすすめです。素材が軽く、工具の必要もなく、簡単に組み立てができます。

口コミサイトの情報ではニトリのベッドは全般的に組み立てが楽といわれています。無印良品は女性にとっては難しいとの声が目立ちましたが、ニトリでは簡単に組み立てられたとの声も複数ありました。

特にニトリの脚付きマットレスは組み立てがシンプルなため、女性であっても簡単にセッティングできます。利用者の声を見比べるとニトリの方が組み立てはシンプルで楽にできそうです。

ベッドを新居に安く運ぶなら一括見積もりを

これまで説明したとおり、ベッドは引越しで一番といっていいほど大きな荷物になります。そのため、新居に運ぶには手間も費用も多くかかることになります。

宅配便や自分で運ぶという選択肢もありますが、手間や安全性という点では、やはり引越し業者にまとめて運んでもらうのが一番よさそうです。

とはいえ、新居や新生活にかかる費用はなるべく多く残しておきたいもの。そのためにも、引越しの費用は最大限安く抑えたいですよね?

できるだけ安く抑えたい気持ちがあるのなら、一括見積もりサイトの活用がおすすめです。

引越し費用の算出は大きさや引っ越し距離に応じて変わるため、一概にどこが安いと断定がしづらいところがあります。

しかし一括見積もりサイトなら一度に複数社の見積もりを取り寄せることができるので、見比べて一番安い業者にお願いすることができます。自力で1社ずつ見比べていると時間がいくらあっても足りませんが、一括見積もりサイトならば必要事項を入力すれば該当する会社がピックアップされるので、効率よく引っ越し準備を進めることもできます。

ベッドだけを運びたいという場合でも、入力フォームにその旨を記載しておけば、該当する会社を見つけることもできますし、ベッドの解体・組み立てを希望する場合も同様です。

引越しの一括見積もりサイトも複数ありますが、おすすめは引っ越し達人セレクトです。たった3分で一括見積もりができ、引越し費用も最大55%オフになります。アリさんマークの引越社やアート引越センターなどの大手引越し会社も多数参入しているので、安心して利用できます。ベッドを安く新居に運びたいなら、一括見積もりしましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

冷蔵庫や洗濯機だけ引越したい!4つの運搬方法と料金相場まとめ

「自分たちで引越ししたけど、冷蔵庫とか洗濯機はどう運ぼう…?」「冷…

割れ物やお皿の梱包どうする?引越し荷造りのコツまとめ3つ

引越しでの失敗談があるという人は多いのではないでしょうか。その中でも割れ物である食器類に関する失敗…

本の荷造りどうしよう…引越しで役立つ本の梱包や処分のコツ6 点!

「本が大量にあるけど、どうやって運ぼうかな」 引越しの荷物の中でも…

もしかしてこのソファー入らない?引越しで困るソファーの運搬料金!

このソファー、引越し先に無事搬入できるかな…? 「ソファ」はなかな…

引越し業者に聞いた!引越しでフィギュアを傷つけずに運ぶ方法とは?

目次フィギュアの箱は必ず取っておこう!フィギュアの箱があるとトラブルが未然に防げるフィギュアの箱が無い人はどうやって梱包すればいいの?壊れやすそうなフィギュアを梱包するときはどうすればいいの?引越しの ...